お問い合わせ

転職・副業

ホールスタッフの仕事内容や楽しさ・大変さ・向き不向きを解説

#仕事内容 #ホールスタッフ #楽しさ #大変さ

ホールスタッフは主に飲食店でお客様から注文を取ったり、配膳や会計を行ったりする仕事です。多くのお客様とコミュニケーションを取るため、社会人として不可欠な接客スキルが身につくでしょう。

今回は、勤務場所ごとのホールスタッフの業務内容や仕事の楽しいこと・辛いこと、向いている人・向いていない人の特徴などを解説します。

ホールスタッフの業務内容は勤務場所によって異なる

ホールスタッフの業務内容は勤務場所によって異なる

一口にホールスタッフと言っても、働く場所はさまざまです。また、勤務場所によっても具体的な業務内容が異なるでしょう。

ここでは、パチンコ店やホテル・居酒屋・スナックのホールスタッフの業務内容を解説します。

パチンコ店のホールスタッフ

玉運びやドル箱の上げ下げ、ホールやパチンコ台の清掃などが主な仕事です。おしぼりの交換や吸い殻の回収も担当します。

お客様が快適な環境でパチンコを楽しむためには、ホールスタッフの細やかな心配りが大切です。基本的に同じ業務の繰り返しなので、仕事を覚えてしまえば楽だと感じやすいでしょう。

ただし、長時間騒音の中にいることに苦痛を感じる人もいるかもしれません。また、重いものを運ぶ作業が強いられるため、体力に自信がある人のほうが好ましいでしょう。

ホテルのホールスタッフ

接客と給仕が主な業務です。ホテル内レストランで働くホールスタッフは、受付での接客をはじめ、料理の配膳まで担当します。

バイキングやビュッフェ方式を取っている場合も多く、このケースでは空のお皿を下げたり、なくなった料理の補充をしたりすることも必要です。

礼節やマナーが重んじられるため、他のホールスタッフと比べて待遇が良い傾向があります。礼儀正しくホスピタリティを意識した接客が求められるでしょう。

居酒屋のホールスタッフ

お客様を席まで案内して、注文を取ることが主な業務です。配膳やレジ打ちなども含まれ、お店によっては簡単な調理まで担当する場合もあります。

注文時に専用端末を導入するお店が増加したため、メニューの種類を全て覚えなくても大丈夫です。実際に働いた人の中には、お客様や従業員同士で仲良くなれて、接客が楽しかったと答えている人もいます。

逆に大変なのは、酔っ払いの対応に迫られることです。また、長時間立ちっぱなしになりやすく、忘年会をはじめ繁忙期はきついときもあります。

スナックのホールスタッフ

お酒を作ってお客様をもてなし、一緒に会話を楽しむのが主な仕事です。お酒を飲む必要があるため、酒豪のほうが有利でしょう。

ときにはカラオケで歌を唄い、場を盛り上げる役割を担うこともあります。

「容姿に自信がないと雇ってもらえないのでは……」と不安を抱くかもしれませんが、見た目よりも愛嬌や接客力が重視される傾向があります。

あくまでも、お客様をもてなす立場であるため、お酒に飲まれるのはタブーです。自分の限界を意識して、飲みすぎないよう注意しましょう。

ホールスタッフの楽しいところ・大変なところ

ホールスタッフの楽しいところ・大変なところ

ホールスタッフの楽しいところは、働いているスタッフ同士で親睦を深めやすいことです。反対に大変なところは、肉体的・精神的な負担が大きくなりがちな部分です。

ここでは、ホールスタッフの良いところと悪いところを解説します。

スタッフ同士で仲良くなりやすい

ホールスタッフは、比較的若い年代の人が多い仕事です。実際に、学生のアルバイトが多数を占めています。一度社会に出た人でも、20代や第二新卒の方ならば打ち解けやすいのでしょう。

ホールスタッフは仕事で連携が求められるシーンが多いため、他の職種と比べても仲良くなりやすい環境です。

日頃から親睦を深めておけば、急な予定が入ったときに仕事の代わりを頼みやすいというメリットもあります。

肉体的・精神的な負担が大きい

ホールスタッフは立ち仕事が基本であるため、足腰への負担が大きな職業です。勤務時間中はホールやお客様の様子をうかがいながら、常に移動する必要があります。よって、座れるのは休憩時間くらいです。

