お問い合わせ

転職・副業

営業企画に必要なスキルは4つ!仕事内容や転職するメリットを解説

#就職 #営業 #転職 #営業企画

営業企画は企業の売り上げに関わる責任の大きい仕事です。そのため、未経験の方には、ややハードルが高いかもしれません。しかし、すでにコミュニケーションスキルや分析スキルなどを保有していれば、転職後に結果を出せるでしょう。 

本記事では、営業企画の仕事に必要なスキルや、転職して得られるメリットなどを紹介します。

「今の職場が自分に合わないと感じる」 
「人間関係に苦労していてどうも馴染めない」
こんなに悩んでしまうのは、“自分がおかしいからだ”と思っていませんか?
それはあなたが悪いわけでも会社が悪いわけでもありません。
あなたと会社が合わないだけです。もしかしたら業界自体が合わないのかも…。

今の環境を変えたい、抜け出したいという思いから、転職活動をしていてもあなたが「辞めたい」と思う根本的な原因と解決不法が分からないままではまた同じようなことで悩み転職を繰り返してしまうことになるかもしれません。

あなたがストレスなく伸び伸びと働き輝ける職場は必ずあるはず!
あなたの好きなこと、得意なことを活かせる仕事、環境を私たちと一緒に探しませんか?転職によって、今の環境を抜け出すということだけではなくあなたの将来的なキャリアの幅を広げるお手伝いをさせてください。

営業企画とは?

営業と営業企画の仕事は似ているようで、異なる仕事を指します。仕事の違いを理解していない状態で転職活動を始めると、ミスマッチを起こしてしまうため注意が必要です。

ここでは、営業企画の仕事内容や、商品企画・営業との違いについて解説します。それぞれの役割をしっかり把握して、今後の転職活動に活かしましょう。

営業企画は商品を売る仕組みを作る仕事

営業企画は、顧客のニーズを分析して商品を売るための戦略を練るのことが仕事です。自社サービスを分析して顧客に適した営業方法を提案し、営業職の仕事をサポートします。

実際に営業活動を行うのは営業職であり、営業企画は営業を管理する立場になります。そのため、直接的に利益を生み出すことはありませんが、企業内では重宝されるケースが多いでしょう。

営業企画と商品企画・営業との違い  

営業企画と商品企画、営業は似たような仕事ですが、それぞれ役割や目的が異なります。

商品企画は、新商品の企画やリニューアルを立案するのが仕事です。商品の売上を伸ばすことが目的の営業企画とは、目指すゴールが異なります。 

営業は直接顧客に対して商品を販売するのが仕事ですが、営業企画は営業方法を立案するのが仕事なので、顧客に対して直接営業活動をすることはありません。企業によっては、営業職が営業企画の仕事を兼務することもあります。

営業企画の主な仕事内容

資料を見ながら会議

営業企画は、商品を売るための営業方法を考えるのが仕事です。その仕事内容は「分析」「戦略立案」「戦略の遂行」の大きく3つに分けられます。企業の利益に大きく関わる仕事なので、大きなやりがいを感じられる一方で、責任も重大です。

営業企画が具体的にどのような仕事を行うのか、ここでしっかり確認しておきましょう。

マーケット・自社製品の分析

営業活動の戦略を立てるには、自社で取り扱う商品の市場環境を知る必要があります。マーケットの動きを把握するとともに、顧客のニーズ調査などを行い、自社製品の強みや立ち位置など分析します。

ただ単に分析するのではなく、他社製品との差別化や価格設定など、さまざまな視点から自社製品についての理解を深め、特徴を把握することが大切です。

戦略の立案

マーケットと自社製品について分析した結果を基に、営業活動の方針や目標設定などを設定します。どのように商品を売り込むのが効果的なのかを考え、営業資料の作成や販促イベントの実施といった具体的な営業手法を立案します。  

販売状況の予測を行い、売上を伸ばすための効果的な方法や実施するタイミングを分析することも大事な仕事です。

戦略の遂行  

戦略を立案しても、商品・サービスが売れなければ意味がありません。立案した企画を、営業活動を行う担当者にどのように実行させるかまで考える必要があります。

営業をサポートするツールの導入や、インセンティブ制度などモチベーションを高める方法などを考慮して、戦略を実行できるように営業担当者をサポートしていくのも仕事の一つです。

営業企画に必要な4つのスキル

机で電話している女性

営業企画の仕事で成功を収めるためには、マーケティングや経営などの幅広い知識が求められます。すでにスキルを保有している人なら、転職後に活躍できる可能性が高いでしょう。

ここでは、営業企画で働く際に役立つ4つのスキルについて詳しく紹介します。仕事に求められるスキルを事前に把握して、就職・転職活動を効率良く進めていきましょう。

1.企画スキル

営業企画の仕事は、ターゲットにとって魅力的な企画を立案するだけでなく、コストや工数が見合った実現性の高い計画にまとめる力が求められます。また、企画を実行に移すために、会社や関係者から承諾を得るためのプレゼン力も必要です。

売り込げ効果を得ることも大事ですが、コストやリスクなど、いろいろな課題をクリアできる企画力が必要になります。

2.営業スキル

営業の現場を把握していなければ、効果的な営業戦略を立案することはできません。そのため営業企画の仕事でも、商材を魅力的にアピールする営業力が求められます。営業としての経験があれば、そのスキルを戦略の立案に活かせるでしょう。

