お問い合わせ

転職・副業

ファッションデザイナーの業務は多様!必要なスキル3選

#資格 #転職 #年収 #デザイナー #ファッションデザイナー

ファッションデザイナーの仕事は、衣服のデザインを考えるだけでなく、情報収集やチームワークの構築など多岐に渡ります。そのため、ファッションデザイナーを目指す人には、情報収集力やアイディア力、コミュニケーション能力が必要です。

今回はファッションデザイナーの業務内容や必要なスキルを解説します。

「今の職場が自分に合わないと感じる」 
「人間関係に苦労していてどうも馴染めない」
こんなに悩んでしまうのは、“自分がおかしいからだ”と思っていませんか?
それはあなたが悪いわけでも会社が悪いわけでもありません。
あなたと会社が合わないだけです。もしかしたら業界自体が合わないのかも…。

今の環境を変えたい、抜け出したいという思いから転職活動をしていても、あなたが「辞めたい」と思う根本的な原因と解決不法が分からないままでは、また同じようなことで悩み転職を繰り返してしまうことになるかもしれません。

あなたがストレスなく伸び伸びと働き輝ける職場は必ずあるはず!
あなたの好きなこと、得意なことを活かせる仕事、環境を私たちと一緒に探しませんか?
転職によって、今の環境を抜け出すということだけではなくあなたの将来的なキャリアの幅を広げるお手伝いをさせてください。

ファッションデザイナーとは?仕事内容や魅力を解説

デッサン ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは、商品の企画から販売まで幅広い領域に携わる仕事です。自分がデザインした衣服が、世に認められたときに得られる達成感は、なにものにも代え難い魅力といえるでしょう。

まずは、ファッションデザイナーの業務内容とやりがいについて解説します。

ファッションデザインにとどまらない幅広い業務内容

ファッションデザイナーの業務は衣服のデザインを考える以外にも、企画立案や仮縫い、サンプルの製造、展示会の開催など業務内容は多岐に渡ります。よって、商品開発に関する、すべての工程に関与するといっても過言ではありません。

なかでも、色や柄、材などを決めるデザインの工程は、その後の作業のベースとなるため特に重要です。

作業の流れとしては、デザイン画が完成したら、次にパターンと呼ばれる型紙を製作します。次に、トワルと呼ばれるパターンをもとに仮の生地で縫ったサンプルを作成。

実際に形にすることで、机上では分かりづらい違和感やおかしな部分を発見できます。修正箇所を直し型紙の完成版ができ上がったら、商品サンプルの作成に移ります。そして、展示会で商品サンプルを並べ、買い手が見つかったら製造に入るという流れです。

やりがいや達成感を得やすいのが魅力

自分がデザインした服が形になり、購入された時や街中で着ている人を見かけたときに、ファッションデザイナーはやりがいや達成感を得られます。

キャリアを積んで有名なファッションデザイナーに成長すれば、コンテストで賞を受賞したり、有名人が宣伝してくれたりと、さらに喜びを得られる機会に恵まれるでしょう。

独立して、自身のブランドを立ち上げることもできます。独立やヒットメーカーになることは全員に約束された未来とはいえませんが、ワクワクする将来を描ける仕事であることに間違いはありません。

ファッションデザイナーの働き方

ボード ファッションデザイナー

ファッションデザイナーの代表的な働き方は、企業内で自社ブランドのデザインに携わるインハウスデザイナーと、独立して自身のブランドを構えるオートクチュールデザイナーの2つです

この他にも、制作会社やデザイン事務所に勤務するパターンもあります。ここでは、インハウスデザイナーとオートクチュールデザイナーについて説明します。

インハウスデザイナー

インハウスデザイナーはアパレルや衣類品のメーカーに勤め、その会社の商品企画・デザインを行う仕事です。企業イメージやコンセプトに沿って、企画を提案します。

インハウスデザイナーのメリットは、収入や生活が安定しやすいことです。デメリットは所属企業の意向に沿って商品を作るため、自分の理想とするデザインが採用されない可能性もあることでしょう。

オートクチュールデザイナー

オートクチュールデザイナーは、顧客の要望を踏まえた上で、自社ブランドの衣服を販売します。デザイナーとして名を馳せれば、世界を股にかけて活躍できる可能性もあるでしょう。

ただし、実務経験がないままだと、いきなり独立するのは無謀かもしれません。まずはインハウスデザイナーで勤務し、技術やセンスを磨くことが大切です。

ハレダスに転職相談をする(無料)

ファッションデザイナーに必要なスキル3つ

考え中 ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは市場のニーズを捉え、消費者が求めるデザインを提案する必要があります。また業務上、多くの人と関わるため、コミュニケーション能力も不可欠です。

