お問い合わせ

転職・副業

【転職の履歴書】手書きかパソコン作成で悩んだら

#履歴書 #転職 #手書き #パソコン

転職をする際に企業へ提出する履歴書。昔は手書きが当たり前でしたが、パソコンが普及する現代では、パソコンで作成する人も多くいるでしょう。今回は、転職の履歴書は手書きがいいのか、それともパソコン作成がいいのか、というテーマでお話していきます。

「今の職場が自分に合わないと感じる」 
「人間関係に苦労していてどうも馴染めない」
こんなに悩んでしまうのは、“自分がおかしいからだ”と思っていませんか?
それはあなたが悪いわけでも会社が悪いわけでもありません。
あなたと会社が合わないだけです。もしかしたら業界自体が合わないのかも…。

今の環境を変えたい、抜け出したいという思いから、転職活動をしていてもあなたが「辞めたい」と思う根本的な原因と解決不法が分からないままではまた同じようなことで悩み転職を繰り返してしまうことになるかもしれません。

あなたがストレスなく伸び伸びと働き輝ける職場は必ずあるはず!
あなたの好きなこと、得意なことを活かせる仕事、環境を私たちと一緒に探しませんか?転職によって、今の環境を抜け出すということだけではなくあなたの将来的なキャリアの幅を広げるお手伝いをさせてください。

転職の履歴書は手書きとパソコン作成のどちらがいい?

結論からいうと、転職の履歴書は手書きでもパソコン作成でも、どちらの方法でも構いません。

ただ、応募先の企業によっては、どちらが良いかというのは変わってくる可能性はあります。例えば、応募先がIT業界やWeb業界など、パソコンを使って仕事するところであれば、手書きではなくパソコンで作成したほうが良いでしょう。

一方で、創業して何十年も歴史がある企業の場合、手書きの方が高く評価される可能性があります。これらのことを踏まえると、応募先の企業がどんなところなのか?というリサーチをすることで、手書きとパソコン作成のどちらが良いのかの判断材料になります。

また、企業によっては「手書きの履歴書を提出」もしくは「パソコンで作成した履歴書を提出」というように指定している場合もあるので、応募事項はよく確認するようにしてください。

手書きとパソコン作成との印象の違い


転職の履歴書は手書きとパソコン作成のどちらでも良いとお伝えしました。それでは次に、手書きの履歴書とパソコン作成の履歴書の、それぞれの印象について見ていきましょう。

手書きの履歴書の印象

採用担当者は、手書きの履歴書に書かれている文章からその人の人柄を見ています。単純な字の綺麗さというところではなく、一文字ずつ丁寧に読みやすい文章で書かれているかというところ。なぐり書きや走り書きのように雑な文章になっていないかも印象に大きく関わります。

また、手書きのほうがパソコン作成よりも時間がかかるので、採用担当者によっては、そこから応募に対する「熱意」を感じることもあります。

ただ、先述したようにIT業界やWeb業界に加え、ベンチャー企業などは「今の時代に手書きの履歴書なの?」と感じる場合もあるので覚えておいてください。

パソコン作成の履歴書の印象

手書きと違い、文字が一定で綺麗なので読みやすいという印象を受けます。そのため、字の綺麗さに自信がない人は、パソコン作成のほうが良いでしょう。パソコンを使って仕事をする業界では、「履歴書はパソコン作成が当たり前」と考えている企業もあります。

手書きの履歴書のメリットとデメリット


それでは次に、手書きの履歴書のメリットとデメリットについて見ていきましょう。まずはメリットから。

手書きの履歴書のメリット

・応募に対する意欲や熱意を伝えられる

手書きの履歴書のメリットとして、まず応募に対する「意欲」や「熱意」を感じるという点です。パソコンが普及している現代で、「時間をかけて手書きで履歴書を書いてくれた」という点が評価に繋がります。

・字の綺麗さをアピールできる

綺麗な字や読みやすい文章で書かれていると、良い印象を与えることができるでしょう。

手書きの履歴書のデメリット

・作成に時間がかかってしまう

手書きの履歴書のデメリットとして、真っ先に考えられるのが「作成に時間がかかってしまう」という点。基本的に転職というのは、何社か同時に応募して進めていくものです。

そのため、応募するごとに履歴書を手書きしていては、かなりの時間を使ってしまいます。また、字があまり綺麗でない場合は、それだけでマイナス評価になってしまう可能性もあります。

