お問い合わせ

初めての就職

就活における適切な前髪は?流せない時のセットの仕方やおすすめのスタイリング剤をご紹介

#就活 #前髪 #流せない #セット

ルールが明確になっていない就活の身だしなみ。服装は多くの場合がスーツのため、悩む心配は少ないですが、難しいのが前髪を含めた髪型のルールです。そこで今回は、就活に適切な前髪や男女別の前髪のセット方法、おすすめのスタイリング剤まで紹介。万全の体制で就活に臨みましょう。

就活で好印象を与える前髪の基本

企業説明会や面接などで採用担当者に好印象を与えるためには、清潔感が大切です。前髪で清潔感を出すには、前髪が目にかかっていないこと、できるだけ額と眉毛を出すこと、この2点が基本です。

また、動いたときに前髪が崩れないようにすることも重要なポイント。前髪が乱れてその都度直していると、相手とのコミュニケーションに集中できなくなり、企業の担当者にも不快感を与えるきっかけになります。そうした事態が起こらないように、ヘアピンやスタイリング剤を利用して崩れないように対策しましょう。

【女性】就活におすすめ!前髪のセット方法


女性の前髪はアレンジが豊富ですが、今回は企業説明会や面接などで好印象を与える3つの前髪のセット方法を紹介します。

1.定番の斜め前髪

斜め前髪とは、前髪を左右どちらかに自然に流したスタイルのこと。好印象を与える基本でも紹介した条件を全てクリアしているスタイルであり、表情がはっきり見えるので明るく爽やかな印象を与えます。そのため受ける業界や職種問わず汎用性の高い髪型です。

綺麗に斜め前髪にする方法

1.まずは2つのマジックカーラーを準備します。上下2段に分けて、下の段の前髪から巻いていきましょう。根元までしっかり巻き込んだら、ドライヤーの弱風で温めます。数十秒間当てたら、冷めるまでカーラーを外さず待機してください。

2.熱を感じなくなったらカーラーを外し、カールがついた前髪を手ぐしでかき上げます。オールバックにするイメージで大胆にかき上げてください。髪がサラサラ、もしくは短めですぐに戻ってきてしまう場合は、硬めのワックスを少量手に伸ばし、もう一度かき上げましょう。

3.ふんわりと立体感が出たら、かたちを整えてキープします。コームを準備し、流れる前髪の方向の生え際の近くにコームの柄の部分を当てます。時間が経つにつれて少し落ちてくるので、両方の眉毛がきっちり見えるくらいに整えておくのがおすすめです。

4.前髪が目にかかっていないか、額と眉毛が出ているかを確認し、大丈夫であればハードスプレーでキープします。近づけすぎないよう、20センチ程度離れた位置からスプレーをかけてください。 5.動いたときに崩れないよう確認し、大丈夫であれば完成です。

2.センター分け

センター分けの前髪とは、前髪を5:5にして真ん中で分けて流しているスタイルです。インテリジェンスかつ大人な印象を与えられるので、丸顔の人やおでこが広い人、顔が左右対称な人に特におすすめです。

センター分けの前髪にする方法

1.髪全体を水で濡らし、濡れた状態で前髪を半分に分けます。

2.5:5で分けた前髪を左右それぞれの方向に優しく引っ張るようにしてドライヤーで乾かします。

3.乾かしたあとは、ヘアスプレーを使って全体を軽く固定すれば完成です。長い場合はヘアピンを使用して崩れないように注意しましょう。

3.オールバック前髪

オールバック前髪とは、前髪を後ろの髪と一緒にまとめたスタイルのこと。前髪が顎下より長い人に適したスタイルです。知的かつ華やかな印象で、額もすべて出しているので表情も晴れやかに見えます。

オールバック前髪にする方法

1.前髪をまんべんなく濡らし、その後流れに逆らうように髪をかき上げます。

2.ドライヤーの風を当て、後ろに流れるように優しく引っ張りながら乾かします。

3.きちんと乾いて流れができたら、、ワックスやジェルをなじませた手でかき上げるようにセットしていきます。後ろ髪と一緒にまとめる際、後れ毛が出ないように意識してください。

