お問い合わせ

転職・副業

退職時の挨拶にお菓子は必要?選び方のポイントや職場別おすすめのお菓子を紹介

#転職活動 #退職 #菓子折り

退職するときには、お礼を伝え、清々しい気持ちで次のスタートを迎えたいものです。これまでお世話になった上司や同僚に別れの挨拶をする際に、「ありがとう」の気持ちを込めて一緒にお菓子を配るのは、とても良いアイデアではないでしょうか。そこで今回は、職場別おすすめのお菓子や選び方のポイントなどを紹介します。

退職時にお菓子を配る意味

いつしか恒例になった退職時に配るお菓子。どの職場でもよく見かける光景から、ルールとして捉えられがちですが、絶対ではありません。お菓子はあくまでも感謝の気持ちを伝えるツールです。しかし、感謝の言葉と併せて渡すことで、より想いが伝わり、気持ちよく職場を離れられるでしょう。

退職時のお菓子を選ぶ・渡すときのポイント

退職時のお菓子は、選び方や渡し方にポイントがあります。職場での働き方や部署の人数に合わせてセレクトとすると、心遣いが伝わりますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.賞味期限をチェック

職場によってはシフト制であったり、出張が多かったり、リモートワークであまり出社しないところもあるかと思います。そのため日持ちしない生菓子は避けるのが良いでしょう。賞味期限が1ヶ月以上あるお菓子なら、事前準備もしやすく、渡してから少し時間が空いても安心です。

2.食べやすいものをセレクト

退職時に渡すお菓子は職場で食べる人が多いため、食べやすいサイズ感、フォークやスプーンを使わずに食べられるものを選ぶのがおすすめです。また、パソコンを触りながらでも食べられる手が汚れないお菓子を選ぶと喜ばれます。

3.用意する数は部署の人数+α

部署がたくさんあるような規模の大きい職場であれば、所属部署全員に行き渡るお菓子を用意すればOKです。それに加えて自分が挨拶したい、お世話になった人の人数を含む数を用意するのがベストでしょう。 社員が少ない職場では、もらっていない人が顕著になるため、全員分準備するのがおすすめです。

4.渡すタイミングは最終出社日

退職前は、有給消化や業務の引継ぎなどでイレギュラーな出勤になってしまいがちです。そのため、退職日と最終出社日が異なる場合、最終出社日に合わせてお菓子を渡すのが望ましいです。

当日の挨拶するタイミングは、業務終了時間や休憩時間など、業務に差し支えない時間帯を見計らうのがおすすめです。

女性が多い職場にピッタリのお菓子3選


ここからは女性が多い職場、男性が多い職場など、さまざまな職場に合わせたおすすめのお菓子を紹介します。あくまでもおすすめですので、もちろん、女性が多い職場で紹介したお菓子を男性が多い職場に選んでもOK。あなたが良いと思うお菓子で、感謝を伝えてくださいね。

フィナンシェ(アンリシャルパンティエ)

大阪発の人気洋菓子店、アンリシャルパンティエのフィナンシェは、退職に定番のお菓子です。スイーツ好きにも大人気の商品で、1日6万個以上売れている大人気商品だそう。しっとりとした口当たりに、バターの甘味を堪能できる幸せいっぱいのお菓子です。

16個入りで税込2,160円、フィナンシェとマドレーヌがセットになった32個入りの詰め合わせが税込4,320円で発売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

URLはこちら

ミルフィユ(フランセ)

サクサクのパイと濃厚なチョコレートが層になった「ミルフィユ」は、洋菓子フランセから発売されているお菓子です。食べやすいサイズ感に、レトロ感のある可愛いパッケージが女性の心をしっかり掴みます。詰め合わせには4つの種類が入っており、それぞれに厳選果実が使用され、果実の食感をしっかり感じる食べ応えです。

24個入りで税込3,240円。店舗展開は関東圏のみですが、オンラインでも購入できます。

URLはこちら

ラスク(ハラダ)

ハラダのラスクは、アンリシャルパンティエのフィナンシェに続く定番のお菓子。香ばしいフランスパンに、芳醇なバターを塗って、丁重に仕上げたガトーラスクです。別名「王様のおやつ」と呼ばれており、上品な甘さとスタイリッシュなパッケージなので、職場でも喜ばれるはずです。

