お問い合わせ

転職・副業

【男女別】転職スーツの選び方6選!転職スーツを選ぶポイントも解説

#身だしなみ #転職 #スタイリング #スーツ

転職活動を始めるとき、スーツは新卒のときに使用したリクルートスーツがよいのか、それとも職場で着ているスーツにしたほうがよいのか迷ってしまう人も多いでしょう。本記事では、転職のときのスーツの選び方を男女別にまとめました。スーツ選びに迷った人は、ぜひ参考にしてみてください。

転職活動のスーツはどうしたらよい?

悩む男性

まずは、転職の面接に適したスーツにはどのような目安があるのかを知っておきましょう。新卒で就職活動する際には「基本的にリクルートスーツを着用する」「髪色は黒にする」といった細かな指導がありますが、転職活動では、最適なスタイルを教わる機会がほとんどありません。そこで、転職活動で一般的とされるスーツの目安についてまとめました。

リクルートスーツはダメ?

新卒で使っていたリクルートスーツもダメではありませんが、転職活動に悪影響を与える可能性があります。

多くの企業は即戦力となる転職者を求めています。しかし、リクルートスーツを着ていると、どうしてもフレッシュな就活生の印象が強く、仕事が未熟で頼りない印象を与えてしまう可能性があるからです。

特に男性に比べて女性はスーツを着る機会が少なく、手元にリクルートスーツしかないという場合もあるでしょう。シャツの色やインナーの種類を変えるだけでも、こなれ感が出てフレッシュなイメージを払拭できるため、リクルートスーツしか持っていない人は試してみてください。

「服装自由」と言われたら

企業によっては、服装を指定せずに「服装自由」としている場合もあります。こうした企業の意図は2通りあると考えられます。

1つ目は企業の文化として私服が許可されているために転職者にも許可する意図。そして、2つ目は服装のセンスをチェックする意図です。1つ目はIT企業やベンチャー企業に、2つ目はアパレル業界によく見られます。

特に服装を指定されなかった場合も、極端にラフなTシャツやジーンズなどを避け、清潔感のある服装であれば基本的には問題ありません。Tシャツにジャケットを羽織るだけでも、好印象でカジュアルなビジネススタイルを演出できます。

また、自由な服装でよいと言われた場合でも、スーツを着ていって不利になることはありません。何を着たらよいのかわからない人は、スーツを選ぶと安心でしょう。

転職スーツはどう選ぶ?基本的なポイント3つ

スーツを着た男性
転職に適したスーツを選ぶときのポイントを、3つにまとめました。転職のスーツに求められるものは、素材やデザインではなく、清潔感など実際に着たときの印象です。これから一緒に仕事をしていく人材として信頼に足るべき人物なのか企業側が見定める要素のひとつでもあるため、スーツの選びかたにこだわることで、転職の結果が左右される可能性もあるでしょう。

清潔感があるかどうか

スーツの素材や色に関わらず、清潔感は最も重要なポイントです。例えば、高級なスーツを着ていても、しわが寄っていたり汚れがあったりすると周囲に良い印象は与えられません。

特に普段仕事でスーツを着ていない人が、転職活動をきっかけに久しぶりにスーツを出すと、臭いが残っていたりカビが生えていたりする場合もあります。面接に行く前には、スーツの状態をきちんと確認しておきましょう。

着ている人に合っているかどうか

スーツは体にしっかりとフィットするものを選びましょう。スーツをスマートに着こなすためには、サイズ感の合うスーツを選ぶことが大切です。どんなに高級なスーツを着ても、ズボンの裾を引きずっていたり袖が長すぎたりしているとだらしなく見えてしまうでしょう。

一方、体のサイズより小さい細身のスーツを無理に着ても、苦しそうな印象を与えてしまいます。可能であれば、スーツの販売店に相談し採寸してもらったうえで、自分の体に合うスーツを新規で購入することがおすすめです。

社会人としてTPOをわきまえているか

礼服や喪服、フォーマルスーツなど、場面によって服装を使い分けるのが社会人のマナーです。その場に適した服装をしていないと、TPOをわきまえていない人物だと思われ、常識のない人だと思われる可能性があります。

転職活動でリクルートスーツを着ることによって、常識の有無が問われるわけではありません。しかし、これまでの実績をアピールすべき場面において、フレッシュさが抜けないリクルートスーツを着ることは「TPOをわきまえている」とはいえないでしょう。

転職相談をご希望の方はこちら

【男性編】転職スーツの選び方3選

男性のスーツ
男性の転職スーツの選び方をまとめました。男性の服装で気を付けるべきポイントは、ズバリ清潔感です。多くの企業が面接で判断するポイントのひとつに清潔感を挙げているため、意識しましょう。スーツやシャツの色合いは業界にもよりますが、基本的にカジュアルなものは避け、シンプルで落ち着きのあるものを選ぶのがベストです。

1.スーツの色は暗めで無地のもの

男性が転職活動で着るスーツの色は、黒や紺、暗めのグレーなど落ち着いた色味で無地のものを選びましょう。特に証券会社やホテル業界、銀行や保険業界など、信頼性が問われる業界への転職を考えている場合は、堅めの印象が好まれます。

