お問い合わせ

インタビュー

事業立ち上げやブランド設立。明るい未来に不可欠な変革に挑む。/錦城護謨株式会社

#八尾市 #錦城護謨 #ものづくり #シリコーングラス

1936年の創業からゴム工業品事業部、土木事業部を基軸に発展を遂げてきた「錦城護謨」。今では「大阪トップランナー育成事業」の認定や「Forbes JAPAN SMALL GIANTS AWARD 2021」でゲームチェンジャー賞を受賞するなど、八尾市が誇るものづくり企業へと成長しています。

安定した成長を続ける同社ですが、創業100年を前に大きな変革に挑んでいるのだとか。なぜ変革の必要があるのか。今回は太田代表と社員の水田さんに変革の経緯や内容についてお伺いしてきました。

安定経営を実現する錦城護謨ですが、変革に挑んだ経緯は?


太田社長
端的に言うと、未来への危機感からです。

ゴムの製造・販売、地盤改良をはじめとする土木事業などの既存事業は安定し、短期的な見通しは立つもの。しかし、長い目で見れば2本柱だけでは不透明だと感じていました。息の長い企業になるには事業を多角化し、それぞれを補い合うような良い循環を作る必要があると考えました。

変革の内容を具体的に教えてください。


太田社長
変革は大きく分けて2つ。新規事業の立ち上げと既存事業であるゴムの新分野展開です。
新事業は、社会貢献度の高い環境・防災・健康・福祉のフィールドに絞って検討していました。そのタイミングで土木のクライアント様からのご縁もあり、福祉関連事業に注力することに。

2つめの既存事業の新分野に関しては、ものづくり技術を活かした自社ブランドの設立です。

まずは福祉事業についてお伺いします。どんな取り組みをしているのですか?


太田社長
障がいのある方たちがバリアフリーに過ごせる商品の製造・販売をしています。主力商品は、視覚障がい者歩行誘導マットの「歩導くん」。

全盲の方が開発し、自社で販売・認知を引き受けたのが10年ほど前のことです。当時は商品も完全ではなく、試行錯誤する毎日でした。

より快適な使い心地を目指して2015年から開発にも携わり、大きく商品をアップデート。現在では公共機関や病院など、1000か所以上の設置実績を誇っています。

商品が普及するなかで今後はどのような発展を考えていますか?

太田社長
「歩導くん」をプラットフォームに、ITや空間デザインなど、色々なものと掛け合わせていきたいと感じています。最先端のテクノロジーを融合し、空間の価値を高める。

将来的には、日本だけではなく世界の視覚障がい者を安全に誘導できる道標になりたいですね。そのために今はしっかりと実績をつくる時だと思っています。

現在でも多くの賞を受賞しているとお聞きしています。



太田社長
そうですね。嬉しいことに、2016年度の「iFデザイン賞・最優秀賞」を受賞。その他、国際的に威厳のあるデザイン賞「German Design Award 2018」を受賞しました。

後ろ盾を作ることで、世界に挑みやすくなる。そして、誰もがハンデを感じることなく共存できるような世界を目指しています。

次に既存事業の新分野について教えてください。


太田社長
85年間、弊社のものづくりはBtoBが中心でした。様々な業界や大手企業で弊社の技術が活かされているのですが、BtoBだとエンドユーザーからの認知度もなかなか高まりません。

それなら「自社ブランドを立ち上げて商品を作り、一般のお客様にも知ってもらおう!」と感じたのが新分野発足のきっかけでした。一般のお客様に弊社のものづくり技術が広がれば、社員たちも仕事に誇りが生まれ、愛社精神にもつながると思ったんです。

錦城護謨株式会社で働く

自社ブランドの立ち上げは周囲の後押しもあったのだとか?


太田社長
はい。ブランド立ち上げを考えていた頃にチャンスが訪れたのが、ものづくりを世界に広めるプロジェクト「YAOYA PROJECT」でした。

八尾市が主催で、八尾市に根付くものづくり技術とデザインをかけ合わせる。そして世界に通用するオリジナルのプロダクトをつくろうといったものでした。

そこであるデザイナーさんと出会い、ものづくりへの想いや夢を共有。気持ちを通わせ、弊社のゴム加工技術とデザイナーさんのデザイン力をかけ合わせた商品が完成し、オリジナルブランドである「KINJO JAPAN」の立ち上げに至りました。

「シリコーングラス」拝見しました。まるでガラスですよね…!


太田社長
そうなんです。自社開発した「シリコーンロックグラス」は、ガラスと同じ位の透明度をもつ高透明シリコーンゴムでできたグラスです。

一見ゴムだとは気づかないけれど、触るとグニャッとする。素材の特性上落としても割れる心配がなく、手にピタッとフィットする商品なのでお子様からお年寄りまで安心して使っていただけます。

商品開発やブランド立ち上げなどで社内に変化はありましたか?