ベーシックなガトーラスク「グーテ・デ・ロワ」と、「グーテ・デ・ロワ」にホワイトチョコレートをコーティングした「グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート」の詰め合わせは、ロイヤルブルーの化粧箱に入っているので、置いておいても様になります。28袋入りで税込2,592円です。

URLはこちら

男性が多い職場におすすめのお菓子3選

せんべい(もち吉)

福岡に本社を置くもち吉は、老舗の米菓メーカーです。ブランドの中でも人気の高いせんべいを詰め合わせた「餅のおまつり」は、男性が多い職場にピッタリです。オーソドックスな醤油、サラダから、わさび、梅ザラメなど個性際立つ味、6種類がセットになっています。2008年には菓子業界内で名誉高い「名誉総裁賞」も受賞しています。

33枚入りで税込2,700円。日持ちも長いので事前に準備しやすいでしょう。

URLはこちら

バウムクーヘン(治一郎)

お菓子をあまり口にしない男性でも食べやすいバウムクーヘン。治一郎のバウムクーヘンは、卵をたっぷりと使用しているため、甘ったるさがなく、素材本来のおいしさ楽しめる商品です。職人さんが丹念こめて薄い層を24層にも重ねており、飲みものが要らないほどの滑らかなしっとり感です。

10個入りで税込2,900円。食べやすいようにカットされて小包装されているのも嬉しいポイントです。

URLはこちら

おかき(銀座あけぼの)

銀座あけぼのの「それぞれ」は、素材や味わい、食感、すべてにこだわったさまざまなおかきと海鮮せんべいがアソートになった商品です。もち米、せんべいも国産にこだわって厳選。色鮮やかな和文様の小袋に詰め合わさっています。和文様は、日本に伝わる縁起の良い和柄ですので、門出にピッタリのお菓子です。6種18袋入りで税込3,240円。

URLはこちら

もう少しリーズナブルな価格で一人ひとりに渡したい場合には、可愛らしい小さなおかき1枚が小包装され、大きな化粧箱に入った「二十四節花」(36枚入り:税込1,296円)がおすすめです。

URLはこちら

とにかく人数が多い職場に適したお菓子3選


リーフチョコ(モンロワール)

葉っぱの形をした小さいチョコを、巾着状に個別に包んだモンロワールのお菓子。個数は15個入りから100個入りまで選べ、100個入りでも税込5,400円というリーズナブルさです。

巾着は色分けされており、色ごとに入っているチョコレートの種類が異なっています。配るときに選ぶ楽しさも味わえるお菓子です。

URLはこちら

シュガーバターサンド(シュガーバターの木)

さくっとしたシリアル生地に、ホワイトショコラを挟んだ「シュガーバターサンドの木」は、口の中に広がるバターの香ばしさと砂糖の甘味がクセになるお菓子です。

30個入りで税込2,160円なので、2箱買っても5,000円以内で収まるのが嬉しいポイント。甘いもの好きが多い職場にピッタリのお菓子です。

URLはこちら

シガール(ヨックモック)

「シガール」は、バターをたっぷり使った生地を焼き上げてロール状に巻いた洋菓子です。フォルムの美しさと上品な甘さで、長年愛されている商品です。

発売元のヨックモックも東京の南青山に本店を構える老舗の洋菓子店ですので、年齢が高い人が多い職場でも喜ばれるはず。48本入りで税込3,240円と、財布に優しいのも魅力です。

URLはこちら

まとめ


今回は、退職時に渡すおすすめのお菓子や選び方のポイントなどを紹介しました。挨拶と一緒に感謝の気持ちを込めてお菓子を渡すことで、良い印象で職場を離れられます。退職の挨拶と一緒に渡すお菓子で、真心を伝えてみてください。

※ご紹介したお菓子の価格やセット商品等については、2021年4月8日時点の情報です

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

HAKU

HAKU

大手人材会社にて、法人営業を経験後、制作部門に異動し製造、IT、飲食、エンタメとあらゆる業界の上場企業からスタートアップのベンチャーなど、10年超のキャリアにおいて約3000社以上の企業の取材・制作・ライティングを実施。関西の制作責任者を務めた後、フリーランスにて活動を開始。