お問い合わせ

初めての就職

面接にリュックで行くと落ちる?避けるべき理由やリュックしかない人の対策

#面接 #身だしなみ #面接マナー #リュック

リュックは荷物の多い就活生や転職者にとって、とても便利なバッグです。しかし、面接のようなかしこまった場所には避けるべきだと言われています。

なぜ避けるべきなのか、リュックしかない場合はどうすれば良いのかなど、気になる人も多いはず。

そんな人のために今回は、リュックを避けるべき理由や面接OKなリュック、面接時の注意点などを紹介します。

面接にリュックを避けるべき理由

面接にリュックを避ける方が良いと言われている理由がいくつかあります。まずはその理由から紹介していきます。

カジュアルな印象を与えるから

リュックは両手が開き、活発に動けるような機能性から、一般的なビジネスバッグに比べてカジュアルな印象を与えます。採用面接は応募者にとって、入社の願望を伝えるためのかしこまった場所です。そのようなかしこまった場所に訪れる際にカジュアルな印象を与えるリュックはふさわしくないとされています。

スーツにシワができやすくなるから

リュックを背負うと、スーツの肩や背中部分にしわができてしまいます。当然型崩れもしてしまい、だらしなく見えてしまうのです。第一印象は身だしなみがだらしなければ、せっかく企業への熱意を伝えても、効果が半減してしまうことも。最悪の事態を防ぐためにも、リュックではなく、手持ちのビジネスバッグが推進されています。

自立して置くことができないから

面接の際、バッグは椅子の横に立たせておくのが基本的なマナー。大切な書類が入ったバッグが横向きになったりしていると、人によっては「だらしない」、「いい加減」などの印象を持ちます。

リュックは自立して置けないものが大半なので、必然的に面接のマナーに反してしまうことになり、マイナスの印象を与えやすくなります。

書類の管理に適していないから

床に自立して置けないリュックは、面接で書類を提出するときにもスマートに取り出せません。また、大半のリュックは、シワなくキレイに書類を持ち運ぶことが難しく、書類の角が折れてしまうことも多々。折れ曲がったり、汚れがあったりする書類の提出は、採用担当者に良くない印象を与えてしまいます。

こんなシーン・場所ならリュックはOK?


就職活動や面接には、かしこまったものから少しラフなものまで、さまざまなシーンがあります。一般的な面接では避けるべきリュックですが、シーンや場所によって問題ない場合も。ここではOKなシーンやシーンごとの注意点を紹介します。

私服OKの面接

スーツでなく、私服を指定する企業もまれにあります。その理由として、「その人らしさ」を知りたいのがひとつです。ですから、無理にいつもの自分ではない洋服や持ち物で行く必要はありませんが、採用面接であることを念頭に置くことが大切。そしてリュックを持参しての面接は、業界によってケースバイケースだと認識するのが良いでしょう。

たとえば、アパレル業界や美容業界など、センスの良さやスタイリッシュさを採用基準のひとつにしている業界なら、リュックを持参しても問題ありません。また、面接官自身も軽装で出てくるような、ITサービスなどの業界でも問題なし。しかし、金融業界のようなお堅い業界では、避けるのが良いでしょう。

面接なしの説明会

面接なしの説明会でもスーツの着用が指定されているのであれば、リュックは避けるのが無難です。説明会はほとんどの場合、上司になる社員や面接官などが足を運んでいます。会話をする場合もあるかもしれません。そこで「きちんとした人」「誠実な人」などの好印象を残したいのであれば、リュックではなく、きちんとしたビジネスバッグを持参するのがおすすめです。

就職活動の身だしなみについては、以下3つの記事も参考にしてみてください。

就活にふさわしい腕時計とは?腕時計は必要?事前に知りたい腕時計のこと 【就活ネクタイQ&A】好印象を与えるネクタイの選び方。業界別おすすめも紹介 就活メイクにピッタリのメイクは?アイシャドウで好感度をアップ

面接シーンでもOKなリュック

面接には原則リュックは避けるべきですが、「リュックしかない」「荷物が多いからどうしてもリュックが良い」という人もいるでしょう。ではどんなリュックなら面接シーンでも浮かず、だらしない印象を与えないのかを紹介します。

1.無地・黒のリュック

面接で大切なのは、社会人として仕事を任せられるようなきちんとした印象を与えることです。リュックでも無地や黒であれば、カジュアルな印象を抑えられ、リクルートスーツと合わせても浮きにくいでしょう。

2.手持ちにもなる2Wayタイプのリュック

リュックでも手持ちになる2Wayタイプのものなら、スーツにシワをつけることなく、だらしない印象を与えることも少ないと言えます。ただし、手持ちできるリュックであっても、派手な柄や色のリュックはカジュアルな印象を与えてしますので、無地・色は黒が鉄則です。

リュックで面接に行くときの注意点


ここでは、リュックで面接に行く場合の注意点を紹介します。

1.面接入室時は必ず手で持つ

面接会場に入るまでにリュックを背負うのをやめて、持ち手部分を持って移動しましょう。もしもショルダーのベルトがついているのであれば取り外し、リュックの中に片付けてください。持ち歩くときは、ファスナーのついた表側を外側にして持ち手をきちんと握ります。

2.ドアを開ける手と反対の手で持つ

面接室に入るときには、必ずドアを開ける手と反対の手でリュックを持って入室してください。入室するときの挨拶も、リュックを置かず持ったままお辞儀します。このときに注意したいのが、リュックの底が床につかないようにすること。

男性の場合、リュックを片手に持ったまま、両手を体の横で降ろして一礼します。女性の場合も基本的に同じで問題ありませんが、女性らしい所作を好む場合は、両手でリュックを持ち、お辞儀をすると良いでしょう。

着席後はイスまたは机の脚に立てかけるように自席の横に置きます。このときに雑に置いて、だらしない印象を与えないように注意してください。

まとめ

リュックはカジュアルな印象を与えるので、面接などのかしこまった場所には原則向かないバッグです。「面接官にマイナスな印象を与えるかもしれない」「これで落ちたらどうしよう」などと気にする人は、避けるのがベターです。

しかし、どうしても手持ちのビジネスバッグない場合は、無地・黒のリュックや手持ちになる2Wayタイプのリュックなら概ね問題ありません。今回紹介したリュックで面接に行くときの注意点を参考に、だらしない印象を与えないように注意を払い、面接に臨みましょう。

就活相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

HAKU

HAKU

大手人材会社にて、法人営業を経験後、制作部門に異動し製造、IT、飲食、エンタメとあらゆる業界の上場企業からスタートアップのベンチャーなど、10年超のキャリアにおいて約3000社以上の企業の取材・制作・ライティングを実施。関西の制作責任者を務めた後、フリーランスにて活動を開始。