お問い合わせ

転職・副業

転職活動の髪色は明るくてもいい?どのくらいのトーンまで許される?

#面接 #身だしなみ #転職 #髪色

本記事では、転職活動での髪色についてまとめています。転職活動は就職活動と異なり、髪色はそれほどシビアに見られないかもしれませんが、実際はどこまで明るくしても大丈夫なのか、悩んでしまう人も多いでしょう。転職活動の髪色を決めるヒントに役立ててみてください。

転職で髪色は黒に染めるべき?

髪色

「転職活動で髪色は黒に染めるべきかどうか」について解説します。就職活動では髪色は黒で統一されていますが、実際に就職してみるとそれほど髪色にはうるさくなく、入社してから髪色を明るくしたという人も少なくないでしょう。

しかし、転職活動で髪色を明るくして、それが理由で落とされたくはないものです。転職活動でも髪を黒に染めるべきなのか、企業の観点から説明します。

暗い色であればOK

転職活動での髪色は、基本的には暗めの色であれば問題はないようです。元から髪色が明るいという人も、就職活動では黒に染めていたかもしれませんが、かえって不自然な黒になることもあり、近年はそこまで厳密にならなくてもよいという風潮もあります。

そもそも就活・転職において髪色が暗いほうがよいとされる理由を知っておきましょう。

重要なのは清潔感

企業が重視しているポイントは、髪の色が何色かということよりも清潔感です。せっかく髪を黒に染めても、痛んでいたりパサついていたりすると清潔感に欠け、見た目の印象が悪くなってしまうでしょう。

黒に染めた場合でも、黒染めスプレーをつかったために色が落ちて顔や服を汚してしまえば、面接に悪影響を与える可能性も高くなります。髪を染める場合はきちんと美容室で染めてもらい、普段から髪質のケアもしっかりとおこないましょう。

企業によって異なる

髪色をどこまでよしとするかは、企業によって異なります。転職であっても黒以外の髪色はNGとするところや、髪色のトーンを指定する企業もあるようです。暗めの髪色はスーツによく合い落ち着いた印象を与えますが、一方で明るい髪色は華やかで垢ぬけた印象を与えるでしょう。

企業の雰囲気や職種によっては、明るく華やかな印象を与える髪色のほうが好ましい場合もあります。

志望企業の雰囲気や求める髪色がわからないときは、会社のHPを見てみたり、転職エージェントに相談してみたりするとよいでしょう。

転職で許される髪色のトーン

髪色に悩む男性

具体的にどれくらいの髪色のトーンが許されるのかについて事前に知っておけば、美容室で髪を染めるときにも指示がしやすくなるでしょう。明確な決まりはありませんが、大多数の人や企業が「暗い」と感じる色のトーンがあります。

明るくしてよいかわからないときは黒に染めておけば無難ですが、黒髪にも色のトーンがあるため、事前に把握しておきましょう。

転職相談をご希望の方はこちら

8トーン以下の髪色は許容範囲

1~10レベルまでの髪色のうち、8トーン以下がオススメです。8トーン以下の髪色であれば暗めに見えるため、面接では許容範囲といえるでしょう。9レベルを超えると髪に赤みが増し、特に室内光があたるとわかりやすくなるため、周囲の人が髪を染めたことに気づくレベルになります。

11レベルを超えてしまうと、脱色なしで染まるレベルの上限に達します。誰が見てもかなり明るい髪色になるため、職場でも指摘される可能性が高まるでしょう。

黒髪にするなら4~5

髪を染めるとき、黒髪にしたいのであれば髪のトーンは4~5レベルがオススメです。4~5レベルは誰の目にも黒髪に見える、日本人の髪色の平均トーンといわれています。普段明るく染めている人が元の色に戻すときは、大抵5トーン以下を選ぶそうです。

6~8トーンの色でも、トーンレベルによっては時間が経つと明るく見えてしまいます。そうした色落ちが気になる方も、4~5トーンを選ぶとよいでしょう。

転職のプロに確認してもらう

前述したように、どの程度の明るさまでが許容範囲かどうかは企業によって異なります。企業の基準がわからないようであれば、転職エージェントなど転職のプロに相談して確認してもらいましょう。

