お問い合わせ

転職・副業

Uターン転職の理由と進め方は?後悔しないためのポイントも解説

#転職活動 #転職 #Uターン

「生まれ育った地元にUターン転職をしたい!」学生生活を卒業後、そのまま都会で就職したものの、第二の人生のスタートとしてUターン転職を考えている方も少なからずいらっしゃるかもしれません。

これからUターン転職をする予定の方はぜひ、本記事を参考にしてください。

Uターン転職をする理由

 

田舎の道

Uターン転職をする理由は人それぞれに「抱えている事情や考え」などで違いがあります。特に多くみられるのは、「地元に帰りたいから」「子育てがしやすい環境だから」「地方企業で自分の経験を活かしたいから」の3点です。

ここではUターン転職をすることになったそれらの理由について、詳しくご紹介をしていきましょう。

地元に帰りたいから

地方から都会に出て学校を卒業後そのまま働き、しばらくたってからUターン転職を実行して地元に帰るという人も多く見られます。

理由は人それぞれですが「親に家業を継ぐようにいわれた」「都会で生活するのに疲れた」「会社の早期退職に応募した」などさまざまでしょう。都会で暮らすうちに地元の良さを感じる人も少なくありません。

子育てがしやすい環境だから

子供の小学校入学などのタイミングで、Uターン転職を決意する人も多いようです。緑豊かな美しい自然の中で、子どもをのびのびと育てたくなるのでしょう。

地方は「待機児童問題がないので都会より保育園などに入りやすい」「学校や体育館などの子供用施設が広々と使える」「空気がきれい」など、子育てがしやすい環境に恵まれています。

地方企業で自分の経験を活かしたいから

「都会での就業経験を活かして自分らしく働きたい」という理由でUターン転職をする人もいます。

都心の大企業で大規模なプロジェクトを手掛けるなど、今までに培ってきた経験を活かして、地方企業でのスタートアップ事業などに尽力するケースも少なくありません。

地方企業の新規事業の立ち上げといったタイミングで地方企業にUターン転職し、より責任のある大きな案件を任せてもらえることもあります。

志望動機はどうしたらいい?

 

ペンを持つ人

Uターン転職で志望動機を書く際には、一般的な転職活動と同じような感覚で記載するのはおすすめできません。あくまでも地方企業や地元の発展に尽力したいという姿勢が評価されます。

ここではUターン転職活動でよく見られる志望動機「地元の発展に役立ちたい」「今までのキャリアプランを活かせる」「志望企業の製品やサービスに携わりたい」について解説をしていきましょう。

「地元の発展に役立ちたい」

Uターン転職ならではの志望動機が「地元の発展に役立ちたい」というものです。生まれ育った故郷である大切な地元の発展に尽力したい、貢献したいというポジティブな気持ちが好印象を与えます。

地方企業の側としても長期的に働いてくれる人材を求めているため、これからも地元に定着して暮らしていく姿勢を打ち出すとよいでしょう。

「今までのキャリアプランが活かせる」

Uターン転職でなくても利用できる方法ですが、今までに培ったキャリアプランが活かせることをアピールすると転職に成功しやすいといえます。

これまでのキャリアで身につけたスキルや知識が、転職先の職種や業種でこのように役立てられるなど、志望動機で表すことで説得性のある内容を採用担当者に伝えることがポイントです。

「志望企業の製品やサービスに携わりたい」

地元の会社ならどこでもよいというわけではないことも、強くアピールしましょう。

志望している企業の製品やサービスに魅力があり、その仕事に携わりたいということは志望動機を作成する際の正攻法ともいえます。

特に今までのキャリアが活かせるなど自然な流れで志望動機を展開していくと、よいアピールができるでしょう。

年代別Uターン転職の進め方

 

チームメンバー

Uターン転職を実行する時期は人によって違います。しかし、たいていの人の場合、自分の人生のターニングポイントとなったときにUターン転職を考えるようです。また、年齢によって置かれている状況も各々違ってきます。

ここでは「20代の場合」「30代の場合」「40代の場合」の年齢層別に、それぞれ見ていきましょう。

20代の場合|あせらずじっくり考えてみる

20代でUターン転職をする人は、「将来的に地元に戻る予定だった」「都会の暮らしより地元の方が自分には合っていた」などの理由が多いようです。

20代という若さを活かして第二新卒という枠で転職活動をする人も少なくありません。企業は長く働ける人材を求めているため、若い人は未経験でも歓迎されやすいようです。したがって、転職活動は比較的有利に進めていけます。

しかしながら、特別な事情がない場合は、せっかく都会で就職しているわけですから、ある程度の知識や能力を身につけるまで現在の会社で働くのもよいでしょう。

30代の場合|転職に向けて実績を積む

30代でUターン転職を実行する人は「ライフステージの変化」という理由がよくみられます。

30代は社会人としての基礎能力がしっかり身についており、なかには中間管理職としてマネジメント業務に就いている方も少なくありません。

そのため、即戦力として働ける人材が多く、どちらかというとスムーズに転職活動に成功する場合が多いでしょう。特にマネジメントなど責任あるポジションで働いた経験は、大きなアピールポイントとなります。

