お問い合わせ

転職・副業

転職方法を年代別・タイプ別に解説!あなたにぴったりの転職方法は?

#内定 #転職活動 #キャリアアップ

本記事では、転職する方法を年代別・タイプ別に紹介します。転職する方法は、転職の目的や志望動機によっても異なりますし、世代によっては転職における市場価値も異なるでしょう。

さまざまな世代やタイプ向けに転職方法をまとめたので、参考にしてみてください。

スタンダードな転職の方法

職探し

はじめに、一般的な転職の方法や流れについてまとめました。基本的には転職の準備をして、企業に応募、内定が決まったら現職の退職手続きを進める流れとなります。

多くの方は就職活動を経験されていて大体の流れはわかっていると思いますが、就職活動とは若干異なるところもあるため、その違いについても触れてみました。

転職の準備

まずは転職の目的を整理し、情報収集するところから始めましょう。特に就職活動を一度経験されている方は「当時を思い出して同じことをすればいいから」と準備を怠ってしまうかもしれません。

しかし、就職と転職とではスタートラインが異なるため、企業を選ぶ基準や志望する目的にも違いがあるでしょう。準備をせずに転職活動を進めてしまうことは、コンパスを持たずに見知らぬ土地を歩き回るようなものです。

同じ業種・同じ業界での転職の場合は、それほど入念な準備は必要ないかもしれません。しかし、転職する目的を明確化にしておくことで、ブレずに転職活動を進められるでしょう。

転職の準備として重要なものが、自己分析と情報収集です。自己分析では、企業が採用したいと思えるような自分の強みやアピールポイントを見つけましょう。

自分の弱みを把握し、それをカバーできる人材であることをアピールできるようにしておくことがおすすめです。情報収集では志望する業界の特徴や将来性に関する情報を集め、どのような企業に転職したいかを明確にしておきます。

自分が応募する企業を明確にして、自分のどのような強みを活かせるのか確認しておきましょう。

企業に応募

事前準備が整ったら求人を探し、応募します。転職活動においては、興味を持った企業には積極的に応募していきましょう。面接でよく聞かれる「志望動機」「退職理由」は、いつでも答えられるように明確な内容を準備しておくことが大切です。

新卒の就職活動と大きく異なる点は、履歴書に加えて職務経歴書が必要になる点です。「どのような業種を経験してきたか」「どのようなスキルを身につけているのか」について、企業にわかりやすく伝わる職務経歴書を作成し、自分が企業にどのように貢献できるのかが一目でわかるようにしましょう。

内定後の退職手続き

内定が決まったら、入社を承諾する前に労働条件などを十分に確認しておくことが必要です。確認したうえで入社してもよいと判断できれば、退職手続きを完了させます。

また、現在の職場を円満に退社するために、退職手続きは余裕をもっておこなうとよいでしょう。現在の職場にも迷惑がかからないように、転職活動と並行して進めておくことが理想的です。

転職相談をご希望の方はこちら

【世代別】転職を成功させる方法

面接

年齢によって転職市場での需要は異なり、仕事の経験値やできることも異なります。当然転職の目的や理由も異なってくるため、世代別に転職の対策を練るようにしましょう。

20代、30代、40代に分けて、転職を成功させる方法をまとめました。自分のスキルやニーズに合った転職方法を見つけて、転職を成功させましょう。

20代は伸びしろとスキルをアピール

20代は前半と後半でアピールポイントが異なります。20代前半は「第二新卒」になるため、この時期の転職では社会人として新しいスキルが身についたとはいいにくく、大きな実績もないことがほとんどです。

よって、20代前半の転職では、これからの伸びしろ、ポテンシャルの高さをしっかりとアピールしましょう。一方、20代後半になればある程度のスキルや実績もできてくるので、それが次の会社でどのように活かせるかを伝えるのがポイントです。

特に業界問わず活かせるポータブルスキル、専門性の高いテクニカルスキルのどちらに分類されるか、自分の持つスキルを見直してみるとよいでしょう。

30代は感情に流されずよく考えて

30代の多くはリーマンショックなどを経験しているため、転職したくても転職できなかったという方も少なくありません。

また、30代になると家庭を持つ方が増え、今の会社を辞めたいと思っても「家庭があるから簡単に転職できない」とあきらめてしまう方もいるでしょう。

しかし、30代は転職できる最後のチャンスととらえ、安定した収入や収入アップを望んで転職活動をはじめる方も多いです。30代はスキルや実績もそれなりに身についている世代のため「スキルや実績が正当に評価されていない」と感じて転職に踏み切る方もいます。