・修正に手間がかかってしまう

字を書き間違えしてしまった場合、二重線や訂正印で修正するという方法はありますが、あまりおススメしません。なぜならば、履歴書という重要な書類でミスをするということは、「注意力が足りない」と判断されるリスクがあるからです。書き間違えてしまった際には、新しく書き直すようにしましょう。

書き始めならばまだいいかもしれませんが、書き終わりの頃に書き間違いをしてしまったら、かなりの手間と時間をロスしてしまいますし、用紙も無駄にしてしまいます。十分に注意してください。

・業界によっては、手書きというだけでマイナス評価になってしまう

こちらは先述しましたが、業界によっては「いまだに手書きなの?」という印象を持たれてしまうこともあります。

ハレダスに転職相談をする(無料)

パソコン作成の履歴書のメリットとデメリット


次に、パソコン作成の履歴書のメリットとデメリットについて見ていきましょう。まずはメリットからです。

パソコン作成の履歴書のメリット

・作成時間を大幅に短縮できる

パソコン作成の履歴書の大きなメリットとして、「手書きと比べて作成時間を大幅に短縮できる」という点です。特に、普段からパソコンを使っていてタイピングに慣れている人なら、このメリットはさらに大きくなるでしょう。

・修正が非常に楽

もう1つのメリットは「修正するのが非常に楽」という点。基本的に手書きの場合、書き間違いをしてしまったら新しく書き直したほうが良いとお伝えしました。パソコン作成の場合は、キーボードで打つだけで簡単に文字を消せるため修正の手間はないようなもの。何度でも修正が可能です。

・使いまわしができる

3つ目は「使いまわしができる」という点です。いい方は悪いかもしれませんが、パソコンなら1度作成してしまえば、企業によって志望動機や自己PRを変更する必要はあるものの、すべてをまた最初から書き直す必要がありません。

・字に自信がない人でも安心

最後のメリットは「字に自信がない人でも安心」という点。パソコン作成であれば、誰が打っても同じなので、字が綺麗ではない人でも安心できるでしょう。

パソコン作成の履歴書のデメリット

・企業によってはマイナス評価になってしまう

先述したように、手書きの履歴書を評価する企業もあるため、パソコンで作成したというだけでマイナス評価を受けてしまう可能性があります。

・個性を出しにくい

パソコン作成では、誰が打っても同じなので文字による個性を出すことができません。文字で人柄を見ている採用担当者もいるため、その場合は評価をされにくいことも。また、手書きのメリットである「意欲」や「熱意」を伝えづらいという点もデメリットになります。

・用紙によっては手書きよりも見劣りしてしまう

PDFで提出する場合は問題ありませんが、コピー用紙に印刷して提出する場合は注意が必要です。通常のコピー用紙は市販の履歴書の用紙と比べて薄く、しっかりとした素材でないため、見劣りしてしまう可能性もあります。パソコンで作成した履歴書を印刷する際には、コピー用紙の素材に気を配ったほうが良いでしょう。

「入社した当初は高い目標をもって仕事に取り組んでいたけれど、
「頑張っても全く評価されないし」
「成果も出せず自分に向いているかも自信がない…」
石の上にも3年…すぐに辞めるのは良くないし、次にやりたいことも分からないのでとりあえず続けようとモチベーションの低いまま仕事を続けていませんか?

本当にそのままでいいの?
この先の長い人生、せっかくなら、あなたが楽しく輝ける環境を探しませんか?
あなたの長所や意外な特技が生かせる仕事に出会えるチャンスかもしれません。

20代の7割の人が業界を変え転職して働いてたりします。
せっかく転職するなら視野を広げて他の業界も見てみませんか?
「スキルも知識もないし不安…」という方こそご相談してください!
プロが業界ならではの特徴やあなたにあった業界を責任もってご紹介します!

まとめ

転職に使う履歴書は、手書きとパソコン作成のどちらの方法でも大丈夫です。ただ、それぞれにメリットとデメリットがあります。今回お伝えしてきた内容として、一見パソコン作成のほうがメリットも多く、手書きよりも良い印象を受けたかもしれません。しかし、そう一概にいえるのでしょう。なぜならば企業によっては、パソコン作成よりも手書きの履歴書を評価する企業もあるためです。

応募先の企業のリサーチを徹底的に行い、手書きかパソコン作成かどちらの方法が評価されるのか?という判断をしてから、履歴書を作成するようにしましょう。

ハレダスに転職相談をする(無料)

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。