お問い合わせ

転職・副業

転職は何歳までが限界?年代別の転職年齢について詳しく解説

#転職活動 #転職 #転職支援 #年齢

転職を考えているけど、何歳までが限界なのか気になることもあるかと思います。35歳が限界といった噂もあり、転職に踏み切れないという人がいるかもしれません。 本記事では、転職は何歳までなら成功するのか説明し、年代別に転職のポイントについて紹介します。

転職は何歳が限界?

面接を受ける女性

転職するときに気になるのが年齢です。「今の職場が合わない」「新しい分野にチャレンジしたい」など、転職を考える人も多いでしょう。

しかし、転職は35歳が限界という話もよく耳にするため、転職を躊躇してしまう場合があるかもしれません。そのような噂は本当なのか、転職年齢に成功している人の平均年齢などについて紹介します。

転職に成功した人の平均年齢

2020年に転職に成功した人を対象にした調査が行われ、平均年齢が32歳という結果が出ています。男女別では、男性の場合が32.9歳、女性では30.1歳と、男性がやや高くなっています。 転職成功者の平均年齢は、年々増加傾向です。新型コロナウイルス拡大の影響による景気の後退で、キャリアを積んだ即戦力を求める企業が増えているという事情も考えられるでしょう。

出典:doda「転職成功者の年齢調査

35歳が限界って本当?

転職は35歳が限界という噂もよく聞かれます。35歳では定年までにキャリアアップする時間が足りない、上司が年上になるというのが主な理由です。事実、これまでは35歳を過ぎるとなかなか転職先が見つからないという状況がありました。

しかし、少子高齢化で20代の労働者が減り、人材不足に悩む企業も増えています。そのため、即戦力で働ける30代の人材を求める会社も増えているのが現状です。転職成功者の平均年齢が上がっているという傾向を見ても、35歳限界説の根拠はないといえるでしょう。

女性と男性の違い

転職に年齢が問題になるのは、男女によって異なります。女性は入社してから産休や育休を取得する可能性があり、どうしても年齢の影響を受けやすくなるためです。

入社してもすぐに産休や育休を取得して、そのまま辞めていくケースもあります。 そのような事態を懸念して、女性の場合は30歳を過ぎるころから採用に消極的になる企業も少なくありません。

年代別・転職のポイント

デスク上のパソコン

年代別・転職のポイント 転職は「何歳を過ぎたら難しい」という状況はなく、それぞれの年代にアピールできるポイントがあり、年齢自体に限界があるわけではありません。 ポテンシャルがある20代だけでなく、キャリアや特定のスキルを持つ30代以降の人材を求める企業もたくさんあります。

ここでは、年代ごとに転職活動で押さえておくべきポイントについて紹介しましょう。

20代

20代前半は潜在能力を重視するポテンシャル採用がメインで、今後、大きな成長が期待できると人材が採用されます。20代前半は新卒とは異なり、社会人としてのマナーやコミュニケーション・スキルが備わっている点がメリットです。そのため、ビジネススキルの高さをアピールすることが転職成功のポイントといえるでしょう。

20代後半は20代前半とは異なり、ある程度の期間、業務の経験を積んでいます。まだ特定の分野に秀でたスキルはないものの、課題解決やビジネス上のコミュニケーション力など、業種や職種に関わらず通用するポータブルスキルを習得している年代です。このようなスキルを備えた人材を求める企業も多く、積極的にアピールすることが採用を勝ち取る秘訣になるでしょう。

30代前半

30代前半は、最も転職を成功している年代です。ビジネススキルやポータブルスキルを備え、さらに専門的なスキルも身につけている点で、多くの会社が即戦力になることを期待しています。

これまでの業務で培ったスキルを活かせる仕事で、高い需要が見込まれるでしょう。これまでの経験やスキルが、どのくらい業務に貢献できるかをアピールすることがポイントになります。

30代後半

以降 十分なスキルを積んでいる30代後半以降は、管理職やマネージャー、リーダーの候補として採用する企業が増えています。また、技術系、企画・管理系の分野で高い専門スキルを持つ人材が求められてるのも特徴です。

