お問い合わせ

転職・副業

コロナ禍により転職活動が活発化。テレワークがもたらした変化とは

#転職活動 #転職 #テレワーク

新型コロナウイルスにより、テレワークという働き方が当たり前のようになった現代。これにより、企業側だけでなく転職活動にも変化がみられるようになりました。今回は、コロナ禍がもたらした転職活動への変化とテレワークの仕事に必要なことなどを中心にお話していきます。

転職活動で重視するのはテレワークがあるかないか

新型コロナウイルスの影響は、転職活動にも影響を及ぼしています。感染防止のため、テレワークを導入している企業が多い現在、職場や業務内容に応じて、テレワークが当たり前となった企業も少なくはありません。

コロナ禍での転職活動においてもっとも重視されているといっていいのは、「テレワークの有無」。給与や待遇、仕事内容などのほかに、応募先の企業がテレワークを導入しているかどうかも注目されているのです。

また、テレワークを導入する企業が増えたことで、転職活動を始める人も増えました。これは、自粛生活をしていく中で、今後の自分の将来について考える時間ができたこと、通勤の必要性を感じなくなったことも大きな要因となっています。

テレワークが多い業界は?


それでは次に、テレワークを導入する業界についてお話していきます。

IT業界

テレワークが多い業界と聞いて、1番はじめに思いつくのがIT業界ではないでしょうか。エンジニアやプログラマーなど、パソコンがあれば仕事ができるので、テレワークに適しているといえます。

独学でプログラミングを勉強したり、現在はプログラミングスクールといった学べる場も多くあります。転職するために、未経験でも在職しながら学ぶ人もいます。

Web業界

IT業界と同じく、テレワークが多いのがWeb業界です。WebディレクターやWebデザイナー、Webライターなど、パソコンとネット環境があればできる仕事です。中でも、Webライターは未経験からでも募集しているところもあり、Web業界の中では比較的、目指しやすい職種でしょう。

Webデザイナーは独学で学んだり、スクールに通って勉強する人が多くいます。Webディレクターの場合は、前職でなにかディレクションの経験があれば転職できるチャンスはあります。

そのほかにテレワークでできる仕事は?

IT業界やWeb業界の専門的な仕事以外に、テレワークできる仕事がないといったらそんなことはありません。例えば、事務や秘書などは「オンライン事務」「オンライン秘書」という形で名前を変えて募集している企業も多くあります。さらに採用や人事の仕事などもオンラインで募集しているところも。

基本的に、パソコンをメインで使う仕事であれば、テレワークは可能と思っていただいて大丈夫。キャリアチェンジをするのもよいですが、現職と同じ職種でテレワークしている企業がないか探してみるのもおススメです。

【転職活動の前に】テレワークの仕事につくために必要な準備


通常の仕事とは違い、テレワークは自宅で仕事をすることになりますので、転職活動をする前にそれに合わせた準備をしておく必要があります。ここでは、テレワークの仕事につくために必要な4つの準備について紹介していきます。

自分のスキルや経験の棚卸をする

テレワークのための転職活動に限らず、通常の転職にもいえることですが、特にテレワークの場合は重要になります。なぜならば、「テレワークに必要な経験を持っていない・・・」と思う人も少なからずいらっしゃるからです。

しかし、自分のこれまでのスキルや経験の棚卸をすることで、テレワークに活かせるものがあるかもしれません。

専門的なスキルはないけれど、基礎的なパソコンスキルはあったり、先述したように事務や採用などもテレワークで働ける仕事です。改めて、自分のスキルや経験を棚卸する時間を作ってみてください。

転職する上で譲れない部分、妥協できる部分を明確にする

仕事に求めることは人によってさまざま。「残業時間が長くてもいいから、稼ぎたい」と考える人もいれば、「給与は低くてもいいから、定時で帰れて休みも多いほうがいい」というように考える人もいます。このように、自分の中で譲れない部分と妥協できる部分があるはずなので、それを明確にします。

例えば、「給与が低くてもいいから、完全にテレワークの職場がいい」と考えるのか、「週に何度か出社してもいいから、給与は今と同じくらいか少し上がいい」と考えるのか。企業によっては、完全にテレワークのところもあれば、週に数回出社が必要なところもあります。

テレワークに必要な環境を整える

テレワークの場合、会議はオンライン通話で行われます。また、面接もオンラインで行う企業が多いので、それらに必要な環境を整えておきましょう。

・パソコン
オンライン通話用のアプリをダウンロードすれば、スマートフォンでも面接を受けることができます。しかし、テレワークの仕事をするにはパソコンが必須。貸出ししている企業もありますが、自分で持っていた方がよいでしょう。後述するネット環境についても、パソコンを所持しているという前提で紹介しています。

・安定したネット環境
面接・会議中に音声や映像が途切れてしまっては、印象がよくないですし、大切な話を聞きそびれたりしてしまいます。そのような事態を防ぐため、安定したネット環境が必要になります。Wi-Fiではなく有線での接続がおススメ。企業によっては、ネット環境の良し悪しが選考基準の1つになっているところもあるので、覚えておいてください。

・オンライン通話用のツール
企業によって使用しているツールは変わってくるものの、ほとんどの場合は「Zoom」というツールを導入しているところが多いです。インストールしておき、使い方を覚えておくとよいでしょう。

・Webカメラとマイク
今のパソコンには、Webカメラとマイクが標準装備されています。もし、使用しているパソコンにこれらが搭載されていない場合は、USB接続できる外付けのものを用意しましょう。オンライン通話をする上で必ず必要になるので忘れずに。

・背景
オンライン通話をする際の背景は、白い壁など目立たないようなところが望ましいです。もしくは、オンライン通話用のツールの機能の1つにバーチャル背景というものがあります。これは画像をそのまま背景にすることができる便利な機能なので、覚えておいてください。

専門の転職エージェントに相談する

無料で転職相談や仕事を紹介してくれる転職エージェント。テレワークを導入する企業が多くなるのに合わせて、テレワークに特化した転職エージェントのサービスも登場しました。自分1人で探す時間や手間を省きたい、テレワークの仕事について相談したいという場合は、転職エージェントを利用してみるのも一案です。

まとめ

コロナの影響により、テレワークを導入する企業が急激に増えました。それに伴い、転職活動にも大きな変化がありました。これからはWithコロナの時代。テレワークの仕事をしたいと考えている方は、今回お話したことを参考に、ぜひ転職を成功させてください。

転職相談をご希望の方はこちら(無料)

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。