これから先、Uターン転職をする予定の方は自分がチームのリーダーとなり、プロジェクトを管理する実績を重ねていくことが重要です。

40代の場合|キャリアの棚卸をする

40代でUターン転職をする方のほとんどは「親の介護」や「家業を継ぐ」など実家の事情によるものが理由のようです。

また、社会人として成熟した段階にあることから、今後のライフプランなどの在り方を考え直すことも少なくありません。

40代の転職では30代のときよりも、よりマネジメント能力など人やプロジェクトを管理できるスキルが必要とされます。そのため、今までマネジメント経験が全く無いという場合は、簡単に転職できないこともあると頭に入れておいたほうがよいでしょう。

即戦力性も当然求められるようになるため、未経験の職種や異業種への転職は難しい可能性があります。今まで構築してきたキャリアを活かせるような職種を探し出すようにしてください。

転職相談をご希望の方はこちら

Uターン転職で注意すべきポイント

危険


Uターン転職に失敗しないためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか?都会で働く場合と地方で働く場合では、求人条件や求人数、キャリアが評価される基準、平均年収など様々な面で違いがあるものです。

ここではUターン転職をする際に、後悔しないための「注意すべきポイント」について詳しくご紹介をしていきます。

都会よりも求人は少ない 

まず注意したいことは、地方は都会よりも求人数が少ないということです。地元に帰ったものの、すぐに転職先が見つかるというわけにはいきませんので、あらかじめ仕事を探しておくようにしましょう。

特に過疎化が進んでいる地方では企業の数が少ないため、当然ながら求人数も多くはありません。

Uターン転職は実家などに住めば住むところには困らない場合が多く「とりあえず地元に戻ってから転職活動をしてもよいかな」など甘い考えを抱きがちです。

しかし、地元に戻ったのはよいが、なかなか希望する会社に転職できないといった恐れも十分あります。

Uターン転職を実行に移す際は、まずきちんと地元の求人情報などをリサーチしておき、地元企業の動向などを確認したうえで転職の目処がついてから実行する方がよいでしょう。

キャリアの評価基準が都会と違う

地元企業が持っているキャリアの評価基準は、都会と違うことも少なくありません。地方の企業では、高学歴や華々しいキャリアの実績などを持つハイスペックな人材が、かえって不利になることもあります。

地方の中小企業やスタートアップしたばかりのベンチャー企業では、ハイスペックないわゆるエリートは「上司として上に立つのは気が引ける」「うちの企業にくるような人材ではないのではないか」などと判断され、歓迎されづらい場合もあるようです。

もちろん、今まで積み重ねてきたキャリアを疎ましく思ったり、隠し立てしたりする必要はありません。

地方の企業は都会の企業とは人材に対する考え方が異なるということを頭におきながら、アピールの仕方を工夫しましょう。

年収が低くなることもある

年収が下がることを覚悟している人も多いかもしれません。しかし、地方なら生活していくために「都会ほど物価も高くないから何とかなるだろうと」安直に考えることはおすすめできません。

確かに都会より地方の方が家賃は安いのですが、それ以外の生活費はそれほど都会と変わらないからです。

また、都心では電車やバスなどの公共交通機関が発達しているため交通費が安く抑えられますが、地方ではまだまだ完備されてはいません。

そのため、地方での移動手段には自家用車が必要なため、自動車税や自動車保険、車検など車に関する維持費が高額になります。

「地方の方がコストはかかる部分もある」ということをきちんと把握しておきましょう。

家族が地元に馴染めない場合もある

家族を連れてUターンしたのはいいが、実際に暮らしてみると家族が地元での生活スタイルになじめない場合も考えられます。「想像していた田舎暮らしと違う!」など不満が出ることも少なくありません。

自分は幼少のころから知っていて馴染み深い地方であっても、今まで都会で生活してきた人からすると不便なことも多いからです。

家族やパートナーがいる場合は、具体的に生活の変化はこうなるということを共有し、納得してもらってから移住するようにしましょう。

それぞれの地方によって独特の文化や風習があるので、あらかじめそれらの状況を知っておいてもらうようにします。

なお、さまざまな自治体で移住前に地方での暮らしを体験できる「体験移住」の制度があるので、活用してみるのもよいでしょう。

Uターン転職は下調べをしっかりしよう

虫眼鏡


今回は都会から地元へUターン転職をする際に必要な情報について詳しく解説をしていきました。

生まれ育った故郷に戻って、新たな人生を踏み出すにはそれなりの準備をしておかなければいけません。いくら慣れ親しんだ地元とはいえ、何の下準備もなしに転職に成功できるとは限らないからです。

ハレダスでは転職に関するご相談を承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。