ここでは、ファッションデザイナーに必要なスキルを詳しく解説します。

1.トレンドをつかむ情報収集力

売れる商品を作るためには、時代の流れや最新情報をいち早くつかむ必要があります。企画とデザイン、どちらの工程でも情報収集力は重要です。情報収集の対象は市場や流行、競合企業、顧客の購買行動などです。

日頃からさまざまな情報に対してアンテナを立てていると、市場に求められるデザインがどのようなものか、当たりをつけられるようになるでしょう。

2.個性豊かな発想力や敏感な感性

デザインで人を惹きつけるには、独特な発想力と繊細な感性を持っている必要があります。ファッションデザイナーが商品の構想を練り始めるのは、リリースから1年程前です。

売れる衣服を作るためには、これから流行る要素を予測して、デザインに反映しなくてはなりません。ファッションデザイナーには、ニーズを先読みする鋭い感覚と独創性を組み合わせ、消費者に求められるものを生み出す力が必要です。

3.コミュニケーション能力

ファッションデザイナーに欠かせないスキルのひとつが、コミュニケーション能力です。

ファッションデザイナーはプロジェクトの司令塔を担うため、リーダーシップや協調性など、広範なコミュニケーション能力が必要でしょう。また、チームを組んで業務に取り組むため、抽象的なイメージを言語化する表現力も必須になります。

具体的な表現を選ばなければ、メンバーが理解できないため、伝え方にも配慮が求められます。

ファッションデザイナーに関するFAQ

机 作業 ファッションデザイナー

ここでは、ファッションデザイナーを目指す人によくある疑問について回答します。ファッションデザイナーの年収や必要な資格、業務に関する知識を学ぶ方法、将来性について確認しておきましょう。

ファッションデザイナーの年収は?

ファッションデザイナーは勤務先や働き方によって、年収が変化する仕事です。大きく稼ぎたければ、フリーのファッションデザイナーを目指すのがよいかもしれません。

ヒット作を多く手掛ける売れっ子のデザイナーになれば、年収1千万円を超える可能性もあります。ただし、逆にインハウスデザイナーより収入が低くなる可能性もあるので、注意が必要です。

ファッションデザイナーに必要な資格は?

ファッションデザイナーになるために、必要な資格はありません。ただし、就職先を探す上で有利に働く資格はいくつかあります。

例えば、裁縫の知識を問う「洋裁技術検定」や色に関する知識が身に付く「ファッション色彩能力検定」「カラーコーディネーター検定」などは、取って損はない資格でしょう。また、マーケティングや物流、マネジメントなどの知識を問う「ファッションビジネス能力検定」もおすすめの資格です。

ファッションの知識はどうやって身に付ける?

大学や専門学校に通い、服飾やデザインの知識を身に付けることが一般的です。特に就職を意識した実践的なスキルを習得でき、同じ志を持った仲間と出会える専門学校がおすすめといえるでしょう。

また、独学でファッションデザイナーになることも可能です。実際に有名なデザイナーの中には、独学で知識を習得し、自社のブランドを興した人もいます。

ファッションデザイナーの将来性は?

服を着る文化がなくならない限り、ファッションデザイナーに対する需要は維持し続けます。ただし、就職先が増えたり、今後大きく需要が増えたりといったことは難しいかもしれません。

ファッションは、生活にゆとりがある人が楽しめるものです。景気の先行きが不透明な中、ファッションにお金を投じる人が減少する可能性も否定できません。

入社した当初は高い目標をもって仕事に取り組んでいたけれど、
「頑張っても全く評価されないし」
「成果も出せず自分に向いているかも自信がない…」
石の上にも3年…すぐに辞めるのは良くないし、次にやりたいことも分からないのでとりあえず続けようとモチベーションの低いまま仕事を続けていませんか?

本当にそのままでいいの?
この先の長い人生、せっかくなら、あなたが楽しく輝ける環境を探しませんか?
あなたの長所や意外な特技が生かせる仕事に出会えるチャンスかもしれません。

20代の7割の人が業界を変え転職して働いてたりします。
せっかく転職するなら視野を広げて他の業界も見てみませんか?
「スキルも知識もないし不安…」という方こそご相談してください!
プロが業界ならではの特徴やあなたにあった業界を責任もってご紹介します!

ファッションデザイナーは大きなやりがいを期待できる仕事

自分が手掛けた衣服がヒットしたり、将来的に自分のブランドを持てたりする可能性があるため、ファッションデザイナーはやりがいに満ちた仕事です。

ただし、センスはもちろん、マーケティングやデザインなどの知識も必要となりますので、自分でも活躍可能か、不安を抱く人もいるでしょう。

キャリアプランについて相談したいなら、弊社の転職相談チョイスの活用を検討してはいかがでしょう。

キャリアアドバイザーと近い距離で話をするなかで、本当にやりたい仕事や向いている職業が見つかるかもしれませんよ。

ハレダスに転職相談をする(無料)

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。