お問い合わせ

転職・副業

転職活動の平均的な期間とは?最短で終わらせる方法も解説!

#内定 #転職活動 #転職 #期間

4月や1月などキリがよいタイミングで転職入社したいと考える方も少なくありません。

その場合「4月に入社するとなると、転職活動期間ってどのくらいを考えておくとよいのだろうか?」と悩むのではないでしょうか。

そこで今回は、転職活動期間の目安や短期間で終わらせるコツなどを解説します。転職活動では計画性を持って行動するのが大切です。入社時期から逆算して考えていきましょう。

転職活動の平均的な期間は3~6ヶ月程度


転職活動にかかる平均的な期間は、3~6ヶ月程度だといわれています。転職活動は「転職準備」「応募から内定受諾まで」「退職準備」の3つに分けられますが、それぞれどのくらいの期間を要するのか解説します。

転職準備:2週間~1ヶ月程度

まず、求人に応募する前の転職準備期間は、2週間~1ヶ月程度。この期間で、転職活動を始めるにあたって自己分析したり、どういった方針で転職活動を行うのか決めたりします。

転職を意識した際には、現状に不満を抱えている可能性もあるのでしょう。その不満を解消するという目的を達成するために、どういった労働条件を重視するべきかよく検討してください。

転職活動を進めていくなかでうまくいかないことが重なると、ついつい内定をもらうことがゴールになってしまいがちです。

転職したことによって、さらに労働環境が悪化することもよくあること。自分にとって適した職場であるかきちんと見定めるために、この転職準備期間は必要不可欠です。

応募から内定受諾まで:3ヶ月程度

転職活動の方針が決まってから、求人に応募したり選考を受けたりするようになります。

この応募から内定受諾までの期間は本当に人ぞれぞれですので、一概には言い切れません。しかし、目安の期間は3ヶ月程度だといわれています。

平均的な応募書類選考通過率は2割程度。その後、面接が続きますが、スムーズに進んだ場合でも内定通知を受け取るまで最低1ヶ月程度はかかるでしょう。

とくに大企業であれば、3次面接や4次面接まであることも少なくありません。3ヶ月程度かかる場合があることも考慮しておきましょう。

在職中の転職活動の場合、業務と調整しながら面接日を決めていくので、1次面接と2次面接のあいだが空くこともあります。その分、転職期間は延びるわけですので、余裕を持った行動を心がけるとよいでしょう。

退職準備:1ヶ月半~2ヶ月程度

在職中の転職活動であれば、内定受諾後にすぐ転職できるわけではありません。現職の業務引き継ぎや退職手続きが必要です。

とくに、役職に就いていたりプロジェクトのリーダーをやっていたりすると、業務引き継ぎには時間を要するでしょう。

もう辞めてしまう会社ですが、きれいに去るためにきちんと担当業務のマニュアルを作成したり、後任者に指導したりしたいところです。上司とよく相談しておかないと、後任者がなかなか決まらないといったトラブルも起こりかねません。

当初予定していた入社時期から遅れてしまうと、これからお世話になる会社に良くない印象を持たれてしまうかもしれないので、調整は念入りに行ってください。

退職準備期間は、1ヶ月半~2ヶ月程度を見込んでおきましょう。

転職相談をご希望の方はこちら

転職活動期間は人それぞれ


転職活動の平均的な期間は、3~6ヶ月程度だとお伝えしましたが、あくまでも目安と捉えてください。人によっては、1ヶ月程度で決まることもあります。

その一方で、6ヶ月以上経っても、最終面接で落ちてばかりという方もいるものです。

転職活動期間は人それぞれですが、転職準備をしっかり行うと早く内定をもらえ、転職活動をスムーズに終えられる可能性が高まります。

次は、転職活動の準備期間に押さえたいポイントについて解説します。

自己分析や企業分析を徹底して行う

転職で意識されることが多いのが、応募書類の精度や面接での受け応えでしょう。応募書類の精度を上げたり、面接で的を射た回答をしたりするためには、自己分析や企業分析を徹底して行わなければいけません。