太田社長
BtoBメーカーは、クライアントからの依頼を忠実に守ることが求められているので、ベースが受動的。しかし、初めて一般のお客様に自分たちのものづくり技術が届く機会ができたことで良い循環が生まれました。

今回の「シリコーンロックグラス」の開発には、ゴム事業と土木事業から2人ずつの計4人の社員が携わったのですが、この構成が正解でしたね。お互いの得意を活かしながら違った目線で意見を出し合えましたし、両事業部の社員たちが「そんなことやっても良いんだ」「チャレンジしても良いのか」といった風潮が生まれ、社内の仕事に対する取り組み方や姿勢が少しずつ変わっています。

まさに変革の真っ只中といったところでしょうか。

太田社長
はい。これからの時代、言われたことをやるだけでは付加価値もとれませんし、わくわく感もないですよね。新分野はこれまでの取り組みとはまったく違う姿勢。ゼロからイチを生み出す開発提案型のビジネスを目指しています。

そんな一歩となった「シリコーンロックグラス」の開発は、挑戦する面白さを体感する大きなきっかけにつながったのではないかと感じています。

努力が実を結び、メディアやSNSなどで注目が集まっていますよね。


太田社長
2019年の6月に企画がスタートして半年で商品製造に至ったので、社内はとても大変でしたが(笑)クラウドファンディングに挑戦したことで、一気にたくさんのお客様に応援していただけました。

初めての挑戦で販路もないし、PR・ブランディング方法もわからない。「ほんまに売れるんかいな」と半信半疑なところもありましたが、クラウドファンディングでの達成率900%の数字を見た時に、やろうとしていることは間違いないのだと背中を押してもらえましたね。

それからというもの、Twitterでは10万のイイね!がついたり、毎月や新聞、雑誌、TV、Webメディアなどから5件ほどの依頼を受けたりするようになっています。

PRやブランディングの知識がない中でどのように取り組まれたのでしょう?

太田社長
基本的には社内で手探りで対応しようと考えていたんです。しかし、経験もなければノウハウもない。誰も答えがないことをしてもうまくいきませんでした。今ではブランディングのベースを作るために、外部講師に入っていただいています。

また、現在は受けの広報という認識です。商品が尖っていることから、ありがたいことに外部からの問い合わせをいただけるので、その対応をすることから広報がスタートしているのが実情です。従来は、広報専任の部署もなく、それぞれ対応をわけていたので。

もう一つ上にいくためには、攻めの広報体制を作ろうと、専門部署立ち上げを決めました。

攻めの広報とはどういったものか具体的に教えてください。

太田社長
依頼を受けるだけではなく、弊社の魅力や取り組み、思いを積極的に発信していって取り上げること。また、ターゲットや時期などを見極めた情報発信で、戦略的にチャンスを次につなげるたいと思っています。

広報部署は今年の秋に立ち上げ予定ですが、現在も実務ベースで広報に携わっているメンバーが中心となり、外部講師を招いた勉強会で学んでいます。

知識は着々と身につけていますが、実務経験やノウハウが乏しい。だからこそ、新しく入社いただく方には、経験を活かしながらリーダーと二人三脚で実務を回し、部署をけん引して欲しいのです。

錦城護謨株式会社で働く

広報部署のリーダーである水田さんにお伺いします。部署新設についてどう思われていますか?


水田さん
弊社は「モノづくりの力」、「土木の力」、「KINJO JAPAN」など、誇れるポイントがたくさんある企業です。製造した商品が国家プロジェクトで使われているなんてことも日常的。

一歩離れて見るとすごい会社と仕事なのに、携わっている社員たちは普通のことだと思っているんです。広報部署の立ち上げは、社外への営業はもちろん、そんな社員たちに自社の魅力に気づいてもらうにも良い機会だと思っています。

どんな方にご入社いただきたいですか?

水田さん
「自分がこの会社の魅力をどんどん伝えてやるぞ!」といった熱い気持ちを持った方にご入社いただきたいです。

今後企業が成長していく上で外部への戦力的発信は大事ですし、社内の人たちが会社を誇りに思えるような発信も大切。だからこそ、ご入社いただく方には「錦城護謨」の1番のファンになってもらいたいですね。

入社される方はどんなフィールドで活躍できますか?


水田さん
自社メディアの運営やSNSでの発信をベースに、「KINJO JAPAN」の立ち上げによって、イベントや展示会でのPR活動もお任せしていきます。

また、福祉関連事業の主力商品「歩導くん」も年末に向けて、企業コラボを予定。世界的な国際イベントで利用してもらえるような発信も広報部署で行っていければと考えています。

やりがいを実感できそうなポジションですね…!最後に、この記事を読んでいる方に一言お願いします!

