お問い合わせ

転職・副業

子持ちの女性が転職を考えるタイミング!転職成功させる4つのコツ

#転職 #子持ち #タイミング

「仕事と育児を両立しやすい職場に転職したい」「転職失敗して家族に迷惑をかけたくない」そんな風にお悩みではありませんか?

転職は、今後の人生を大きく左右するので、深く考え込んでしまいますよね。戦略的に転職活動を進めると、子持ちの女性も納得のいく転職を成功できるはずです。

今回は、子持ち女性の転職事情について詳しくまとめました。子連れママの転職は厳しいのか現状を把握したうえで、「転職したいと考える理由」や「転職成功させるコツ」を徹底解説。

本ページを参考に転職活動を進めることで、理想的なワーママライフを実現できる職場に転職成功できるでしょう。

【20代・30代】子持ち女性の転職は厳しい?

子連れの転職の現状

「子持ちの女性は転職できない」「独身よりも不利」といったイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、20代~30代の子持ち女性の転職は、現実的にそれほど厳しくありません。

厚生労働省が公表している転職入職者の状況によると、20~30代は転職入職率は上昇傾向にあります。

 

厚生労働省

一方、40代~は転職入職率が下降しているので、難易度が高くなります。転職を考えているなら早めに転職活動を進めた方が有利だと言えるでしょう。正しく転職活動を進めると、産休や育休を取得してブランクがある女性も転職成功できます。

基本的に「無職期間」が長い人は、転職が不利になるケースも多いですが、子持ちの主婦であれば正当な理由があるので、企業側もブランクをマイナス要因として捉えることはないでしょう。

子持ちの20代~30代の女性が転職したい理由

子連れ女性転職したい

20代~30代の子持ち女性は、転職を視野に入れる人が多いです。その理由は次の3つ。

  • 家事や育児と仕事を両立させたい
  • 仕事にやりがいを求めている
  • 家計を支えたい

共感できる理由が見つかるかと思います。

家事や育児と仕事を両立させたい

子育ては、やってみないと大変さが分からないものです。実際に、子どもが生まれて育児と家事をはじめて「仕事との両立は無理かも」と感じるママがほとんど。

産休や育休を取得していても、ほかの柔軟な職場環境で働きたいと考える方も多いです。子持ち女性への理解があり、残業がなく、時短勤務できるなど融通の利く職場を探すママも。

仕事にやりがいを求めている

家庭を最優先で考えると、パートや派遣などの働き方を選ばざるをえないケースもあるでしょう。しかし独身時代にキャリアや夢を大事に働いてきた女性ならば、物足りなく感じてしまうはず。

「学生時代に取得した資格を活かしたい」「もっとスキルや経験を活かしたい」という強い気持ちがあるなら転職して一歩を踏み出すべきです。

子どもが保育園や幼稚園、小学校へ行き、ひと段落ついたころに転職活動すると良いでしょう。

家計を支えたい

子どもを1人育てるためには、お金がかかるので家計を支えるために転職を検討する人も多いです。内閣府は、乳幼児期における子育て費用は約440万円と公表しています。

乳幼児期にかかる費用

さらに小学校や中学校などの義務教育の時期でさえ、莫大な出費が予測されるので高収入な職種への転職を目指す人も。

「子どもに不自由な思いをさせたくない」という強い親心から前向きに転職活動をはじめているようです。

子持ちの女性が転職を考えるタイミング

子連れで転職

子持ちの女性が転職を考えるタイミングは、次の3つが多いようです。

  • 子どもが3歳になるころ
  • 子どもが小学生に入学するころ
  • 子どもが小学生の高学年になるころ

いずれも子どもから少し手が離れるタイミングに転職を考える女性が多いことが分かります。

しかし、「転職したい」と思うタイミングに正解はないので、不意に感じたときがベストタイミングだと言えるでしょう。

「子どもが小学生に入学するからこのタイミングで転職しなくては」と焦る必要はありません。

子持ちの女性が転職を成功させる4つのコツ

子連れの転職方法

子持ちの女性が納得のいく転職を成功させるために、下記の4つのコツを押さえておきましょう。

  • 子持ちが働きやすい環境であるかを確認する
  • 面接の回答をあらかじめ用意しておく
  • 妥協できない条件を決めておく
  • キャリアアドバイザーに相談する

20~30代の女性は、転職成功しやすい年齢です。しかし独身と既婚者では、時間の融通が利く独身の方が採用されやすいのも事実。

戦略的に転職活動を進めなければ失敗してしまうので、上記のコツをしっかり確認してくださいね。

子持ちが働きやすい環境であるかを確認する

「子持ちの女性への理解」や「融通が利くのか」は、最低限把握しておきたいところです。

勤務時間や年収の方が目につくので、労働環境の確認が疎かになってしまうケースも。

下記の5つをチェックして子連れでも無理なく働けるかを確かめてくださいね。

  • 通勤時間はどのくらいか
  • 産休育休制度があるか
  • 勤務時間の融通がきくか
  • 子持ちの女性がどのくらい在籍しているか
  • 長く働き続けられそうか

