お問い合わせ

転職・副業

第二新卒の転職は難しい?成功率を高める5つの方法

#転職 #第二新卒 #難しい #方法

第二新卒の転職は、難易度が低い傾向にあります。第二新卒者を求める企業が多く、新卒時よりも良い条件の企業から内定をもらえる可能性も。今回は、第二新卒の定義や転職の成功確率、転職を成功させる方法について解説します。

転職を成功させるために本記事をお役立てください。

「今の職場が自分に合わないと感じる」 
「人間関係に苦労していてどうも馴染めない」
こんなに悩んでしまうのは、“自分がおかしいからだ”と思っていませんか?
それはあなたが悪いわけでも会社が悪いわけでもありません。
あなたと会社が合わないだけです。もしかしたら業界自体が合わないのかも…。

今の環境を変えたい、抜け出したいという思いから、転職活動をしていてもあなたが「辞めたい」と思う根本的な原因と解決不法が分からないままではまた同じようなことで悩み転職を繰り返してしまうことになるかもしれません。

あなたがストレスなく伸び伸びと働き輝ける職場は必ずあるはず!
あなたの好きなこと、得意なことを活かせる仕事、環境を私たちと一緒に探しませんか?転職によって、今の環境を抜け出すということだけではなくあなたの将来的なキャリアの幅を広げるお手伝いをさせてください。

第二新卒の定義|入社3年目まで

第二新卒

第二新卒とは、学校を卒業して企業に就職したものの、2~3年で転職を希望する若年者のことです。明確な定義はありませんが、2~3年勤務した人を指すことが多いです。企業によっては、20代前半を第二新卒として考えるケースもあります。

第二新卒は転職成功しやすい

第二新卒は、転職を成功しやすい傾向にあります。厚生労働省が公表している「年齢階級別の入職率」をご覧ください。

第二新卒 転職 入職率

出典:厚生労働省「性、年齢階級別の入職と離職」

第二新卒にあたる20~24歳は、男女ともに入職率が高く、25歳以降に急下降します。つまり、転職するなら第二新卒がベストなタイミングだと言えるでしょう。

第二新卒で転職するつのメリット

転職 

第二新卒で転職するメリットは、次の3つ。

  • 経験をもとに自分にあう企業へ転職できる
  • キャリアアップに繋がる
  • 新卒時に不採用になった企業に応募できる可能性がある

今、転職を迷っている第二新卒者は、3つのメリットを知っておくべきです。

経験をもとに自分にあう企業へ転職できる

第二新卒者は、「社会人としての経験」や「就職活動の経験」を活かした転職ができます。新卒時には分からなかったことも踏まえて、自分にあう企業を見つけられるでしょう。

新卒時の失敗を活かして悔いのない転職活動ができるはずです。

キャリアアップに繋がる

第二新卒の転職は、キャリアアップや年収アップに繋げることができます。

新卒時は、「採用してもらえそうな企業に応募した」「やりたいことか分からないけど応募した」など曖昧な動機で就職先を決めた人も多いでしょう。

第二新卒者は、新卒時よりも自分の適性やスキルを理解したうえで転職活動を進められます。そのため自分の理想とするライフワークバランスを実現できる企業へ正しくアプローチできるはずです。

新卒時に不採用になった企業に応募できる可能性がある

新卒時に不採用になった企業へ再び応募できる可能性があります。社会人としての経験を活かすことで、新卒時よりも採用してもらえる確率が高くなるでしょう。

企業側が求めることを的確に答えられるよう事前準備を念入りに行えば、第一希望の職場に転職できるはずです。

転職にはコツがある!
あなたの魅力が活かせる仕事。

転職の相談をする(無料)

第二新卒の転職を成功させる5つのポイント

転職

第二新卒の転職を成功させるポイントは次の5つ。

1.キャリアプランを明確にする
2.転職活動のスケジュールを立てる
3.退職理由をポジティブに変換する
4.妥協できない条件を決める
5.キャリアアドバイザーのサポートを受ける