実際に30代の転職は、企業が求める即戦力となれる可能性もあるため、タイミングとスキルが合致すれば十分に将来へのキャリアアップが見込めるでしょう。

ただし、未経験分野への転職の場合は、年収が下がる可能性もあります。「なんとなく今の会社を辞めたい」「正当に評価されたい」といった一時的な感情で転職を決めてしまうと、転職した後に「転職する前のほうがよかった……」と後悔をすることもあるでしょう。

30代の転職を最後の転職チャンスと考えるならば、10年、20年先のキャリアプランを見据えた転職を心がけましょう。

40代はスキル重視

「転職は35歳まで」と言われたのは昔のことで、近年では40代の転職も決して難しいものではないようです。しかし、20代、30代に比べてハードルが高くなることは頭に入れておきましょう。

40代は20代や30代のようにポテンシャルは重視されず、十分なスキルや経験があることが採用の基準となります。企業で活躍できる即戦力となりうる人材であるかどうか、企業での貢献度、これまでのスキルや経験が重視されるでしょう。

そのため、企業がどのような人材を求めているか、入念な企業研究・業界研究が必要になります。そのうえで、自分のスキルをどのように活かすことができるのか、どのように企業に貢献できるのかを明確にしていきましょう。

おすすめの転職方法4選

業界研究

転職の方法は複数あり「どれが自分の求める転職活動にマッチしているのかわからない」という方もいるかもしれません。また、初めての転職の場合は、転職が成功するまでどの方法が最適だったのかはわからないでしょう。

そこで、おすすめの転職方法を4つに分類し、転職活動のタイプ別に当てはめてみました。自分が望む転職活動の方向性に合わせて、転職方法を選んでみてください。

1.志望意識が高い人|直接応募

「どうしてもこの企業に入りたい」という志望意識が高い方は、企業のホームページなどから直接応募してみてもよいでしょう。企業のホームページに採用のページがなければ、直接電話をかけてみるという手もあります。

また、社員の友人・知人を紹介する「リファラル採用」を取り入れている企業もあるため、自分が入りたい企業に友人や知人がいる場合は聞いてみてもよいかもしれません。

直接応募はその企業への転職を熱望する思いが伝わりやすくなるため、好印象につながりやすいでしょう。

しかし、転職サイトのように条件面が全公開されているとは限らないため、入社後のミスマッチがおきる可能性もあります。入社を決める前に条件面は十分に確認する必要があるでしょう。

2.自分のペースで|転職サイト

特に急いでいるわけでもなく、自分のペースで転職したいという方には、転職サイトがおすすめです。転職サイトは自分で希望の求人を探して応募することが基本的な流れになるため、自分のペースで進めやすいでしょう。

希望する業界を指定しておけば、業界に関するニュースや求人情報も自然と受け取りやすくなります。ただし、選考の対策もすべて自分でおこなう必要があるので覚悟しておきましょう。

3.1人だと不安|転職エージェント

初めての転職でうまくいくか不安という方は、転職エージェントの活用もひとつの方法です。エージェントが求人を探し、希望とすり合わせながら最適な企業を見つける手伝いをしてくれます。

書類選考や面接対策をおこなってくれるケースも多く、転職の成功率も上がりやすくなるでしょう。また、土日も相談に乗ってくれる場合もあるため、働きながら転職先を探したいという方にもおすすめです。

一方で、エージェントがしっかりかかわってくれるため、転職サイトのように軽い気持ちで転職活動したいという方には不向きといえるでしょう。また、相性の良くないエージェントに会ってしまうと、転職活動そのものがストレスになってしまう可能性もあります。

4.市場価値を知りたい|スカウトサービス

転職も視野に入れているけれど、まずは自分の市場価値を知ってみたいという方は、スカウトサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

スカウトサービスとは企業側が求める人材をスカウトするサービスで、職歴やスキルを見て判断して声をかける相手を決めていきます。そのため、「自分を求める企業がどの程度いるのか」「どのような企業に自分のスキルが必要とされるのか」を知ることができます。

自分のスキルを必要としている企業への転職がしやすくなるだけでなく、今後の転職活動やキャリアアップのために、自分の市場価値を知る目的で利用している方も少なくありません。ただし、サービスによっては大量のスカウトメールが来てうんざりすることや、思ったより自分の市場価値が高くなく、かえって給料が下がる可能性もある点には注意しましょう。

自分に合った転職方法で現実を変えよう

転職成功

転職の方法を世代別・タイプ別に紹介しました。世代によって転職を成功させるためのアプローチ方法が異なり、転職活動の方向性によっても転職方法は異なってきます。

どちらの場合においても、自分の市場価値をきちんと理解し、それに合わせた転職活動をしていくことが成功の秘訣といえるでしょう。

転職活動に行き詰まったり、自分にぴったりの転職方法がわからなくなったりしたときは、ハレダスの無料相談会も活用してみてくださいね。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。