お問い合わせ

転職・副業

転職での最終面接はほぼ合格ではない!知っておきたい心構えを解説

#内定 #転職 #最終面接 #合格

転職にて書類選考や1次面接をパスして最終面接の連絡が来たら、大変嬉しいでしょう。

とくに、3次面接や4次面接など、いくつもの面接をパスして、社長との最終面接となれば「ほぼ合格と思ってよいのでは?」と嬉しい想像を膨らませるかもしれません。

しかし、最終面接で落ちることもあるのが現実です。油断すると後悔することにもなるでしょう。

そこで今回は、最終面接を受けるうえで知っておきたい心構えについて解説します。また、最終面接で落選が続いたら改善したいことにも触れるので、内定を取るためにぜひ読んでみてください。

転職の最終面接はほぼ合格なのか?


まず、転職では最終面接がほぼ合格を意味するのかについて解説します。

最終面接の合格率は企業によって違う

転職にて最終面接まで進めば、ほぼ合格だと意識する方も少なくありません。最終面接までのあいだに採用担当者からよい反応があったら、ますます期待値が上がります。

しかし、最終面接の合格率は企業によってまったく違うことを認識しておきましょう。最終面接に進んだからといって、必ず内定が出るとは限りません。

企業は、最終面接通過者のそれまでの選考での評価や年収といった条件などを総合的に判断して内定を出すか決めます。

とくに、最終面接官が強い権限を持っている場合、たとえそれまでの選考でよい評価を受けていても「なんか活躍するイメージが湧かないね」といった理由で落とされることもあります。

また、外資系企業では、最終的な人事権が本国にあることも多く、日本支社での選考をパスしても、本国で稟議を通す過程で承認が得られないこともあり得るのです。ほかには、採用予算が足りなくて条件が合わず、内定を見送ることもあります。

社長や役員との顔合わせ目的の場合も

小規模な企業であれば、最終面接は社長や役員との顔合わせ目的である傾向がより強くなります。

とくに現場主義を掲げている企業なら、実際に上司や先輩になる社員の意見を尊重するため、社長や役員は人事を大きく覆すことは少ないです。そのような企業の場合には、最終面接に進んだらほぼ合格だと判断してもよいでしょう。

とはいえ、自分が最終面接を受ける企業の人事権限について、すべてを把握することは困難なため、最終面接といえども油断しないことが肝心です。

最終面接時間が短くても合格サインではない

最終面接では、社長や役員などが面接官になることが多いですが、こういった方々は非常に多忙なため、最終面接は30分ほどで終わることもしばしばあります。ときには、予定時間よりも早めに切り上げることもあるでしょう。

もし最終面接時間が短くてよい反応だと感じたら「内定は確実だ」と思うかもしれませんが、そうとは言い切れないので期待しすぎないほうがよいです。

社長や役員によっては「これは不合格だな」と早めに判断することもあります。合格したと勘違いして、他社選考を白紙にするのは、控えたほうが無難でしょう。

最終面接を受けるときの心構え


最終面接に進んでも油断してはいけません。安心した結果、受け応えが雑になってしまい、落ちて後悔するのはもったいないことです。

内定が出るまで油断しない

最終面接は、人事決定権を持つ社長や役員、人事部長などによる見極めの場だと理解しましょう。自社にとって必要なスキルや資質などを持ち合わせていることは、1次面接や2次面接で審査済みです。

最終面接では「自社の社風に合うか」「活躍してくれるイメージが湧くか」などを見極めています。

たとえ高いスキルや知識を持ち合わせていても、企業の理念や職場の雰囲気と合わなければ早期退職につながります。最終面接では、1次面接や2次面接とは少し違った観点で見られているため油断ならないわけです。

内定有力候補でも、社長や役員、人事部長などがOKを出さないと白紙になってしまいます。油断している気持ちが相手に伝わってしまうと、せっかくのチャンスをものにできません。

他社の選考も検討しておく

最終面接に進んだからといって内定が決定づけられたわけではありません。そのため、同時進行している他社選考があれば、迷わず受けましょう。

まれに転職に使う時間やお金を惜しんで、最小限の労力で転職を終えようとする姿勢の方もいますが、書類選考を受けると決めた企業1社1社と、最後まで真摯に向き合った方のほうが、結果的によい転職として終えられることも少なくありません。

最終面接の結果待ち期間


次に、最終面接の結果待ち期間について解説します。最終面接の結果が気になって仕方ないのは自然なこと。他社選考の都合もあるので、おおよその結果待ち期間について把握しておいてください。

おおよそ1週間だが遅れることもある

最終面接の結果待ち期間は、1週間以内が目安になります。企業や他の応募者状況によって差があるため一概に言い切れませんが、1ヶ月や2ヶ月も待たされることはありません。

最終面接に進む方はそれほど多くないので、早ければ当日あるいは翌日に結果が通知されることもあります。

目安になる1週間を大きく過ぎるようであれば、内定を出すか出さないか悩んでいるのかもしれません。また、内定辞退者が出て繰り上げで合格という場合は、結果待ち期間が長くなるでしょう。

意思決定メンバーがそろっていない

最終面接の結果が遅いのは、人事決定権を持つメンバーがそろっていないためという理由も考えられます。一般的に、人事決定権を持つ社長や役員、人事部長などは多忙で、ほかの業務や出張と重なって十分な時間を確保できないこともあります。

たとえ、最終面接から1週間以上待たされて内定をもらっても「ぎりぎりで合格したんだな」と卑屈に思わないほうがよいでしょう。

他の候補者の最終面接が終わっていない

また、他の候補者の最終面接が終わっていないため、結果待ち期間が長いこともあります。とりわけ大企業では最終面接を受ける方だけでも数十人に及ぶでしょう。最終面接に多くの時間を費やす必要があるため、結果待ち期間が延びるのです。

転職の最終面接で落選が続いたら


「最終面接まで進んだらほぼ合格だ」と思っていたはずが、何度も最終面接で落ちてしまう方もいます。そのときの対処法を解説しましょう。

自己分析や企業分析を深める

最終面接で落ちてしまうのは、自己分析や企業分析が足りていないせいかもしれません。最終面接では「自社の理念に共感できるか」という点も見られているので、自己分析と企業分析を深めたうえで共通項を明らかにしてください。

転職エージェントを見直す

最終面接で立て続けに落ちてしまうなら、転職エージェントを見直すのも一つの手です。転職エージェントのコンサルタントが内定獲得のためにひと押ししてくれることもあります。

「なんか転職エージェントのコンサルタントと合わないんだよな」という違和感がある場合は、他の転職エージェントの活用も検討してみてください。

スキルアップして市場価値を高める

即効性には欠けますが、実務経験を増やしたり資格を取ったりしてスキルアップしてから、転職に再チャレンジするという方法もあります。

最終面接にてアピールできる長所を伸ばして、市場価値を高めるのは大切なことです。最終面接を受ける他の候補者よりも秀でた魅力がないと、内定を決定づけることはできません。

内定まで油断せずに最終面接を乗り切ろう


最終面接に進んだからといって内定が確約されたわけではありません。新卒採用とは違って、中途採用は応募人数が少ない傾向があります。

全候補者のなかで1位になるつもりで最終面接を受けましょう。最後まで油断せず、自分の全力を出し切ってください。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。