太田社長
錦城護謨は、安定と保守から“変革とチャレンジ”の時期に入っています。新事業の展開やブランドの立ち上げ、広報部署の新設。こうした変化は、最初は違和感が生じたとしても未来にとって必要なこと。

変化によってこれまでと違う価値が生まれ、広がる世界があると信じています。だからこそ、今の弊社にとって広報は必要不可欠。安定した基盤をもとに、仕事はチャレンジャブルで面白味を感じていただけるはずです。

「事業転換を一緒にやってみたい」「会社の未来を作り上げてみたい」そんな方からのご応募を心よりお待ちしています!

WEBで応募する

【錦城護謨株式会社】広報スタッフ/正社員の求人情報

募集要項

仕事内容
【注目を集める企業の広報へ!】社内外に向けた広報・PR業務を担当。自社メディアやSNSを中心にKINJOブランドの情報発信をお任せします。

<具体的には>
お任せしたいのは、社外に向けた宣伝広報と
インナーブランディングを目的とした社内広報です。
社外に会社の魅力を伝えながら、
社員達に仕事への誇りを持ってもらう
発信をするのがミッション。

そのために自社メディアやSNS運用、
取材対応をはじめ、戦略を立てながら
広報部署の基礎づくりをお願いします。

新しく広報として立ち上げる部署。
まずはリーダーと二人三脚で、社内外への情報発信をしていきます。
スターティングメンバー採用のため、部署を作り上げていくやりがいも◎
「商品の魅力をこんな風に伝えよう!」「社員に自分たちの仕事の偉大さを知ってもらうには?」など、
経験とアイデアを活かしながら活躍してください!
心弾む壮大なトピックスが盛り沢山!
募集職種
広報スタッフ
雇用形態
正社員
給与
月給220,000円〜260,000円
※試用期間3ヶ月(期間中の給与:変更無し)
勤務時間
8:30〜17:30
休日・休暇
■変則週休2日制(土・日)
※年2~3回程度の土曜日出勤あり
【年間休日数120日】
■年末年始休暇
■GW休暇
■夏季休暇
■有給休暇 等
WEBで応募する
勤務地
〒581-0068 大阪府 八尾市 跡部北の町1-4-25
交通手段
(1)JR大和路線「久宝寺駅」徒歩5分
(2)JR大和路線「八尾駅」徒歩13分
(3)近畿日本鉄道「久宝寺口駅」車8分
応募資格
\新しいステージに挑戦したい方求む/
「経験を活かして成長したい」
「発信だけでなくアイデアも活かしたい」
そんなチャレンジ精神旺盛な方は大歓迎です!

自社・取引先問わず、プロモーション・広報などの
経験がある方なら、経験年数も問いません。
一緒に新部署を作り上げてみませんか?

【歓迎する経験・スキル】
◎広告代理店や制作会社での経験
◎クライアントのプロモ企画・制作・運用経験
◎メディア運営・SNS運用経験
◎ブランディング経験
◎撮影・デザイン・ライティングスキル
待遇
■年1回(4月)
■年2回(6月、12月)
■皆勤手当
■通勤手当
■家族手当
■各種社会保険完備
■退職金制度
■財形貯蓄制度
■5年単位勤続表彰
■年次表彰制度
■ファミリー会イベント(積立制度)
■クラブ活動(野球、ゴルフなど)
■慰安旅行 など
応募後の流れ
ここまでお読みいただきありがとうございます。
少しでも興味を持ってくださった方は
必要事項を記入の上ご応募ください。
追ってこちらよりご連絡させていただきます。

◆面接(2回)
*面接時はマスク着用可。
感染症対策を徹底していますのでご安心ください。
*オンライン面接もOK!

◆内定
面接終了後、2週間以内に結果連絡

◎面接日・入社日はご相談に応じます。
◎応募の秘密は厳守いたします。
WEBで応募する

会社概要

企業名
錦城護謨株式会社
所在地
〒581-0068 大阪府八尾市跡部北の町1-4-25
代表者名
太田 泰造
電話番号
072-992-2321
事業内容
◎工業品事業(ゴム関連)
工業用ゴム・樹脂製品の製造・販売(家電・事務機器・携帯電話・自転車・食品衛生機器・医療機器・自動車・重工業・ガス機器など)
【例】コピー機・プリンター部品、炊飯器部品、自転車ブレーキ、水泳キャップ

◎土木事業
軟弱地盤改良工事施工・工事材料(キャッスルボード)製造・販売・液状化対策工事施工

◎福祉事業
空間設定デザイン、誘導路設計施工
WEBで応募する

TAG

Written by

MY

MY

大学卒業後、生活情報誌の記者を経てキッズファッション誌の立ち上げに携わる。2007年から大手人材サービス企業にて5000件以上の制作業務を担当。2017年以降、営業責任者として従事しながら地域振興プロジェクトの広報、新規事業立ち上げも担当。2019年から障がい者雇用を推進するクリエイティブ系の新事業をスタート。現在、複数の法人立ち上げにも貢献している。