事情に精通した転職エージェントであれば、業界ごとにどのような髪色までなら許されるかを把握しています。実際に自分の髪色を見て、客観的な視点でどう見えるか率直な意見を聞いてみるとよいでしょう。

【男女別】転職するときの髪色のポイント

十人十色

転職するときの髪色のポイントを、男女別に解説します。基本的に暗めの髪色が好ましいとはいえ、髪色や髪型に企業が求めるイメージは男性と女性で多少異なってきます。

男女ごとに髪色のポイントや企業がどこを見ているかを知り、万が一にも、髪色が原因で面接を落とされることがないよう、事前に準備して面接に臨むようにしましょう。

男性の髪色は黒がベスト

転職では8トーン以下の明るさが許容範囲ですが、男性の場合、髪色は黒であることが望ましいです。男性が髪を染めることをあまりよく思わない人は依然として多く、転職活動であっても黒以外の髪色は歓迎されない傾向があります。

もともと髪色が明るい男性はあえて染め直す必要はありませんが、履歴書に地毛がもともと明るいことを簡単に書いておくとよいでしょう。

女性は幼稚な印象にならないように注意

女性は男性に比べると、多少明るい髪色でも問題ありません。しかし、8トーン以上の髪色にはならないように注意しましょう。あまりにも明るい髪色の場合は、軽薄で清潔感に欠ける印象を与えてしまいます。

また、明るい色から黒に染め直すときは、新卒者に見えないように注意しましょう。不自然に黒すぎると幼稚な印象を与えてしまうこともあります。気になるようであれば転職エージェントや周りの人に相談してみましょう。もちろん男性同様、もともと髪色が明るい場合は履歴書にひと言書いておけば、あえて染める必要はありません。

転職で髪色自由な職場は?

職場イメージ

髪色の明るさの基準は、業界や企業によって異なります。特に金融系や医療業界は保守的な傾向にあるようです。古い風習が残っていたり、面接官を担当する社員も長く勤めていて昔ながらの文化を尊重していたりするため「髪色は、基本的に黒以外は受け付けない」という場合が多いです。

反対に、髪色が自由な傾向にある職場を紹介します。

Web・IT関連企業

Web関連、IT関連企業は個性を尊重する傾向が強く、髪色を問わない企業が多い傾向にあります。クライアントに会う機会が少ないこともあり、服装を自由にしている企業も多いため、自然と髪色に関してもそれほど厳しくはならないようです。

Web・IT業界は近年急激に伸びている業界で、スタートアップ企業が多いことも理由のひとつといえるでしょう。

アパレル企業

アパレル企業や美容業界など、華やかさが特徴の企業は髪色が明るくても基本的に問題ないでしょう。むしろ見た目の華やかさが採用の判断基準となることもあります。

しかし、華やかで垢ぬけた印象が好まれるとはいえ、金髪などの派手な髪色はさすがに面接では敬遠されてしまう可能性もあるため、面接時の髪色は日本人が自然に感じる明るさにしましょう。

外資系企業

外資系企業、特に内勤であれば、あまり髪色を厳しく言わないところも多いようです。客先に足を運ぶ外回りの仕事や信用性が求められる硬い職種だと厳しいかもしれませんが、自由な社風であれば多少明るい髪色でも問題ないでしょう。

外資系企業はどちらかといえば外見よりも、実績を重視する傾向にあることも要因のひとつかもしれません。ただし、髪色がどこまで許されるのか疑問に感じたら、企業のHPなどで既存の社員の様子を見て確認してみるのもよいでしょう。

転職でも髪色には気をつかおう

採用イメージ

転職における髪色のマナーについてまとめました。現在の職場では明るい髪色でも大丈夫だったとしても、面接のときには基本的に暗めの髪色で清潔感を出すのが転職のマナーです。就活のときのように真っ黒にするとかえって幼稚な印象にもなるので、髪型や髪色には十分に注意しましょう。

転職を希望する業界ではどの程度の髪の明るさなら許されるのか、自分の髪色が大丈夫なのかと不安に感じたら、ハレダスの無料相談会で相談してみてくださいね。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。