企業によっては営業の仕事を兼任することもあるので、単純に営業活動をするためのスキルが求められることもあります。

3.データの分析スキル

売上向上に効果的な営業戦略を立案するためには、データを正しく整理して理解する能力が必要です。市場の状況を正確に把握できなければ、顧客のニーズを満たす企画を立てることはできません。

推測だけでは戦略を立てられないので、いろいろな情報を集めて、その情報を分析し、事実に基づいた結果を得るスキルが求められます。

4.コミュニケーションスキル  

営業企画を成功させるためには、営業担当者だけでなく、関連部署の担当者とのコミュニケーションが欠かせません。一定のコミュニケーション能力があれば、企画の意図や進め方を正しく理解できるため、営業戦略を実行に移しやすくなります。

自分の主張を相手にわかりやすく伝えることも大切ですが、物事を円滑に進めるには他者の意見を聞くことも大切です。

営業企画がきついと思われる理由

机で悩んでいる女性

営業企画は企業の売上に関わる責任重大な仕事です。それだけに仕事上での困難も多く、場合によっては「きつい」「辛い」と思うこともあります。仕事のリスクも理解したうえで、実際に就職・転職すべきかどうかを慎重に判断しなければなりません。

ここでは、営業企画の仕事がきついとされる主な2つの理由について解説します。

労働時間が長くなるケースがある

営業企画の仕事は多岐に渡るうえに期限が決められている業務もあるため、状況次第では労働時間が長くなることもあります。プライベートの時間が取りにくくなるので、人によってはきついと思うこともあるでしょう。

商品を売るための方針を決める重責を背負うため、プレッシャーも大きくなります。結果を出すため根気強さを求められる業務が多いので、粘り強く取り組むことが苦手な人にはつらく感じるかもしれません。

企画が台無しになることがある  

頑張って良い企画を立案したとしても、その企画がすべて採用されるわけではありません。時間をかけて練り上げた企画が、社内で却下されてしまうケースもあります。

時間をかけて努力すれば必ず結果が得られるわけではないので、思うような成果を出せずに悩んでしまうこともあるでしょう。また、常に良い企画を立案するのも難しいので、仕事のシビアさを重く感じることもあります。

営業企画に転職する3つのメリット

営業企画の仕事はきついと思う部分もありますが、スキルアップややりがいにつながるといったメリットもあります。戦略的に営業成績を伸ばしていけるのが、営業企画の面白さです。

幅広いスキルを求められるので、自分の保有しているスキルを活かしたい人には魅力的な仕事だといえるでしょう。ここでは、営業企画の仕事に転職する主な3つのメリットについて解説します。

1.多くのスキルが身につく

営業やマーケティングなど、事業全体を把握しながら幅広い仕事と関わるため、コミュニケーション能力や分析力などの多彩なスキル・知識を身につけられます。

多面的なスキルを身につけられれば、将来のキャリアアップにも役立ちます。営業企画以外の仕事に活かせるスキルが多いため、転職してキャリアアップしたい人には大きなメリットになるでしょう。

2.大きな達成感を得られる

営業企画の仕事は、個人の成績ではなく、チームや会社全体の営業成績の向上を目的としています。立案した企画が成功すれば伸び率も大きくなるため、より高い達成感を得られます。 

マーケットを分析して立案した営業企画で結果が出たときの喜びは、通常の営業職では味わうことができません。市場の流れや顧客の思考を読むのは大変ですが、その分、大きなやりがいを感じられます。

3.会社に貢献できる  

営業企画は、企業の営業戦略を立案するという重要な役割を果たします。大きな責任感を感じる一方で、会社に貢献できていることを実感しやすい仕事でもあります。

立案した営業戦略で自社製品の販売数向上に貢献できれば、大きなやりがいを感じられるでしょう。直接顧客に売り込みをすることはありませんが、会社全体の業績に役立てるという魅力があります。

「入社した当初は高い目標をもって仕事に取り組んでいたけれど、
「頑張っても全く評価されないし」
「成果も出せず自分に向いているかも自信がない…」
石の上にも3年…すぐに辞めるのは良くないし、次にやりたいことも分からないのでとりあえず続けようとモチベーションの低いまま仕事を続けていませんか?

本当にそのままでいいの?
この先の長い人生、せっかくなら、あなたが楽しく輝ける環境を探しませんか?
あなたの長所や意外な特技が生かせる仕事に出会えるチャンスかもしれません。

20代の7割の人が業界を変え転職して働いてたりします。
せっかく転職するなら視野を広げて他の業界も見てみませんか?
「スキルも知識もないし不安…」という方こそご相談してください!
プロが業界ならではの特徴やあなたにあった業界を責任もってご紹介します!

営業企画への転職を成功させよう

営業企画の仕事の幅は広く、会社の業績に大貢献できるやりがいのある仕事です。求められるスキルが多いので、営業からのキャリアアップを目指している方には魅力的な仕事だといえるでしょう。

これまでの経験を活かして営業企画に転職したいと考えている方は、ハレダスにご相談ください。職種・業界に精通したキャリアアドバイザーが、一人ひとりに適した仕事先をご紹介します。履歴書の作成方法など、わからないことがある場合は、気軽にお問い合わせください。

転職相談をご希望の方はこちら(無料)

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。