お問い合わせ

転職・副業

転職の面接で好印象を残せる自己紹介の仕方とは

#面接 #転職 #自己紹介 #好印象

転職の面接では、最初に自己紹介を求められることが多いです。この自己紹介を軽視する人もいますが、決して軽視していいようなことではありません。面接官は自己紹介も大きな評価ポイントと考えています。

今回は、転職面接での自己紹介が求められる理由や押さえておきたいポイント、回答例などについてお伝えしていきます。

転職面接で自己紹介を求められる理由

はじめに、転職面接で自己紹介を求められる理由について把握しておきましょう。その理由はシンプルで、応募者の経歴やスキルを大まかに把握すること、その経歴の中で自社に活かせるものなのかということ、そして人柄を見るためです。

もちろん、いくら面接官とはいえ短い自己紹介ですべてを判断するのは難しいでしょう。しかし、自己紹介は面接官との対話における第一印象に大きく関わってきます。そのため、自己紹介だからといって軽視はせず、しっかりとした準備が必要なのです。

「自己紹介」と「自己PR」の違い

自己紹介と自己PRは似ていますが、これらには明確な違いがあります。

・「自己紹介」について
自己紹介とは、自分の氏名や人柄など文字通り自分について紹介すること。面接の前に、自分という人間を知ってもらう目的があります。

・「自己PR」について
自己PRも文字通りの意味で、自分の強みや魅力をアピールすること。自分が入社することで、企業にどんなメリットがあるのか?どんな利益をもたらすことができるのか?を伝える目的があります。

このように、それぞれ違いがあります。基本的には自己紹介よりも自己PRのほうが内容は濃くなるので、それだけ話す時間も長くなります。

基本的に面接では、「自己紹介をお願いします」もしくは「自己PRをお願いします」というように、どちらか一方が求められることがほとんど。そのため、求められたほうに対して、的確な答えができるように準備しておきましょう。

転職面接の自己紹介を成功させるポイント


自己紹介は面接を成功させる大きな要素の1つ。ここからは、面接の自己紹介を成功させるポイントについて解説していきます。

自己紹介で話すべき内容

自己紹介では、以下の3つの内容を話すと良いでしょう。

・氏名
まずは、「〇〇と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします」というように、氏名を伝え挨拶をしましょう。

・前職または現職について
仕事を退職している場合は前職について、今も働いている場合は現職についての話をしましょう。職種や自分が所属している部署、仕事内容を簡潔に伝えます。また、仕事においての実績や成果をアピールすることで、面接官の評価が上がるでしょう。

・締めの言葉
締めの言葉では、自己PRのように詳しく話す必要はありませんが、自分の強みについて簡単に伝えられると良いです。そして、最後には入社への意気込みを伝えると好印象に。

自己紹介をする時間

自己紹介をする一般的な時間の目安は、特に指定がない限り30秒~1分程度です。だらだら長すぎては評価が下がってしまう可能性がありますし、逆に短すぎても良い評価は得られないでしょう。

そのため、伝えたい要点をまとめて30秒~1分で話せるかのシミュレーションをしてみることをおススメします。ぴったり30秒や1分である必要はありません。おおよそで構いませんので、練習してみましょう。

自己紹介での話し方

自己紹介というのは、面接の1番最初に求められることが多いため、第一印象にも影響を与えます。暗い表情でボソボソと話してしまうのは良い印象を持たれないでしょう。

また、「入社する意欲がないのでは?」と思われてしまう可能性もあるので覚えておいてください。自己紹介に限らず、話すときは面接全体通して以下のことに気をつけましょう。

・猫背にならず「姿勢を正す」
・緊張してもできるだけ「早口にはならない」ように
・面接官に聞こえやすいように「ハキハキと話す」
・あまり硬くならず「明るい表情」で

面接というは、どうしても緊張してしまうもの。ただ、緊張することは決して悪いことではありません。「緊張するのは当たり前」という心構えをしておくようにしましょう。

自己紹介の丸暗記はNG

自己紹介の対策として、丸暗記を考える人も少なくありません。暗記したことを話す際には、感情がこもっていなかったり、抑揚がなかったりします。

そのため、文章をただ読み上げているような印象を受けるばかりか、不自然になってしまいます。自己紹介をすべて丸暗記するのではなく、要点のみを覚えるようにしましょう。

例えば、先述したように自己紹介で話す内容として「氏名」「前職または現職について」「締めの言葉」この3つの要点を覚えておけば、おのずと話す内容も浮かんでくるはずです。

ハレダスに転職相談をする(無料)

転職面接で好印象!自己紹介の回答例


面接でのポイントや話し方についてお伝えしてきたところで、ここからは自己紹介の回答例について紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

自己紹介の回答例1

〇〇と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

私は、事務業務に5年間従事してまいりました。特定の部署に限らず、経理事務、営業事務、総務事務など様々な事務経験を積んでおります。

業務をミスなく、迅速で柔軟な対応ができるところに強みがあると感じております。

これまでの経理業務の経験を活かし、御社では他の部門がスムーズに業務を遂行できるように会社全体をサポートしていきたいと考え、応募させていただきました。

自己紹介の回答例2

〇〇と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

これまで私は、Web制作会社でデザイナーの仕事に3年間従事してまいりました。業界問わず、多くの企業様のホームページやランディングページのデザインを手がけてきており、アクセス数の向上や売上の向上に注力してきました。

その結果、私が制作したデザインによって月の売上を10%向上させることができた企業様もいらっしゃいます。これまでの経験を活かし、御社のクライアントにご満足いただけるようなデザインを手がけていきたいと考えております。

自己紹介の回答例3

〇〇と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

私は、法人営業に6年間従事してまいりました。特に注力していたのは、顧客満足度に関してです。顧客の満足度を高めることで、結果的に売上に繋がると考え、業務を遂行してきました。

その結果、営業部門約100名中、上位5%の成績を上げることができました。御社では、これまでの経験を活かし顧客に満足していただくだけでなく、しっかりと売上向上に繋がるように尽力していきたいと考えております。

まとめ

転職面接における自己紹介を軽視する人もいますが、決して軽視するべきことではなく、合否を左右する重要な要素の1つです。

自己紹介はダラダラ長く話すのではなく、要点をまとめ、簡潔に話すのが成功のポイント。また、話す長さや内容だけでなく、話し方にも注意する必要があります。今回お伝えしたことを踏まえ、好印象を与えるような自己紹介をしてください。

ハレダスに転職相談をする(無料)

TAG

Written by

山本 恵美

山本 恵美

大学卒業後、生活情報誌やファッション雑誌の記者・編集を経て、株式会社マイナビに入社。 15年間、人材サービス(就職・転職・障がい者採用)の分野において5000社以上の企業広告を担当。 2020年に起業し「合同会社綴」を設立。現在は企業取材・広報のほか、採用コンサルティングやキャリアアドバイザー業務等も行っている。