お問い合わせ

転職・副業

異業種への転職は何歳まで?年代別の難易度やポイントを解説

#転職 #異業種 #年代別 #難易度

「異業種へ転職したいけれど、何歳まで大丈夫なの?」と不安に考えている人もいるのではないでしょうか。同業種への転職でも少なからず不安があるのに、異業種への転職となると、さらに不安は大きくなるでしょう。

今回は、異業種への転職が可能な年齢や年代別の難易度、転職成功のポイントなどを中心にお伝えしていきます。

【この記事を読めば分かること】
・異業種への転職は何歳までOKなのかが分かる
・異業種へ転職する年代別の難易度が分かる
・異業種からでも転職しやすい業種と職種が分かる
・異業種への転職を成功させるポイントが分かる
・異業種に転職した後のことが分かる

異業種への転職は何歳まで可能なのか


結論からいうと、異業種への転職は何歳でも可能です。もちろん、年齢が若ければ若いほど有利になります。年代別でいうと20代が1番転職しやすく、30代前半以降は難易度が高くなる傾向にあります。その理由としては、20代は経験やスキルよりもポテンシャルを重視されるため、未経験だったとしても異業種への転職はしやすいといえるでしょう。

30代になると、スキルや経験が求められる傾向にあるので、異業種であっても活かせるものがあれば、それほど難易度は高くありません。40代や50代になると、管理職としての経験やマネジメントスキルが求められるようになり、難易度はさらに上がります。

異業種への転職は基本的に何歳でも可能ですが、年代によって求められるものが違う、ということを覚えておいてください。

異業種へ転職する難易度【年代別】


先述したように、異業種へ転職する難易度や求められることは、年代によって変わってきます。ここでは、その年代別の難易度や求められることについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

20代で異業種へ転職する場合

20代で異業種へ転職する難易度は1番低いといえます。その理由としては、20代の場合はスキルや経験よりもポテンシャルを重視して採用されるためです。

また、第二新卒として積極的に採用をしている企業も少なくありません。新卒で入った企業で、社会人に必要なマナー研修なども受けていると考え、その研修をおこなうコストもかからないというメリットもあるからです。

ただ、20代半ば以降になると、ポテンシャルよりもスキルや経験を求められることが多くなります。加えて、将来のリーダーや幹部候補と考えている企業も多いため、20代前半より難易度は少し高くなるでしょう。

30代で異業種へ転職する場合

30代になると、即戦力としてのスキルや経験を求められるようになります。ただ、異業種となると「業種が違うので活かせないのでは・・・」と考えるかもしれません。

しかし、たとえ異業種であっても活かせる場合が多くあります。たとえば、不動産営業から保険の営業に転職する場合、異業種でも職種は同じなので、十分に活かすことができるでしょう。

30代の場合は異業種であっても、これまで経験してきた職種を選ぶと転職しやすいといえます。

40代で異業種へ転職する場合

40代では30代と同様にスキルや経験に加えて、マネジメント能力が求められます。異業種だったとしても、マネジメント能力は業種関係なく活かせるので、積極的にアピールすると良いでしょう。

また、企業によっては異業種の経験や知見を取り入れたいと考えているところも少なくありません。たとえば求人に「〇〇業界の経験者歓迎」などの記載があったりします。このように、あなたが経験してきた業種の出身者を求めている企業の求人を探してみるのもオススメです。

50代で異業種へ転職する場合

50代になるとスキルや経験、マネジメント能力が求められるほか、自分の強みをアピールすることも、より重要になってきます。50代であっても、まだまだ働く意欲があることを伝えることで、即戦力として迎え入れてくれる企業もあるでしょう。

転職相談をご希望の方はこちら

異業種からでも転職しやすい業種と職種


続いて、異業種からでも転職しやすい業種と職種について紹介していきます。まずは業種から見ていきましょう。

異業種からでも転職しやすい業種
IT・Web業界
広告業界
人材サービス業界
建設業界
製造業界
メーカー業界
商社業界
倉庫・物流業界
小売業界
飲食業界

続いて、職種を見ていきましょう。

異業種からでも転職しやすい職種
営業職
事務職
経理色
建設業界
総務職
デザイナー職
ライター職

これらはすべて、異業種から転職しやすい業種と職種になります。「異業種からの転職は難しそう」と悩んでいたとしても、考えていたよりも選択肢の幅が広がったのではないでしょうか。

異業種への転職を成功させる4つのポイント


ここからは、異業種への転職を成功させる4つのポイントを紹介していきます。

ポイント1:スキルや経験を整理する

先述したように、異業種であっても同じ職種ならば、活かせるスキルや経験は必ずあるはず。そのため、まずは自分のこれまでのスキルと経験を整理してみましょう。活かせるものがあれば、それを1つのアピールポイントにできます。

また、仮に同じ職種でなかったとしても、活かせるものが見つかるかもしれないので、徹底的に整理してみることをオススメします。

ポイント2:コミュニケーション能力をアピールする

多くの仕事で欠かせないのが他人とのコミュニケーション。活かせるスキルや経験がなくてもコミュニケーション能力が高ければ、強いアピールポイントとなりえます。コミュニケーション能力は多くの企業で必要とされるため、覚えておいてください。

ポイント3:納得感のある志望動機を考える

志望動機を重要視している企業は多くあります。特に異業種からの転職となると「なぜ同じ業種ではなく、異業種に転職するのか」や「なぜ異業種の中でも、自社を選んだのか」が重要になります。そのため、採用担当者が納得するような志望動機を考えてみましょう。

ポイント4:キャリアカウンセラーに相談する

異業種への転職を成功させるためには、自分のスキルや経験を整理やコミュニケーション能力のアピール、納得感のある志望動機を考える、とお伝えしてきました。しかし、

「アピールできるようなスキルや経験が見つからない・・・」
「コミュニケーション能力が高くない・・・」
「納得感のある志望動機が思いつかない・・・」

など、悩んでしまうこともあるでしょう。そんなときは自分1人で考えても良い答えは浮かんできません。ですので、友人や家族など、周りの人に協力してもらいながら考えてみるのが良いです。

その中でも、1番手っ取り早い方法としては、転職のプロであるキャリアカウンセラーや転職エージェントに相談すること。転職のプロである彼・彼女らに相談することで、自分1人では気づけなかったあなたの強みを見つけてくれるでしょう。

オンラインで気軽に、しかも無料で相談できるので、ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか。

転職相談をご希望の方はこちら

異業種に転職した後について


転職することに夢中になっていると、転職すること自体が目的になってしまいがちです。確かにそれは1つのゴールではあるのですが、転職してからが本当のスタートになります。

特に異業種を選択するわけですから、実際に働き始めてからのことも考えておきましょう。異業種への転職なので、収入が少し減ったり仕事を覚えるのに苦労したりなど、さまざまな苦労があるかもしれません。

入社してから、はじめてこれらの問題に直面すると、せっかく転職を成功させたのに早々に心が折れてしまうリスクも。そのため、あらかじめ収入が減ることや覚えることが多くて大変かもしれないことなど「はじめのうちは苦労するのは当然」という心構えを持っておきましょう。

まとめ

異業種への転職は基本的に何歳まででも大丈夫です。しかし、年代ごとに求められることや難易度が違います。今回お伝えしてきたことを参考に、ぜひ異業種への転職を成功させてください。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。

ハレダスでは
無料で就職・転職の相談
を承っています

しごと相談する LINEで相談する