高いスキルが活かせる職場への転職に成功している人も、少なくありません。企業の成長に寄与するスキルやマネジメント能力があることを、しっかりアピールするとよいでしょう。

転職相談をご希望の方はこちら

業種別・転職に年齢が与える影響

説明をする男性

転職に年齢がどのくらい影響するかは、業種によっても異なります。20代の転職では営業や事務・アシスタントといった業種の採用が多く、30代以降になるとスキルを重視する技術・専門系、企画・管理系が多くなる傾向です。

企業によって異なる場合もありますが、ここでは業種ごとに転職が年齢に与える影響について紹介します。

技術・専門職系

技術・専門職系は全体に転職成功者の年齢が高い傾向で、30代以上が大きい割合を占めています。特に勢いがあるIT業界は人手不足の状態で、エンジニアやプログラマーなどのスキルを持つ場合は需要が高いといえるでしょう。

2020年はテレワークなど非対面サービスが普及するなどの影響で転職年齢も変化しており、20代にもIT業界への転職が増えています。

営業・事務職系

営業・事務職系は20代の転職が多く、キャリアや高いスキルはあまり求められていません。 営業で販売する商品やサービス、販売の方法は各企業で異なり、必要な知識やノウハウは就職してから身に付けるからです。

最初から高いスキルを求めることはなく、これまでの実績よりも働く姿勢や熱意が重視されているといえます。 営業は、さらに上の年代でも比較的転職に成功している人が多いのが特徴です。一度身につけた営業の汎用的な能力は、他の現場でも活かしやすいでしょう。

企画・管理系

企画・管理系の転職は30代以降に多い傾向です。企画・管理系の仕事は主に経理、財務、人事、商品企画、広報という職種で、キャリアやスキルが求められます。

即戦力となる人材を求める企業が多く、年齢はあまり問題とされません。 経験で培ったスキルを活かし、さらに高いステージに上がりたい人が転職に成功しているといえるでしょう。

転職に年齢が関係する場合

メモを取る男性

転職の35歳限界説は現代には当てはまらず、年齢が転職を左右するという状況ではありません。年齢よりも、これまでの実績やスキルがより重視されています。

しかし、なかには転職に年齢が関係する場合もあるため、注意が必要です。未経験で専門職への転職や、公務員の大卒程度一般枠が代表的な事例といえるでしょう。詳しく紹介します。

未経験で専門職への転職

基本的に未経験で資格がない場合、これまでとは異なる業界への転職は年齢の制約を受けやすいでしょう。30代以降では、エンジニアなど専門的スキルが必須となる仕事、技術の習得に時間を要する研究職など、未経験で転職するのは難しいと考えた方がよいかもしれません。

今の仕事が自分に向いていないと考え、専門職への転職を希望する場合、できる限り20代のうちに行動するのがおすすめです。

公務員の大卒程度一般枠

公務員も、基本的には年齢に関係なく転職が可能です。しかし、大卒程度一般枠には、受験資格に30歳までという制限がある職種があります。国家公務員試験のほとんどは30歳までと制限され、地方公務員試験も多くの自治体で29歳から31歳までが受験資格の上限です。

民間企業に入社したものの「公務員の方が向いている」と感じている場合は、早めに転職を考えたほうがよいでしょう。

年齢を気にせずスキルをアピールしよう

握手する人

近年の転職成功年齢の平均は32歳で、30代以降でも多くの人が転職に成功しています。採用の基準は、年齢よりもこれまでの実績やスキルだという企業も少なくありません。20代であればポテンシャルやポータブルスキルを、30代以降であればキャリアや専門のスキルをアピールすることが大切です。

転職に迷ったときは、キャリアアドバイザーが対応するハレダスの「お仕事相談会」に参加してみるのもよいでしょう。無料で相談できるため、気軽に問い合わせてみてください。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

YURI

YURI

大阪府出身のライター。 小説、ラジオ、美容コスメ、韓国をこよなく愛する。 大学卒業後、大手アパレル、英語教育サービスを経て、ライターに転身。 『話してくれた人の想いをきちんと届けること』がモットー。