上から順に見ていきましょう。

1.キャリアプランを明確にする

退職理由と転職理由は、一貫性を持たせることが大切です。

キャリアプランにブレがあると、「自社でやっていけるのかな?」「またすぐに退職してしまうのでは?」と懸念されてしまう可能性が高いでしょう。

キャリアプランを立てることで、転職軸が固まり、自分にあう企業を見つけやすくなります。

自分の数年先のキャリアを見直して、言語化しましょう。

2.転職活動のスケジュールを立てる

転職活動を成功させるためには、スケジュールを立てて、戦略的に行動することが肝心です。「転職したい」と考えてはいてもゴールがなければ、うやむやになってしまうことも。

「〇ヶ月後には、退職する」「〇月までに内定を獲得する」といった目標を立てましょう。目標に向けてどのように行動すればいいのか見えてくるはずです。

3.退職理由をポジティブに変換する

退職理由はポジティブに変換してから伝えましょう。

というのも、採用担当者は第二新卒者に対して下記のような不安を感じています。

自社に入社してもまたすぐに辞めてしまうかも
前職で退職を決意する原因となるトラブルが自社で起きた場合対応できないかも

採用担当者の不安を払拭することで、採用の確率が高くなります。

ですので、安心感を与えられるようにポジティブワードに置き換えましょう。

具体例

ポジティブな退職理由

仕事に飽きた

新たなチャレンジがしたい

残業が多い

オンオフのメリハリをもって集中して成果を上げたい

人間関係に問題があった

チームワークやコミュニケーションを重視して働きたい

信頼できる上司や同僚、部下の元で働きたい

4.妥協できない条件を決める

転職活動を成功させるためには「譲れない条件」を決めることが大切。

というのも、自分の希望条件をすべて満たせる企業を見つけるのは難しいからです。
たとえば、下記のように順位を付けておけば、ブレることなく転職先を決めることができるでしょう。

条件1.自宅から徒歩で通える
条件2.残業が少ない
条件3.今より年収が高い

妥協できないことを3~4つに絞って、その条件があう企業への転職を目指してくださいね。

5.キャリアアドバイザーのサポートを受ける

第二新卒者が転職する際に、キャリアアドバイザーのサポートを受けることが大切です。

キャリアアドバイザーは、転職先の業界知識が豊富ですので、的確なアドバイスを受けられます。

書類添削や模擬面接を実施しているケースもあるので、ほかのライバルより一歩リードすることができるでしょう。

「入社した当初は高い目標をもって仕事に取り組んでいたけれど、
「頑張っても全く評価されないし」
「成果も出せず自分に向いているかも自信がない…」
石の上にも3年…すぐに辞めるのは良くないし、次にやりたいことも分からないのでとりあえず続けようとモチベーションの低いまま仕事を続けていませんか?

本当にそのままでいいの?
この先の長い人生、せっかくなら、あなたが楽しく輝ける環境を探しませんか?
あなたの長所や意外な特技が生かせる仕事に出会えるチャンスかもしれません。

20代の7割の人が業界を変え転職して働いてたりします。
せっかく転職するなら視野を広げて他の業界も見てみませんか?
「スキルも知識もないし不安…」という方こそご相談してください!
プロが業界ならではの特徴やあなたにあった業界を責任もってご紹介します!

第二新卒者は計画的に転職活動を進めて内定を獲得しよう

第二新卒者は計画的に転職活動を進めて内定を獲得しよう

第二新卒者は、どの年代よりも転職成功しやすいと言えます。第二新卒者を求めている企業も多いので、もし転職を考えているなら前向きに検討しましょう。

転職を成功させるためには、プロの力を借りた方が有利になります。ハレダスの転職相談を利用して、理想のワークライフバランスを実現してくださいね。

転職の相談をする(無料)

TAG

Written by

Nao

Nao

はじめまして、福岡在住のWebライター Naoと申します。大手スポーツジムのトレーナーを経てライターに転身。趣味は、身体を動かすことと美味しいコーヒーを飲みながらライティングすること!ハレダスの読者様に有益な情報をお届けできるよう1文字1文字丁寧にライティングして参ります。

ハレダスでは
無料で就職・転職の相談
を承っています

しごと相談する LINEで相談する