お問い合わせ

転職・副業

サーバーエンジニアとはサーバーを構築する仕事。業務内容を解説

#転職活動 #転職 #転職支援 #エンジニア #サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、サーバーを設計・構築をメイン業務とする仕事です。インターネットの利用に不可欠なサーバーを扱う業務で、近年は需要も高まっています。

本記事ではサーバーエンジニアが行う仕事の内容を説明し、あると便利な資格などを紹介します。

サーバーエンジニアとは

パソコン画面のイメージ

サーバーエンジニアとは、コンピューターシステムを運用するサーバーについて、構築や運用を手がける仕事です。利用者からのリクエストに応じ、Webサイトの表示やSNSの投稿、メールの送受信などの機能を提供しています。

ここでは、サーバーエンジニアの将来性や年収、未経験でも転職できるかなどについて見てみましょう。
サーバーの構築と運用・保守を行う
サーバーとは​​、利用者のリクエストに応じたデータを提供するコンピュータやプログラムのことです。サーバーエンジニアはサーバーの専門家であり、設計・構築から運用・管理までを一手に引き受けます。

似たような仕事にネットワークエンジニアがありますが、両者は扱う領域が異なります。サーバーエンジニアはサーバーのシステムを扱うもので、ネットワークエンジニアは主にサーバー同士をつなぐネットワーク機器を扱う仕事です。

将来性が高い

ITの導入による業務の効率化など、企業でのIT技術の需要は年々高まる傾向です。それに対してITの人材は不足しており、今後も不足の状況は続くと予想されています。

サーバーエンジニアが求められる環境は長く続き、将来性は高い仕事といえるでしょう。ただし、サーバーエンジニアの仕事内容は変化していく可能性はあります。

自社運用のオンプレミスからクラウドに移行する企業も増えており、今後はさらにクラウド化が進むと予想されるからです。環境の変化に伴い、クラウドの環境を構築するスキルも必要となるでしょう。

未経験でも転職できる?

サーバーエンジニアは専門知識が必要な仕事ですが、未経験での転職も不可能ではありません。ITの人材不足で需要の高いサーバーエンジニアは、未経験の場合でも積極的に採用が行われています。研修の制度を整えている企業も多く、20代であれば未経験でも十分に転職が可能です。

30代になると実績が重視される傾向にありますが、資格を取得しているなどスキルがあることをアピールすれば、未経験の転職も不可能ではありません。

平均年収は?

サーバーエンジニアの平均年収は約470万円ほどです。20代では約400万円、30代では約500万円程度となっています。全体的な平均年収よりはやや高く、ITの仕事としては平均的な金額です。

サーバーエンジニアは人材の動きが激しい業種で、90%以上の人が1回の転職経験があります。転職した半数以上の人が以前よりも年収が高くなったというデータがあり、転職はより高い待遇を求めていることが大きな動機といえるでしょう。

サーバーエンジニアの仕事内容

デスク上のパソコンのイメージ

サーバーエンジニアの仕事は大きく、サーバーの設計・構築と運用・保守の業務に分けられます。設計では用途に合わせて、必要なサーバーの性能や台数を検討するもので、設計をもとにOSのインストール・設定などを行います。

さらに、サーバーを実際に運用しながら状況に応じて変更を加えるなどの管理を行うのが仕事です。

ここでは、サーバーエンジニアの仕事内容を見ていきましょう。

サーバーの設計

サーバーの設計は、会社の用途に合ったサーバーをゼロから作り上げることです。最適なシステムを作り上げるにはどの程度の処理能力が必要か、規模はどのくらい必要なのかといった基本設計を行います。

さらに、使用するOSや、OSとアプリケーションをつなぐミドルウェアの選定なども必要です。また、サーバーは基本的に24時間365日稼働し続けるため、障害が発生しても業務に支障が出ないように影響がないよう、対応能力や安定性を考えなければなりません。

サーバーの構築

サーバーの構築段階では、設計に沿ってOSやミドルウェアのインストールを行います。パラメータを設定し、サーバーが正常に稼働できるように調整をする業務です。

また、サーバー機器を専用のラックに固定するラッキング作業や、サーバーを電源やその他の機器とつなぐ配線といった物理作業もサーバーエンジニアの仕事です。

サーバーの運用・保守

サーバーエンジニアは構築したサーバーを安定して稼働させるため、運用・保守する業務も行います。バックアップやセキュリティを見直して更新を行うほか、常時稼働するサーバーを監視し、サーバーダウンやハッキング、エラーなどの障害が発生した場合に対応するのもサーバーエンジニアの仕事です。

