お問い合わせ

転職・副業

転職は20代でするべき?年齢別の転職戦略を伝授します

#キャリアアップ #転職 #年齢

キャリアアップを目指して、年齢を問わず転職する人が増えています。

中でも、20代のうちに転職をしている人は男女ともに多く、転職活動でそこまで苦労しなかったと感じる人も多いです。

一方で、しっかり戦略を考えないと転職できたとしても職場環境に合わないと感じることもあります。

そこで今回は、20代の方に向けて転職すべき最適なタイミングと年齢別の転職戦略についてご紹介します。

年齢が若いほうが有利?転職するのに最適なタイミング

統計トピックスNo.123『増加傾向が続く転職者の状況~2019年の転職者数は過去最多~』|総務省統計局

出典:統計トピックスNo.123『増加傾向が続く転職者の状況~2019年の転職者数は過去最多~』|総務省統計局

総務省によるデータからも、転職者数は2011年から2019年にかけて増加し続けていることがわかり、2019年の転職者数は2002年以降で過去最多の315万人となっています。

また、年齢が若ければ若いほど転職者数が多く、統計的にも年齢の若いうちに転職をしたほうが有利であることがわかります。

30代になってくると明確な実績や即戦力となるスキルの要求が顕著になるので、より条件の良い職場に転職できる人材は限られてきますが、20代前半は第二新卒としての採用枠が多く、大企業などが募集していることもあるので、年齢の若いほうが理想の環境を見つけやすいといえます。

【年齢別に解説】内定を近づけるには年齢によって転職戦略を分ける

転職は、年齢に応じて求められるレベルやスキルが異なります。

  • 20代前半(23~25歳)
  • 20代半ば(26~27歳)
  • 20代後半(28~29歳)

上記の3つの年齢別にご紹介していきますので、自身の年齢に合った戦略で転職を有利に進めましょう。

【20代前半】若さを活かしてポテンシャルを伝える


20代前半で転職する方は、ポテンシャルや熱意、人柄などを伝えることが重要です。

社会人になって、まだそれほど経験を積んでいないため、スキルや専門性を強く求められることは少ないです。

どちらかと言うと、ビジネススキルや専門性を身につけていくために必要な積極的な姿勢や熱意を伝えられると、第二新卒の求人を活かして転職できる可能性も高まります。

ただし、企業が「転職後にまた辞めてしまうかもしれない」という不安を感じることもあるので、企業研究を欠かさず、自身の性格やこれまでの経験から根拠をもって志望動機を伝えるようにしましょう。

【20代半ば】転職するに至った理由を分析し、これまでの経験を説明

20代半ばで転職する方は、自分が転職する理由を分析し、これまでの経験を説明することが重要です。

20代前半と同様に将来性も重視されますが、一方で社会人として基本的なビジネススキルや仕事に対する責任も求められるため、入社してから辞められると企業としても大きな痛手となります。

そのため、「転職しようと思った理由」によって結果が大きく左右されます。

  • 転職する理由
  • これまでの経験と実績
  • 積極的な姿勢や熱意

ゆえに、上記の3つを明確に述べ、企業に対してどのように寄与できるのかを説明することが大事です。

【20代後半】過去の実績で即戦力になることをアピール

20代後半は、即戦力となることを示すことが重要となります。

30代近い年齢になるとマネジメント力や部下や新人などを教育する能力、つまり周りの人達をまとめて指示を与えられるような即戦力となる人材が求められます。

そのため、過去の実績をエピソードを交えて具体的に説明したり、即戦力になるスキルなどを伝えることが大事です。


20代は年齢によって転職戦略を変える!注意点を押さえて理想の環境を

今回は、20代の方に向けて転職すべき最適なタイミングと年齢別の転職戦略についてご紹介しました。

年齢の若いうちから転職を意識することでキャリアアップを実現しやすくなりますが、注意点を押さえて転職しないと失敗してしまう可能性もあります。

年齢別の戦略を意識して、自分の強みを活かせる理想の環境を手に入れましょう!

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。