お問い合わせ

転職・副業

地方都市への転職は難しい?未経験でも転職成功する2つのコツ

#転職 #未経験 #地方都市 #難しい

地方都市への転職が難しいと言われる理由を知りたい」そう考えていませんか?今回は、地方都市への転職がどのように難しいのか詳しく解説します。あわせて未経験でも転職成功できる2つのコツをご紹介!

本ページを参考にして転職活動に励めば「地方都市への転職」を成功できるはずです。理想のワークライフバランスを実現するために、ぜひチェックしてみてくださいね。

地方都市への転職は難しい?4つの理由を解説

地方都市への転職は難しい

地方都市への転職は、以下の4つの理由から「難しい」と言われています。

1.東京都と比べて求人数が少ない
2.利便性が低い
3.負担が多くスムーズに転職活動を進められない
4.年収が下がる可能性がある

どれも都心で暮らす方向けの内容となっています。「都内→地方都市」へ転職する方は、難しいと言われるポイントを把握しておきましょう。

1.東京都と比べて求人数が少ない

地方都市は、東京都と比較すると求人数が少ない傾向にあります。以下の有効求人数をご覧ください。

都道府県

有効求人数

東京都

2,944,734 件

鳥取県

147,314 件

山梨県

164,175 件

高知県

151,013 件

徳島県

168,752 件

佐賀県

192,896 件

 

出典:厚生労働省「一般職業紹介状況(職業安定業務統計):雇用関係指標(年度)2020年度」

東京都に比べてみると、地方都市は有効求人数が少なく「内定を獲得しにくい」と考える人もいます。しかし都内よりも求人数に対して応募者数が少ないので、転職はそれほど難しくありません。

2.利便性が低い

東京都に比べ利便性が低く、生活環境が大きく変わる可能性があります。地方都市であってもバスや電車などの交通機関の充実度が低く、自家用車が必須の場合も。

未婚者であれば、自分が納得できればすぐにでも転職活動を進められるでしょう。しかし既婚者やパートナーがいる場合は、意見に賛同してもらえないケースも。

「同居している人に了承されにくい」といった点は、地方都市に転職する難易度が高い理由にあげられます。

3.負担が多くスムーズに転職活動を進められない

地方都市に転職する場合に限らず、県外転職は比較的にハードルが高くなります。その理由は、以下のような金銭的な負担が大きくなるからです。

面接を受けるための交通費・宿泊費
転職による引っ越し代

とくに退職後に転職活動をはじめる場合、収入がない状態が続くので不安を感じる人もいます。応募企業から「明日、面談可能でしょうか?」と聞かれたときに、対応し辛い点も難しいポイントにあげられるでしょう。

4.年収が下がる可能性がある

地方都市への転職が影響し、年収が下がる可能性があります。日本の平均年収は、それぞれ都道府県によって差が開くからです。

厚生労働省「都道府県別賃金」のデータから東京都が最も高収入を得ていることが分かりました。

都道府県

賃金

東京都

373.6千円

鳥取県

257.9千円

山梨県

287.4千円

高知県

254.5千円

徳島県

270.3千円

佐賀県

255.0千円

出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 都道府県別賃金(男女計)」

都内で働いていた人が地方都市への転職を目指す場合、年収が下がるかもしれないことを知っておきましょう。しかし、地方都市は都心よりも物価が低い傾向に。

生活費とのバランスを考えると年収が低くなったとしても、都内での暮らしと左程変わらない生活水準で暮らせるでしょう。

地方都市へ転職する4つのメリット

メリット

地方都市への転職にはどのようなメリットがあるのでしょうか。次の4つの視点で見ていきましょう。

  • 生活費が安い
  • 都会にはない自然に触れられる
  • 通勤・通学によるストレスが少ない
  • 子育てがしやすい

思い描いている生活・働き方ができるのか確かめてみてくださいね。

生活費が安い

地方都市は、都会に比べて生活費を安く抑えられます。厚生労働省の「小売物価統計調査」のデータによると、首都圏では居住費が10~14万円と高額ですが、地方都市では6~7万円前後。

