お問い合わせ

転職・副業

知らないと損!?再就職での注意点7選

#資格 #ブランク #再就職 #注意点

様々な理由で一旦仕事を退職し、仕事をしていない期間を経て再び会社に就職することを「再就職」と言います。転職と同じ意味のように捉えられがちですが、転職が概ね「ブランクのない就職」なのに対し、再就職が「ブランクのある就職」と、置かれている状況は少々違うと言うことができます。

ですが再就職に成功した人が身近にいない場合、何に気をつけるべきか知りたい、そう思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。今回は、再就職における注意点を説明していきます。

再就職におけるブランクは損?


まずイメージとして、ブランクがあると再就職に不利なのでは?と漠然と不安に思う方もいらっしゃることでしょう。一概にブランクが損ということはできませんが、採用側としてはやはり、「なぜブランクがあるのか」という点は気になるところでしょう。

これは採用側が「再就職が難しい人材なのでは」「なぜブランクが空いたままでも平気なのか」などなど、「この人と共に働いていけるか」という不安を持っている表れでもあります。

その不安の解消のためにも、ブランクの理由をはっきりと説明し、採用側に「共に働いていけそうだ」というイメージを持ってもらうことが必要となってくるでしょう。

そこで今回は、採用側の不安を解消するために、就職活動の際注意すべきポイントをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

準備をする際の注意点3選


なんと言っても、再就職を始める前にすべきことは、就職活動の「準備」です。一概に言ってしまえば「自己分析」と「企業研究」ですが、さらに再就職だからこそ気をつけるべきポイントをお教えしていきます。

ブランクの理由をきちんと言語化しよう

前述したように、「なぜブランクがあるのか」という疑問を聞いてくる企業もあるでしょう。その際に答えられるよう、ブランクの理由はきちんと言語化しておきましょう。

もしブランクの理由が「仕事へのスキルアップや知見を広めるための学び」であれば、それは間違いなくアピールポイントとなります。

また旅行や家族との時間を過ごすことも、「無為に時間を過ごしたのではなく、計画性を持って行動していた」というアピールになるでしょう。

またブランクは「転職の失敗期間」とも捉えられがちなので、「きちんとこの月からこの月まではこうやって過ごす計画を立てていた」とアピールすることで、自身の有用性もアピールできます。

ブランクというのはひとつの不安材料であることは確かなので、しっかりと言語化して「共に働いていける人材である」ことをアピールしていきましょう。

転職相談をご希望の方はこちら

ブランクOKの企業に応募しよう

もちろん、ブランクの理由が病気や疾病などで長期間空いたり、また言語化に難しいという方もいるでしょう。

ブランクが空いていることにあまり踏み込まれたくない、という方は、まずはブランクOKの企業に応募してみましょう。特に人手不足と言われて久しいITや土木関連、福祉などの業界は未経験歓迎、職歴不問の求人も多いので、まずはそこでステップを踏み自分のキャリアを再度建て直すことも一つの手段でしょう。

資格を取得しよう

ブランクの理由として、「資格を取得するために勉強していた」とアピールすることは、採用側の不安払拭につながります。

また実際、とある職種にチャレンジしたくて勉強し、資格を取得できたとなればこの上ないアピールとなるでしょう。

ブランクは企業によっては「サボり」とも捉えられがちなので、しっかり「仕事」のための準備をしていた、とアピールすることは採用の近道と言えます。

再就職活動中の注意点2選


いざ企業との面接、となった際には、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。下記にお伝えしていきます。

自分ができることをきちんとアピールする

ブランクがある人材は「どこまで教育すべきか」と採用側も戸惑いを覚えがちです。そのため「ブランクがあっても自分はここまでのことができる」「自分はこの企業とマッチングする」ということをアピールする必要があるでしょう。

「ブランクを過ごしたが、これだけのことがやれる。過ごしたからこそこれだけのことがやれる」とアピールする場合は、きちんと自己分析を行い、自分のスキルを言語化しましょう。

また「自分はこの企業とマッチングする」場合は、企業研究を行い、採用側の欲しい人材と自分がどうマッチングするかの言語化に努めましょう。そうすることで、採用側の「この人はすぐ働いていけるかどうか」という不安の払拭につながります。

転職相談をご希望の方はこちら

前の会社の不満を全面に押し出すのはNG

就職活動同様、採用活動もコストがかかるもの。そのため採用側は、できるだけ長く働いてくれる人材を欲しています。前の会社への不満を退職理由にした場合、採用側は「この人はブランクもあるのに、不満を感じたらまたすぐ退職するのではないか」と思い、不採用につながることが多いです。

そのため、例え本当に残業時間が多い、キャリアアップが見込めない、年収が低い、などの理由があったとしても、それを直接的に伝えるのでなく、「キャリアアップの機会が多い御社で、地道にキャリアを積んでいきたい」「自分の目標年収に近いここで働き、安定を得たい」など、この会社では自分の希望が叶うので、長く働けることをアピールすることが重要となってくるでしょう。

内定を貰えた後の注意点2選


見事内定を貰えたとしても、そこで終わりではありません。気をつけるべきポイントはまだまだありますので、参考にしてもらえたらと思います。

期限を決めよう

もし内定を貰えたとしても、「もう少し頑張ってみようかな」「この会社ならいけるかも」という気持ちも出るかもしれません。

基本的に、転職活動においても内定の保留はできるようになっています。内定の保留に関して画一的な決まりはなく、各企業に任されている形になります。基本的には、内定通知から回答期限が設けられており、その間に返答する、という形がポピュラーでしょう。

しかし、内定保留は諸刃の剣でもあります。あまりに延長しすぎると就業の意欲なしと内定を取り消される可能性があります。同様に、もし入社しても心象イメージはあまり良くないところからのスタートとなるでしょう。

そのため、「再就職活動は○月まで」「この会社を受けてダメだったら終わる」と自分の中でラインを設定しておきましょう。

必要な書類を揃えよう

入社する際には、さまざまな書類が必要となります。

まずは社会保険や雇用保険への加入手続きや、年末調整などに必要となってくるマイナンバーカード。それに年金手帳、もしくは基礎年金番号通知書も必要です。

また履歴書などで記入した住所や氏名の情報に相違ないか確認するための住民票記載事項証明書や、必要に応じて資格証明書も必要となるので、それらの準備もしっかりと行うようにしましょう。

まとめ

今回は再就職する上で押さえておくべき注意点をご紹介してきました。

再就職を成功させるためには、ブランクのある自分が客観的にどう見られているか考えた上で、そのイメージを払拭させ、企業とマッチングできていると伝えることが重要となってきます。

ぜひ今回伝えたことを活かして、よりよい再就職につなげていただけたらと思います。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。