実際の監視作業は基本的に専任のスタッフが対応しますが、障害が起こった場合の復旧作業はサーバーエンジニアが行います。

転職にはコツがある!
あなたの魅力が活かせる仕事。

転職の相談をする(無料)

サーバーエンジニアに向いている人

パソコンを見る女性のイメージ

サーバーエンジニアは、専門的な分野に深い知識が要求される仕事です。そのため、深く技術を追求する探究心がある人に向いています。

また、IT技術の進化は早いため、新しい機器や技術に対する好奇心や積極性がある人がサーバーエンジニアの適性があるといえるでしょう。

サーバーエンジニアに向いている人について、詳しく紹介します。

1.探究心がある

サーバーエンジニアは、物事への探究心がある人に向いています。パソコンなどの機械が好きで、専門的な知識や正確性を深く追求するのが好きな人がサーバーエンジニアとしての素質があるといえるでしょう。

また、サーバーは障害が起こることも多く、業務に支障が起きないよう迅速な解決が求められます。そのため、どんなときでも最善を尽くして解決するだけの責任感がある人に向いている仕事です。

2.好奇心と積極性がある

インターネットやセキュリティの分野では、日々新しい技術やシステムが登場しています。そのため、サーバーエンジニアは積極的に新しい知識を取り入れる姿勢がなければなりません。新しいものに対し、好奇心を持って取り組み、応用できる人が向いています。

また、ウイルス感染や不正アクセスなど、情報セキュリティにおける脅威も進化・拡大している状況です。それらに対処していくためにも、好奇心と積極性がなければなりません。

サーバーエンジニアに必要なスキルと資格

指さすビジネスマンのイメージ

サーバーエンジニアは幅広い知識とスキルが要求されますが、基本的にOSやネットワーク、セキュリティの知識は欠かせません。

また、サーバーエンジニアになるために特別な資格を取得する必要はないものの、あると便利な資格はあります。求人に応募が殺到した場合、資格があれば有利に働くでしょう。

ここでは、サーバーエンジニアに転職するために必要なスキルや、あると便利な資格について紹介します。

求められるスキル

サーバーエンジニアに共通して求められるスキルはWindowsやLinux、MacOS、UNIXといったOSおよびネットワーク全般に関する知識です。

また、サーバーはWebサーバーやアプリケーションサーバー、データベースサーバーなどさまざまな種類がありますが、どのサーバーを担当するかで必要なスキルも異なります。

さらに、サーバーの運用・保守ではウイルスやサイバー攻撃などのリスクが常に伴うものです。これらの脅威からサーバーを守るためには、セキュリティに関する知識・スキルが欠かせません。

あると便利な資格

サーバーエンジニアに関連する資格は民間資格に多く、主要なものを取得しておくと転職に有利です。また、資格の取得によりOSやネットワークについての知識を深めることができ、転職後の業務に役立ちます。

主なサーバーエンジニア関連の資格は、以下の通りです。

  • 基本情報技術者試験
  • MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)
  • LPIC(Linux技術者認定試験)
  • CCNA
  • CCNP

基本情報技術者試験は国家資格で、ITエンジニアとして必要な基本的知識・技能を持つことを証明する資格です。エンジニアとしてのキャリアをスタートするために必要な資格といえるでしょう。

MCPはマイクロソフト社の製品についての認定資格で、全世界共通の基準で認定されるものです。入門から最上位まで4つのレベルがあります。

LPICは世界共通の基準で認定されるLinux技術者の認定資格です。CCNAはネットワーク機器の開発・販売を行うCisco社の製品を扱う認定資格で、ネットワークに関する一定の知識を証明できます。CCNPはCCNAの上位にあたる資格です。

サーバーエンジニアはやりがいのある仕事

パソコンとネットワークのイメージ

サーバーエンジニアはサーバーの設計から構築、運用・保守まで一貫して行うもので、できあがったサーバーをスムーズに稼働させたときにやりがいを感じる仕事です。IT技術への探究心や好奇心、責任感がある人に向いています。

サーバーエンジニアの仕事に転職したいと考えている方は、ハレダスの「転職相談チョイス」を利用してみてはいかがでしょうか。業界に詳しいスタッフが、転職活動の悩みや不安に対しアドバイスを行っています。

ハレダスの就職相談『CHOICE!』ページへ

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。