まず、応募書類の精度を上げたり、面接で的を射た回答をしたりするためには、自己分析や企業分析を徹底して行わなければいけません。

5~6社に応募しただけで1ヶ月ほどで内定をもらえた人の多くは、自己分析や企業分析を重視しています。

転職は、多くの企業を受けたらよいというわけではありません。数十社受けても結果が実らない人も多々見受けられます。

自己分析や企業分析は、はっきりとした終わりがなく、どこまで追求すればよいのか判断がつきにくいですが、自信を持って転職活動での重要な判断を行えるようになっておくべきでしょう。

志望動機を固めておく

志望動機を固めて、早期に転職での軸を定めるのは大切なことです。志望動機は「会社を志望する理由」と「職種を志望する理由」の2つに分けられます。より重視されやすいのが、会社を志望する理由です。

会社としては、早期退職者を減らしたい意向があります。会社と社員のミスマッチを防ぐために「なぜ、他社ではなく自社を選んだのか?」という点を聞きたいのです。

履歴書には志望動機を書く欄があり、面接でもよく聞かれる質問です。内定を獲得するためには、必ず通らなければいけない課題だと認識しましょう。

転職活動を短期間で終わらせるコツ


最後に、転職活動を短期間で終わらせるコツについて解説します。世代別に考えていく必要があるため、自分の年齢ではどのような点に気を配るべきか確認してください。

20代:事前にスキルアップしておく

20代は、業務経験が少ないことを考慮して、自分の長所や短所を理解し、スキルアップをしたりポテンシャルを明確に打ち出せたりできるようにしておくとよいでしょう。

30代以降であれば「10名のメンバーをまとめるプロジェクトリーダーになり、半年間のプロジェクトを成功に導きました」といったアピール方法もできるかもしれません。

この実績があるなら、プロジェクトマネジメント能力やコミュニケーション能力に長けていると判断されることもあるでしょう。

しかし、20代ではまだまだ未経験なことも多いはずです。とはいえ、潜在的に持っている能力もあるので、将来は管理職になったり会社に貢献できたりする素質を秘めているといった根拠を提示できるように、スキルアップやスキルの棚卸しを行ってください。

30代:早めに引き継ぎしておく

30代は、責任あるポジションに就いていることも多いので、退職準備に手こずることも多くあります。早めに退職する意向があることを上司に伝え、引き継ぎや後任者選びを早期に行ってください。

40代:家族とよく相談しておく

40代は、子どもが大学生や専門学生になってお金がかかるころです。そのため、給料が減るリスクも考慮したうえで、家族とよく相談してください。

家族の理解を得ておかないと、大切なものを失ってしまうかもしれません。

全世代:転職エージェントを利用する

転職活動を短期間で終わらせた人は、複数の転職エージェントを活用しているケースが多いです。複数の転職エージェントを併用することで、より相性のよいコンサルタントを見極めています。効率性を重視するのは大切な観点です。

複数社を並行して受ける

また、1社にだけ注力するのではなく、複数社を並行して受ける合理性も求めるとよいでしょう。転職では「結果待ち」という期間があるので、1社ずつ受けていくのはタイムロスになります。

転職活動期間は3~6ヶ月程度!焦らず前向きに


転職活動の期間は、3~6ヶ月程度が目安です。しかし、個人差があるものですので、あまりこの期間に強く縛られるのはおすすめできません。

転職活動を始めてから4ヶ月過ぎても「私は転職活動に時間がかかっている…」と不安になったり焦ったりする必要はなく、前向きに取り組み続けましょう。

転職先は、焦って見つけるものではありません。ゆっくりじっくり検討しましょう。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

YURI

YURI

大阪府出身のライター。 小説、ラジオ、美容コスメ、韓国をこよなく愛する。 大学卒業後、大手アパレル、英語教育サービスを経て、ライターに転身。 『話してくれた人の想いをきちんと届けること』がモットー。