お問い合わせ

インタビュー

柔道整復師からジェラート店の店長へ!新しいチャレンジが教えてくれたこと「ジェラテリア&カフェ con panna」門崎一樹さん(株式会社リアン)

#転職 #起業 #con panna

進路や就職先など、今後の人生を左右する大きな決断に迫られるタイミングは、誰にだって訪れるものです。「自分は何をしたいのか?」を自問自答し答えを探す日々…。

今回インタビューした門崎一樹さんは、柔道整復師・鍼灸師になるため6年間専門学校に通い、国家試験に合格し、晴れて柔道整復師になり就職したもののどこか物足りない…。そう思っている矢先に飲食店オープンのオファーの声が掛かり、ジェラート店を開業させることとなりました。

“国家資格は一生もの”そう思い柔道整復師1本で過ごしていた門崎さんに訪れた転機。未経験だった飲食業界に入り、和歌山にはまだ数店舗しかないジェラート店を選んだ経緯とは?

今新しいことにチャレンジする一歩が踏み出せない方に届けたい!勇気を出すために必要なのは、自分の限界を決めないこと。そんな生き方を教えてくれる門崎一樹さんのインタビューをお届けします。

卒業を目前に進路に悩んだ高校時代


高校在学中、柔道部に入っていた門崎さん。社交的で明るい性格の門崎さんは、いつも賑やかな友人達に囲まれて過ごしていました。3年生となり各々が進路に悩む時期がやってきます。

「自分は将来何がしたいんだろう?」

叶えたい大きな夢があるわけでもなく、必ずこの道を歩みたいという強い願望もない。ただやんわりと、「将来長い目で見た時に手に職をつけたい、そのためには一生ものである国家資格を持ちたい」と思い始めます。

悶々とする中で、柔道部の顧問に今の心境を相談しました。「柔道整復師」という職業について教えてもらい、好きだった柔道と関係する職に興味を持ちます。

さらに偶然にも、高校時代毎日一緒に過ごした親友の父親が、腕の立つ柔道整復師で鍼灸師もこなす方でした。実際に身近で彼の父親の存在を目の当たりにしたことで「この仕事がしたい」と強く影響を受け、柔道整復師の道に進むことを決意します。

高校卒業後、大阪へ。3年間通った専門学校で学んだ経験


高校卒業後、柔道整復師になるため大阪・岸和田の専門学校へ入学します。和歌山から通える距離ではありましたが、憧れだった一人暮らしを始めました。

専門学校には全国から生徒が集まり、3年間みっちり勉強します。柔道整復師は、骨折・脱臼・打撲・捻挫など、ケガした箇所を柔道整復術を使い治療する職業。そのため基礎である骨・関節・筋肉・靱帯の動きや仕組みについて学ぶだけでなく、研修や実践を繰り返し学びを深めました。

就職後、鍼灸師になるためさらに3年間専門学校へ通う


無事に国家試験に合格し、晴れて柔道整復師となった門崎さん。専門学校卒業後は整骨院へ就職。「もっとこの仕事を活かしたい」と思い、更なる向上心のため鍼灸師の資格を取ることを決意。昼間は仕事をしながら、夜間は再び専門学校へ通い始めます。

鍼灸師は鍼(はり)や灸(きゅう)を使うため、柔道整復師とは治療方法が異なりますが、同時に治療ができることで活躍の幅が広がることを視野に入れていました。同じ職種でも自分ができる幅や視野が広がり、やりがいを感じる毎日を過ごしていました。

もともと人と話すことが得意だった門崎さんは、さらに会話力や人との接し方に磨きがかかります。子どもからお年寄りまで年代問わず来院される患者とのやりとりが、とにかく楽しかったのだとか。

未経験だった飲食に転職!風向きが変わった社会人3年目


整骨院のお仕事は基本的にシフト制。営業時間があり、日曜日は休院日。来院する患者は違えど、自分の仕事ルーティンは毎日同じ…。

3年目を過ぎた頃、「新しいことにチャレンジしたい」と思う気持ちが芽生え始めます。決して悪い環境ではないし、福利厚生もしっかりしてる。休日には趣味に没頭する時間もあるし、旅行にも行き充実した人生を送っている。でも何かが足りない…。