4.前髪と後ろ髪が綺麗にまとまったら、最後にヘアスプレーをかけて完成です。

【男性】就活にぴったり!前髪のセット方法


続いては男性の就活に適した前髪のセット方法を紹介。男性は女性に比べるとアレンジの種類は少ないですが、アップバングとセンター分けでは印象をガラッと変えられます。与えたい印象によってセレクトしてみてください。

1.アップバング

アップバングとは、前髪を立ち上げるスタイルのことです。前髪が短めの人におすすめのスタイルで、清潔感やフレッシュな印象を与えます。基本的にどんな業界の説明会や面接にしていっても問題ないでしょう。

アップバングにする方法

1.まず前髪をしっかりと濡らします。

2.まんべんなく濡らしたら、鼻から上に向かってドライヤーで乾かしましょう。

3.髪が乾いたらスタイリング剤を使って仕上げます。ヘアスプレーなら全体に振りかけ、ワックスの場合は毛先中心に軽くつけてください。整髪料を付けすぎると清潔感がなくなってしまいますので、付けすぎには注意が必要です。

2.センター分け

センター分けはその名の通り、前髪の分け目が真ん中にあるスタイルのこと。知的かつ落ち着いた印象を与えたい人におすすめです。おでこが広い人や丸顔の人、顔が左右対称な人に特に似合います。

センター分けにする方法

1.まず髪全体を水で濡らし、濡れた状態で前髪を半分に分けます。

2.5:5で分けた前髪を左右それぞれの方向に優しく引っ張るようにしてドライヤーで乾かします。

3.ドライヤーで乾かしたあとは、ヘアスプレーを使って全体を軽く固定すれば完成です。

関連記事就活中に好印象な男性・女性の髪型とは?美容院での頼み方も解説

就活の前髪の味方になるスタイリング剤


きちんと整えた前髪をキープするためにはスタイリング剤が必要です。ここでは長時間きちんとキープしてくれるおすすめのスタイリング剤を紹介します。

ソフトタイプスプレー

ヘアスプレーにはソフトタイプ、ハードタイプなど、さまざまな種類が発売されています。その中でも就活には、ソフトタイプのスプレーがおすすめです。ソフトタイプのスプレーは、整えた前髪をガチガチに固めることなく、自然にキープしてくれます。ソフトタイプの中でも無香料のものを選ぶと、不快感を与える心配もありません。

定番は花王の「ケープ ナチュラル&キープ」。ナチュラルに仕上げてくれる商品で、ドラッグストアで数百円で購入できます。

スティック型ワックス

スティック型のワックスは、前髪の根元やあほ毛を抑えたいときに便利なスタイリング剤です。出先でも持ち運びやすく、髪型が崩れた際にさっと整え直すことができるアイテム。

スティック型ワックスのおすすめは、マトメージュの「まとめ髪スティック」です。手を汚さずにあほ毛や後れ毛など、まとまりにくい髪の毛をまとめることができる優れものです。Amazonや楽天市場などのECモールでも購入できます。

まとめ

就活の採用面接において、身だしなみの清潔感はとても大切であり、髪型は清潔感の有無を判断する重要なポイントです。前髪が目にかかっていないこと、できるだけ額と眉毛を出すこと、動いたときに崩れないこと、この3点を基本に、今回紹介したセット方法やスタイリング剤を参考にしてみてくださいね。

就活相談をご希望の方はこちら(無料)

TAG

Written by

山本 恵美

山本 恵美

大学卒業後、生活情報誌やファッション雑誌の記者・編集を経て、株式会社マイナビに入社。 15年間、人材サービス(就職・転職・障がい者採用)の分野において5000社以上の企業広告を担当。 2020年に起業し「合同会社綴」を設立。現在は企業取材・広報のほか、採用コンサルティングやキャリアアドバイザー業務等も行っている。