チェック柄はカジュアルすぎて好まれないため避けましょう。ストライプは細目なら問題ありませんが、太めのストライプは避けたほうが無難です。

2.シャツは青か白で無地のもの

転職の面接の際に着るシャツは、無地のものを選ぶのがベストです。また、色は青か白がよいでしょう。

ジャケットを着たとき、ワイシャツの袖口がジャケットの裾から1~1.5cmはみ出るくらいが理想的なスタイルとされています。袖口のボタンはきちんと留めておくと、ジャケットの裾から出していてもきちんとした印象を与えます。

ボタンダウンはカジュアルな印象が強くなるため、スタンダードなタイプのワイシャツを選びましょう。

3.小物はシンプルなものを選ぶ

ネクタイや靴、時計、鞄などの小物はシンプルなものを選びましょう。靴はひも付きの革靴で黒かこげ茶色のもの、時計は金属製か黒い革製のベルトのものを選ぶのがベストです。近年は、リュックで通勤する方も増えていますが、手提げにもできて自立するタイプであればリュックでもよいでしょう。

ネクタイは無地のもので、カラーは紺かエンジ色が無難です。パステルカラーやビビットなカラーの派手なタイプ、柄やストライプが入っているものは避けましょう。

【女性編】転職スーツの選び方3選

女性のスーツ
転職で女性が着るスーツの選び方を3つのポイントにまとめました。女性のスーツはリクルートスーツのように垢抜けない雰囲気になったり、反対に落ち着きすぎて覇気のない印象になったりしないように注意しましょう。女性らしい華やかさが求められる一方で、派手になりすぎてもいけません。元気ではつらつとした印象を意識してみてください。

1.スーツの色や形は自分に合うものを

女性が転職で着るスーツの色は、ビジネスシーンに活用できる黒やグレー、深めの紺などがよいでしょう。華やかな色のカラースーツなどは不向きです。

また、スーツのデザインは子どもの式典で保護者が着るようなオシャレなノーカラーのジャケットは避け、かっちりとした襟付きのジャケットを選びましょう。ジャケットのボタンはきちんと留め、ブラウスやインナーの裾が袖口からはみ出さないようにするのがマナーです。

人によっては体型を隠すために、大き目のサイズを選んでしまう方もいるかもしれませんが、かえってだらしなく見えてしまいます。スーツは自分の体にフィットするものを選ぶようにしましょう。

2.柄は控えめ、素材は平織り

スーツの柄はなるべく無地を選ぶのがおすすめです。ピンストライプや細かなチェック柄までなら許容範囲ですが、男性と同様に太めのストライプや大胆なチェック柄は面接の場ではあまり好まれません。

また、平織りのものを選ぶとストレッチ性があるため、動きやすくなります。素材はウールやポリエステルなどのスタンダードなタイプがよいでしょう。

女性のオシャレなジャケットやスーツによく見られるツイードやコーデュロイ、ベロアのものは面接には不向きです。

3.ボトムスは年代に合わせて

女性は男性と異なり体型の変化も激しいため、ボトムスは年代に合わせて選ぶのがおすすめです。20代の場合はスカートでもパンツでも構いません。インナーを変えればリクルートスーツでもよいでしょう。

30代、40代の場合はパンツスタイルにして足を出さないようにすることで、仕事のできる女性のイメージを演出できます。50代は腰回りがしっかりと隠れるスカートで、落ち着きのある上品な印象に仕上げましょう。

女性の場合はセットアップではなく、ジャケットとボトムスのカラーを変えても、自然な組み合わせであれば構いません。

要注意!女性はインナー選びも重要

女性スーツのインナー

女性の転職スーツは、インナー選びも重要です。かっちりとしすぎると新卒のような初々しさやスーツを着慣れていないイメージが出てしまい、即戦力として見てもらえない可能性があります。一方、派手なフリルやカラフルなシャツ、露出の多いインナーも面接には不向きです。転職活動で効果的に見せられる、スーツに合わせたインナーの選び方をまとめました。

インナーは袖からはみださないように

女性の場合、インナーはジャケットの袖からはみ出さないサイズのものを選びましょう。夏場は半袖でも問題ありません。

ただし、ジャケットを脱ぐように勧められる可能性もあるため、ノースリーブは避けましょう。襟元はかっちりとしたシャツタイプにするか、ラウンドネックなどで女性らしさを出すかは、勤務先の業界や職種に合わせて選びましょう。

スーツの色と合わせて効果的に

インナーの色に決まりはありませんが、スーツの色に合うものを選ぶようにしましょう。基本的には白か淡いカラーを選んでおくと、爽やかで清潔感のある印象になり、顔色を明るく見せる効果が期待できます。紺やグレーといった暗めの色よりも、クリーム色や水色などの淡い色合いのインナーを選びましょう。

ただし、ダークスーツに白ブラウスを合わせるのは、リクルートスーツのような印象を与えてしまうため転職の面接には好ましくありません。スーツのカラーが紺やグレーであれば、白シャツでも問題ないでしょう。

転職活動に効果的なスーツを選ぼう

転職が決まるスーツ

転職スーツの選び方についてまとめました。

転職に適したスーツは、リクルートスーツのようなフレッシュさよりも、即戦力として働ける人材であることが伝わる、清潔感と落ち着きのある印象を与えるものを選びましょう。男性も女性も、黒や紺、暗めのグレーの無地のスーツで、自分の体にぴったりとフィットするタイプがおすすめです。

転職にふさわしいスーツの選び方に迷ったら、ハレダスの無料相談会でも相談してみてくださいね。

相談する

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。