“タイミングを逃せば、転職のチャンスは来ないかもしれない”

そう思っていた矢先、「新しい事業として、飲食関係を立ち上げようと思っている」と勤めていた会社の社長から声が掛かります。門崎さんにとって、この一言が人生を変えるきっかけでありチャンスとなります。

何度も話し合いを重ね、門崎さんの出身地・和歌山を拠点とし、まだ数店舗しかないカフェ&ジェラートを融合したお店の開業が決定しました。ここから門崎さんの人生の風向きが変わり、新しいチャレンジが始まります。

カフェブームの和歌山!ジェラートを融合させた長く愛されるお店へ


飲食業は、現地のニーズに合わせた世界観がカギとなってきます。ここ数年和歌山ではカフェブームが沸騰しており、リノベーション古民家や海外風などインパクトのある店舗が大人気。「和歌山にもこんなお店あったんだ!」とSNSで拡散され、口コミで広がり話題となります。

そこで目に止まったジェラート。和歌山にはジェラート店が数店舗あるものの、少し足を運ぶ立地や山奥にあるため、県外の観光客もアクセスしやすい場所にお店を構えることに。

1からジェラートの作り方を独学で学ぶには、時間も能力も追い付かない…。そこで大阪府・堺市に店舗を構える、社長がファンで個人的に通うお気に入りのジェラート店『ジェラッテリア&カフェ ricarica』にアポを取り今回の経緯を説明しました。

急なお願いにもかかわらず事情を理解してくださり、『ジェラッテリア&カフェ ricarica』監修の味を和歌山で広めるため、門崎さんは約半年間みっちりと修行をすることに。ジェラートの作り方だけでなく、ラテアートの練習、接客やお店の基盤となる運営なども学びました。

いよいよオープン!地元の人の反応は?


門崎さんは修行を終え、和歌山に戻りお店のオープン準備に追われます。物件探し、店内のデザイナー探し、営業などを1人で動き回り、たくさんの人に出会い想いを伝える忙しい日々。

「やることがたくさんあったり、初めてのことばかりで忙しなかったですが、新たな出会いや、人脈が繋がりたくさんの方に助けられてここまで来れました」と語る門崎さん。

1人のようで1人ではない。門崎さんは、振り返るといつも誰かが側にいてくれる。そして支えられ助けられている環境に改めて気付いた瞬間でした。

コロナ禍のオープンとなり地元の人の反応が心配でしたが、アクセスしやすい立地で周りはカレー屋やラーメン店ばかり。ちょうどデザートにぴったり!と、客足は止まることがありません。

ジェラートは毎日ショーケースに16種類並び、日替わりでメニューを入れ替え、飽きがこないアイデアを組み込みました。

メインのジェラートだけでなく、カフェメニューもこだわっています。厳選した珈琲豆を使用したカフェラテは絶品!オープン後1ヶ月が経過し、すでにリピーターも少しずつ増えてきたのだとか。

店長として、お店を守る立場になって感じたこと


当初の準備期間中は1人でやりくりしていましたが、今では社員を抱えそれぞれの役割を与えています。「1人でやるには限界があります。徐々に信頼が生まれ、スタッフに任せられることも増えてきました」

人を束ねる存在であり、お手本とならなければいけない「店長」という立場。今まで経験したことのない時間を過ごし、常に意識していることは『個を見ること』。

最初はお店やスタッフ全体を見ようと思っていたものの、限界がある…。全体を一括りにまとめようにも、意見の食い違いやズレに気付き始めました。そこでスタッフ1人1人の意見や、価値観を尊重することを優先することに。スタッフ達が働きやすい環境を作ることの大切さも、今の立場になって感じたことでした。

そしてメリハリも心がけていることのひとつ。怒るときはしっかり怒る、話し合いをする時はお互いが納得するまでしっかり。想像以上に大変な時もあるものの、門崎さんの中でさらに視野が広がり、自分の限界の幅が広がったのだとか。

「柔道整復師になるために勉強に励んだ時間も、整骨院で働いた時間も後悔は全くありません。ですが、新たなるチャレンジでジェラート店の店長となり、経営や接客もこなし、今まで気付けなかった新しい自分にも気付くことができました。」