主婦層が多い職場は、比較的に働きやすい傾向にあります。主婦の人数は、採用担当者に面談で聞くこともできますが緊張して上手く質問できないこともあるでしょう。

転職支援サービスは、企業の内部事情を把握している場合もあるので、積極的に活用して働きやすい職場を見つけてくださいね。

面接の回答をあらかじめ用意しておく

面接のよくある質問には、スムーズに答えられるように回答を用意しておきましょう。また、子持ちの女性に対し、下記の項目を確認しておきたい企業も多いはずです。

  • 家族や親族、保育園など周囲のサポートはどれくらい受けられるのか
  • 子どもの年齢
  • 今後の出産の予定
  • 長く働き続けられるのか

面接官としては、採用するなら長く働き続けられる人を選考したいと思うでしょう。

とくに周囲の協力をどれくらい受けられるかは重要なポイントです。子どもが急に発熱した際、旦那や祖父母が代わりにお世話ができるのであれば、安心して採用できます。

もし、緊急時に母親しか対応できないのであれば、素直に伝えておきましょう。

妥協できない条件を決めておく

納得のいく職場へ転職するためには、条件に優先順位をつけることが大切です。

誰にでも働くうえで妥協できないポイントがいくつかあるかと思います。具体的には、下記のような条件を持っていることが多いです。

  • 託児所完備の職場で働きたい
  • 17時に退社できる・残業がない職場で働きたい
  • 人間関係が良好な職場が良い
  • 給料が高くてやりがいのある仕事に就きたい

上記のような条件をすべてを満たす職場を探して、転職成功するのは至難のワザ。

優先順位をつけて上位3つは満たせる職場を見つければ、理想と現実の差が少なくなるはずです。

キャリアアドバイザーに相談する

自分ひとりで転職活動をするのは、限界があるのでキャリアアドバイザーに相談をしましょう。

キャリアアドバイザーとは、転職支援を実施している会社(転職サイト・転職エージェント)などに在籍しています。

無料で転職相談ができるうえに、書類の添削や模擬面接、年収交渉の代行まで手厚いサポートを受けられるので積極的に活用するべきです。

育児や家事にあわせて現在、仕事をしている方は、多忙のなか転職活動を進める必要があります。いかに効率よく理想の職場へ転職するかが重要になるので、プロに相談しながら進めてくださいね。

自分では思いつかない多角的なアドバイスをもらえるので、今後のキャリアに活かせるはずです。

\無料でキャリアアドバイザーに相談/
転職相談をご希望の方はこちら

子持ち女性の転職に関するよくある質問

いざ転職しようと考えると、さまざまな疑問や不安に直面するかと思います。ここでは、疑問や不安な事柄を払拭するために、よくある質問に徹底回答!下記のなかで気になる項目があればぜひチェックしてみてくださいね。

  • 子持ち女性の転職が有利に働く資格は?
  • 在宅・時短で働ける職場を探す方法は?
  • 30代の子持ち女性が転職先に選ぶべき職種は?

Q.子持ち女性の転職が有利に働く資格は?

A.転職に役立つ資格を業界別にまとめました。

職種・業界

資格

事務

秘書検定・MOS

金融業界

ファイナンシャルプランナー・証券外務員資格

不動産業界

宅地建物取引士・管理業務主任者

ただし、資格取得に多くの月日を費やすのは、遠回りのように感じます。キャリアアドバイザーの力を借りれば、無資格でも効率よく転職成功できるので一度相談してみてくださいね。

Q.在宅・時短で働ける職場を探す方法は?

A.転職支援サービスを利用して探しましょう。

転職する際に、転職サイトやハローワークなどで仕事探しをする方も多いかと思います。転職支援サービスでは、キャリアアドバイザーに無料で相談しながら転職活動を進めることができるのでおすすめです。

オンライン面談を行っている転職支援サービスも多いので、自宅で気軽に相談できるメリットも。市場では出回らない非公開求人を保有していることも多く、在宅や時短で働ける優良求人まで紹介してもらえます。

Q.30代の子持ち女性が転職先に選ぶべき職種は?

A.IT業界や介護・福祉など人手不足が深刻化している職種は、未経験でも採用されやすい傾向にあります。

また、事務や経理、秘書など経験やスキルを活かせる職種は、ブランク有り・子持ちでも仕事に大きな影響がないので内定獲得しやすいようです。

子持ちの女性こそ納得のいく転職を成功させよう

転職成功させよう

子持ちの女性は、仕事と家事、育児を両立させなければならないので少しでも働きやすい職場へ転職するべきです。

自分の負担を軽減させることに重きを置いて、お子さまとゆとりのある生活を送りましょう。

転職に関する不安や疑問を抱えている方や「ここで働きたい」と思える職場が見つからない方は、一度キャリアアドバイザーに相談してくださいね。

\優秀なキャリアアドバイザーが在籍/
転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

Nao

Nao

はじめまして、福岡在住のWebライター Naoと申します。大手スポーツジムのトレーナーを経てライターに転身。趣味は、身体を動かすことと美味しいコーヒーを飲みながらライティングすること!ハレダスの読者様に有益な情報をお届けできるよう1文字1文字丁寧にライティングして参ります。