お問い合わせ

転職・副業

働きながら転職する3つのメリット!在職中の転職が難しい理由

#転職 #メリット #在職中 #働きながら

働きながら転職するのは難しそう」「ただでさえプライベートな時間を取れないのに、転職活動なんて無理」と考えている人も多いでしょう。働きながらの転職は、活動時間が自由に作れなかったり、仕事の疲れで思うように転職活動を進められなかったりするので大変です。

しかし、在職中の転職は「大変さ」に上回るほどのメリットがあります。今回は、在職中に転職するメリット・デメリットを徹底解説!「現職の仕事」と「転職活動」を両立するコツもご紹介するので、働きながら転職成功したい人に必読です。

働きながら転職する3つのメリット

働きながら転職する3つのメリット

働きながら転職活動をするメリットは、次の3つです。

メリット1.ブランク期間がない
メリット2.収入の不安がない
メリット3.転職活動を中断できる

在職中に転職活動をはじめるべきか迷われている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

メリット1.ブランク期間がない

在職中に転職すると、ブランク期間が発生しないことがメリットです。職歴にブランク期間がある求職者に対して、以下のような不安を抱く採用担当も。

「働くことが好きではないのかな?」
「無職期間にスキルや社会人としてのマナーが鈍っていないかな?」

空白の期間がなければ、採用担当者に懸念される可能性がなくなります。無職期間が長い求職者よりも内定を獲得しやすくなるので、在職中に転職するべきです。

メリット2.収入の不安がない

退職後に転職活動をスタートする場合、経済的な不安と隣り合わせになります。在職中であれば、毎月給料が振り込まれますが、退職後は、収入が0になるので気持ちに焦りが出てしまうでしょう。

貯蓄が減っていくことに焦りを感じ、本来の希望とは違った企業に転職してしまうケースも。
在職中に転職すれば、収入がストップすることがないので気持ちにも余裕を持って行動できるはずです。

メリット3.転職活動を中断できる

在職中であれば、転職活動が上手くいかなかった場合、中断することができます。自分の希望にあう転職先が見つからないケースも珍しくありません。

「退職しなければよかった」と後悔しないためにも、転職活動は在職中にはじめた方が良いでしょう。

働きながら転職するデメリット!難しい理由とは?

働きながら転職

在職中の転職は、メリットだけでなくデメリットも存在します。

  • 活動時間に限りがある
  • 入社時期がスムーズではない

2つのデメリットを把握したうえで、働きながら転職するか検討しましょう。

活動時間に限りがある

在職中であれば、転職活動に使える時間が限られています。企業の情報収集をしたり、書類作成や面接の練習をしたりと転職には多くの時間が必要。

現職が有給休暇を取得しにくい場合は、面接の日程を合わせづらくなるでしょう。連絡を取りやすい時間帯をあらかじめ応募企業に伝えておくことで、働きながらの転職を両立できるはずです。

入社時期がスムーズではない

退職後に転職活動をはじめる場合、面接官に「いつからでも働けます」と伝えられるでしょう。一方、在職中であれば、引継ぎや代わりの人材が見つかるまで退職できないケースも。

その場合、1~2ヶ月程度なら待ってくれる企業もあります。しかし、3ヶ月以上入社日が決まらなければ、採用を見送られる場合もあるでしょう。

現職の仕事の状況を見て、転職活動をスタートすると良いかもしれません。

働きながらの転職を成功させる3つのコツ

働きながら転職

働きながら転職活動するのは、決して簡単なことではありません。しかし計画的に進めると、気持ちに余裕を持ちながら転職成功できます。

ここでは、意識するべき3つの成功ポイントをお伝えするのでチェックしましょう。

1.退職時期にあわせてスケジュール調整をする

スムーズに転職成功させるには、転職活動の流れを把握しておくべきです。一般的に転職活動に必要な期間は、3ヶ月と言われています。

スケジュール

内容

1ヶ月

自己分析

転職計画

情報収集

2ヶ月

応募・書類選考

面接

3ヶ月

内定

引継ぎ・退職

また、現職で円満退職できる期間を考慮したうえで計画を立てると良いでしょう。

たとえば、自分の代わりになる人材が居るならば、1ヶ月前後で引継ぎが完了します。しかし自分の代わりの人材を採用する必要がある場合は、半年以上かかる可能性も。

現職に迷惑がかからないタイミングで退職日を検討し、逆算して転職活動を進めましょう。

2.オンライン面接を活用する

コロナ禍以降、多くの企業がオンライン面接を導入しています。応募企業に足を運ぶ時間を省けるメリットがあるので、積極的に活用しましょう。

日程調整しやすいため、より多くの企業の面接を受けられるようになります。面接で採用担当者と直接会話をすると、応募企業の社内の雰囲気を掴むことも可能です。

自分と相性の合う企業を見極めることができるので、転職成功しやすくなるでしょう。

3.転職サポートを受ける

在職中の転職は、時間に限りがあるので転職サポートを受けて効率的に行いましょう。転職サポートの具体的な内容は、転職相談から求人紹介、書類添削、模擬面接まで幅広い支援を受けられます。

転職のプロに客観的なアドバイスをもらえるので、自分では思いつかないような企業を見つけられるケースも。

当サイト「ハレダス」は、優秀なキャリアアドバイザーが在籍しています。無料で転職相談を受け付けているのでぜひお気軽にご相談ください!

\無料でキャリアアドバイザーに相談してみる/
転職相談をご希望の方はこちら

働きながら効率よく転職を成功させよう

働きながら効率よく転職を成功させよう

働きながら転職活動するのは、時間に限りがあったり、退職日の調整をしにくかったりするので難しいと言えるでしょう。

しかし在職中に転職するメリットを考えると、働きながら転職活動をした方が良いと思えるはずです。

働きながら転職するメリット

メリット1.ブランク期間がない
メリット2.収入の不安がない
メリット3.転職活動を中断できる

ハレダスの転職サポートを受けて、仕事と転職活動を両立させましょう。転職活動を効率よく進めて理想の働き方を実現してくださいね。

\無料でキャリアアドバイザーに相談してみる/
転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

Nao

Nao

はじめまして、福岡在住のWebライター Naoと申します。大手スポーツジムのトレーナーを経てライターに転身。趣味は、身体を動かすことと美味しいコーヒーを飲みながらライティングすること!ハレダスの読者様に有益な情報をお届けできるよう1文字1文字丁寧にライティングして参ります。