新しいチャレンジは続く!すでに2店舗目オープンも検討中


現在「con panna」では10〜40代と幅広い年代のスタッフとお店を盛り上げています。今後は更に認知度を高め、2店舗目のオープンもすでに視野に入れているのだとか。和歌山に限らず関西内も視野に入っているそうで、ますます今後の活躍が楽しみです。

「con panna」では、お店のブランドや世界観に合う方、明るく人のペースに合わせられ方、配慮ができる方を求めています。店舗数を増やしていきたいため、役割を任せられる責任感のある正社員を募集中です。

現在働いているスタッフの中には、大阪から片道1時間半かけて通っている方も居るのだとか!お住まい、年代問わずスタッフを募集中。オシャレなカフェ・ジェラート店で働きたい方のご応募、お待ちしています!

WEBで応募する

【ジェラテリア&カフェ con panna】ジェラートカフェ店のスタッフ/正社員の求人情報

募集要項

仕事内容
充実研修で未経験でも安心スタートが可能◎
『ジェラテリア&カフェ con panna』の店舗スタッフ業務

【具体的には】
・接客、レジなどの会計作業
・ジェラートの盛り付け・ドリンクの作成、提供
・厨房内でのジェラートの製造など

【未経験スタートも安心】
基本的な知識やコツは、最初に先輩スタッフがイチからお教えしますので、
未経験でもご安心ください。

※経験をお持ちの方には、スキルに応じてお仕事をお任せしていきます。
募集職種
ジェラートカフェ店のスタッフ
雇用形態
正社員
給与
月給198,000円〜
※固定残業代手当:37,000円/32時間相当分が含まれます。
※上記を超えて残業をした場合は、別途残業代をお支払いします。

【手当】
交通費支給
残業手当
深夜手当

【昇給】
あり
勤務時間
9:00〜23:00
◎1日実働8時間・休憩60分
休日・休暇
月8〜9日休み(シフト制)
有給休暇あり(年10日間/入社半年後から付与)
WEBで応募する
勤務地
〒640-8482 和歌山県 和歌山市 田屋110-1
交通手段
(1)六十谷駅 車6分
(2)田井ノ瀬駅 車6分
(3)紀伊駅 車6分
(4)紀和駅 車9分
(5)紀伊中ノ島駅 車10分

※車通勤・バイク通勤・自転車通勤OK
応募資格
<飲食未経験OK>人柄を重視★学歴不問★第二新卒・社会人デビューの方も積極採用!

■対象となる方
・人と接することが好きな方
・飲食の世界に興味がある方
・カフェが好きな方
・ブランクがあるけどしっかり責任をもって働きたい方
・転勤なしの職場を探している方
・飲食業で身につけたスキルを活かしたい方
・労働時間、人間関係など環境を重視して転職活動中の方

★現在、20代~30代の若手スタッフが活躍しています
待遇
【試用期間】
6ヶ月間
労働条件は本採用と同じです。

【保険制度】
・健康保険
・厚生年金
・雇用保険
・労災保険

【その他】
・髪型自由
・髪色自由
・研修制度
応募後の流れ
本ページ内<応募する>ボタンより、必要事項をご入力の上、ご応募ください。

【選考の流れ】
◆面接(1回のみ)
◎ご希望の方にはWeb面接での対応も可能です。お気軽にご相談ください。

<コロナ感染症予防対策実施中!>
◎アルコール消毒を完備
◎双方マスク着用での面接OK

◆内定
面接終了後、1週間以内に結果連絡

※入社日はご相談に応じますので、在職中の方もお気軽にご応募ください。
※応募の秘密は厳守いたします。
WEBで応募する

会社概要

企業名
株式会社リアン
所在地
〒589-0022 大阪府大阪狭山市西山台1-8-8
代表者名
門崎 一樹
電話番号
080-3794-5804
事業内容
飲食店の経営
WEBで応募する

TAG

Written by

髙野 麻由

髙野 麻由

和歌山県出身。国内・アジアを旅するフリーライター。特に魅了された国はインド。旅、グルメ、文化、宗教、インタビュー、自分らしい生き方など様々なジャンルを執筆中。将来の夢は、和歌山×アジアの2拠点で活動するグローバルライター!