エリアによっては、ファミリータイプのマンション(駐車場付き)を7万円前後で借りられます。戸建て住宅も首都圏より費用を抑えられるので「マイホーム」に憧れる方におすすめです。

出典:厚生労働省「小売物価統計調査(構造編)2020年(令和2年)結果」

都会にはない自然に触れられる

地方都市に移住することで、都会にはない自然に触れられるメリットがあります。四季の移り変わりに心を和ませられることも大きな利点です。

また、地方都市に移住した人は「空気や水が美味しい」「時間がゆっくり過ぎる」「野菜や魚が新鮮」といった声をあげています。登山や川・滝遊び、スキー・スノボなども気軽に楽しめる点も魅力の1つ。

通勤・通学によるストレスが少ない

地方都市では、都心ほどの通勤・通学ラッシュがないので、ストレスを減らせます。また、田舎に比べて交通機関が充実しているので「バスが1日に1~2本しかこない」ということもありません。

比較的に落ち着いて通勤・通学できることは嬉しいポイントです。

子育てがしやすい

子育てがしやすい環境が整っていることもメリットの1つ。具体的には、保育園の待機児童が少なかったり、公園や室内のプレイルームが充実していたりといった利点があります。

また、地域によっては定期的に「行事」や「集会」が行われ、隣人同士で支え合える傾向に。「地域全体で子どもを見守る」といったエリアも多いので、安心して子育てができるでしょう。

未経験者が地方都市への転職を成功させる2つのコツ

地方都市へ転職を成功させるコツは次の2つです。

コツ① 移住までの段取りを徹底する
コツ② 転職支援サービスを利用する

県外転職は、事前準備を念入りに行うことで成功率が高まります。コツ1~3を読み、理解を深めて応募企業の内定を獲得しましょう。

コツ① 移住までの段取りを徹底する

地方都市へ転職する場合は、下記の流れで進めることをおすすめします。

ステップ

内容

詳細

1

候補地を探す

移住する地方都市を決める

2

情報収集する

候補地の情報を集める

3

現地訪問・体験をする

現地の雰囲気をつかむために訪問する

4

仕事を決める

転職先を決める

5

住まいを決める

転職先の通勤・年収を考慮したうえで

住まいを決める

「移住体験」や「交通費」の支援を行っている自治体もあります。移住先が決まったら自治体の公式サイトをチェックしましょう。

コツ② 転職支援サービスを利用する

自分ひとりで転職活動を進めるのは、限界があるので支援サービスを利用しましょう。転職支援を行っているサービスや機関は、転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが在籍。

キャリアアドバイザーは、求人の紹介だけでなく、転職相談に乗ってくれるので客観的なアドバイスを受けられるメリットも。

さらに書類添削、模擬面接を実施しているケースもあるので、内定獲得率をアップできます。

当サイト「ハレダス」では、優秀なキャリアアドバイザーによる無料サポートを実施しているのでお気軽にご利用ください。

\無料でキャリアアドバイザーに相談してみる/
転職相談をご希望の方はこちら

転職支援を積極的に利用して地方都市への転職を成功させよう

転職支援を積極的に利用

近年、リモートワークの導入により、注目を集めている地方都市への移住。「地方都市への転職は難しい」という声もありますが、戦略的に転職活動を進めることで転職成功できます。

転職支援サービスを積極的に活用して、理想の暮らし・働き方を実現しましょう。

転職に関する不安や悩みを抱えている方は、ぜひ一度、ハレダスのキャリアアドバイザーにご相談ください。

\無料でキャリアアドバイザーに相談してみる/
転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

Nao

Nao

はじめまして、福岡在住のWebライター Naoと申します。大手スポーツジムのトレーナーを経てライターに転身。趣味は、身体を動かすことと美味しいコーヒーを飲みながらライティングすること!ハレダスの読者様に有益な情報をお届けできるよう1文字1文字丁寧にライティングして参ります。