また、クレーム対応への負担から、精神的なストレスを抱えやすい職業ともいえるでしょう。最初の頃は上手く対応できなくて当然なので、先輩や上司の姿を見てスマートな応対を学ぶことが大切です。

立ち仕事やクレーム対応の業務は、最初は辛いかもしれませんが、徐々に慣れていきます。そのため、体やメンタルが強い人のほうが有利でしょう。

ホールスタッフに向いている人・向いていない人の特徴

ホールスタッフに向いている人・向いていない人の特徴

ホールスタッフの適性は、コミュニケーション力の有無に左右されます。本章では、ホールスタッフに向いている人・向いていない人の特徴を、より深掘りしていきましょう。


他者目線で物事を考えられる人におすすめ

相手目線で物事を考え、何を求めているか察知して先回りして行動できる人は、接客業向きです。

子ども連れのお客様が来店したら幼児用の椅子を準備したり、テーブルで水をこぼしてしまったときには、サッとおしぼりを指し出したりする気配りが求められます。

また、ときには新メニューの企画に携わる機会もあるかもしれませんが、お客様の目線に立つ能力が備わっていれば、売れる商品の立案に役立てるかもしれません。

自分から声をかけるのが得意ではないと厳しい

ホールスタッフはお客様・スタッフを問わず、コミュニケーションを取る機会が多い仕事です。

特にお客様に対して声をかける場面が多数あるため、日常生活から積極的に他人に話しかけられる人でなければ厳しいかもしれません。

忙しい時間帯は、他のスタッフと連携をしながら、業務を滞りなく進めていきます。

一人で黙々と作業をしがちだったり、意思疎通を図ることに苦手意識があったりすると働いていて苦痛を感じる恐れがあるでしょう。

ホールスタッフの仕事に関するQ&A

ホールスタッフの仕事に関するQ&A

未経験でホールスタッフを目指す人は、色々と不安があるでしょう。ここでは必要なスキルや役立つ資格、平均収入など、みんなが気になる疑問にお答えしていきます。

必要なスキルは?

お店に訪れるお客さんの層にもよりますが、ホールスタッフは語学力を持っていると重宝される場合があります。

外国人観光客は日本語で話しかけても意味が通じない可能性があるため、英語や中国語などが話せるスタッフがいると心強いでしょう。

特に、国内で著名な観光地に店を構える店舗で働きたいなら、面接で語学力をアピールすることが望ましいです。

役立つ資格は?

ホールスタッフに必須の資格は特にありませんが、お酒を扱うお店で勤務するなら、ソムリエ系の資格があると採用へ有利に働くかもしれません。

おすすめのワインや日本酒を聞かれた際に、資格の取得時に身につけた知識を披露すればお客様も納得するでしょう。日本酒検定、利き酒師、カフェで働く人はバリスタの資格もおすすめです。

収入・時給の目安は?

ホールスタッフの正社員の平均年収は、約375万円です。

参考:求人ボックス

会社員の平均年収と比較して低い水準であるため、収入が良い職種とはいえないでしょう。

アルバイトの時給を見たときに、最も平均値が高い都道府県は東京都で、最も低いのが青森県でした。

正社員の年収も地域による金額差があります。ただし、物価の違いもあるため、可処分所得(給料のうち実際に使えるお金)は、地域によってさほど変わらないかもしれません。

ホールスタッフは未経験でも働きやすい

ホールスタッフは未経験でも働きやすい

ホールスタッフは気配りや思いやりなどヒューマンスキルが必要ですが、専門的な能力は求められないため、未経験でも働きやすい仕事と言えます。

ただし、肉体的・精神的に辛い部分もある職業なので、働く場所選びには細心の注意を払いましょう。

未経験OKの飲食店スタッフ求人





「良いホールスタッフの求人が見つからない」とお悩みなら、弊社の転職サービス「転職相談チョイス」を利用してはいかがでしょうか。

転職相談チョイスでは転職のプロであるキャリアアドバイザーが皆さんのお悩みに真摯に回答いたします。無料相談も実施しているので、まずはお気軽にご相談ください。

ハレダスの就職相談『CHOICE!』ページへ

TAG

Written by