お問い合わせ

インタビュー

映像制作をしながらビーチバレー選手として活動/片桐菜摘さん

#アスリート #社会人 #ビーチバレー #アスリート就職

会社員として働きつつ、ビーチバレーボールの選手としても活動されている片桐菜摘さん。

片桐さん曰く、就職活動をしていた当時は、学校を卒業してもビーチバレーを続ける人の多くはアルバイトをしながらビーチバレーを優先した生活をしていたそうです。

就職するならビーチバレーは辞めるのが一般的でしたが、片桐さんはどちらの道も選ばず、就職とビーチバレーの両方を取る選択をしました。

同じような前例がない中で今の生活を実現したそうですが、多くの大会で活躍しながら仕事と両立する生活とはどんなものなのでしょうか。

プロフィール
片桐菜摘(かたぎり なつみ)
1996年生まれ/日本女子体育大学卒業
2017年よりビーチバレーボール選手に。
2019年3月、マーケティングやブランディング総合支援を行う株式会社ニンニンドットコムに新卒入社し、動画制作や広告運用などを担当。

【ビーチバレーボールの主な戦歴】
・ジャパンビーチバレーボールツアー2019平塚大会 出場
・BEACH VOLLEY JAPAN LADIES2019 出場
・ジャパンビーチバレーボールツアー2021サテライト大成温調シリーズ各大会 出場 
・マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2022(BVT1)第2戦 大洗大会 出場
・ジャパンビーチバレーボールツアー2022サテライト シリーズ各大会 出場
など

春高バレーに出場後、ラクロスへ転向

まずはビーチバレーを始められたきっかけからお話しいただきました。

高校生までは6人制のバレーボールをやっていて、春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)に2回出場したことでやり切った感覚があったんですね。小学校からバレーボールをやっていたんですが、母が送り迎えなどのサポートをしてくれていたんですよ。そんな母に春高出場をプレゼントしたいという小学生からの目標があって、それを達成したので一区切りついたというか。

それで大学ではラクロスに転向しました。ラクロスって大体中高には部活がなくて、大学生から始めることが多いんですね。誰でも始められるというか、みんなと同じスタートラインで始められるのが魅力でした。ラクロスは大学2年生までやって、選抜に選ばれたりもしたんですが、大会に出てもそこまで熱くなれなかったんです。

ラクロスをやめるかどうかという時に、大学の友人から「ビーチバレーの全国大会に出たいから一緒に戦って欲しい」という誘いがあって。それで3年生の時からビーチバレーを始めたんですが、もともとバレーをやっていたこともあってすぐに夢中になれたんです。

ラクロスは1チーム10人でやるスポーツですが、ビーチバレーは二人でやるんです。だから、ボールを触る回数が圧倒的に多いんです。ラクロスに比べて自分の実力が結果にダイレクトに反映されやすいところに魅力を感じました。

また、単純にやっぱりバレーボールが好きだなとも思いました。それに、ラクロスはコンタクトスポーツなので、結構肉体的なダメージがあるんですよ。腕に青アザがあることは当たり前でした。私は痛みに弱いので、そういう意味でもビーチバレーの方がいいなと(笑)

ビーチバレーを続けられる会社を探す日々

ラクロスを始めたものの、あまり夢中にはなれなかった片桐さん。そこから縁あってビーチバレーの世界に入り、卒業後は就職した上でビーチバレーを続けるという決断をされました。

学生最後の年に、大学選手権というビーチバレーの全国大会で4位になったんです。3位までだとアスリートとして企業に採用してもらえるサービスを利用できると言われました。そうすると例えば週1回程度の勤務でよかったり、午前は練習して午後から出社するといった、働き方ができるんです。

でも4位だとそれはできないので、時間の融通が利くアルバイトをしながらやっていこうと思ったんです。それが主流というか、当たり前の感覚があったので。でもそれだと、生活は苦しくなると思いました。そんな時にふと、ビーチバレーを続けながら正社員で働ける会社を自分で探せばいいんじゃん!と思いました。

ビーチバレーを続けられる会社を探してもやはりなかなか見つかりませんでした。ですが、諦めずに探していたら就活イベントで今の会社『株式会社ニンニンドットコム』の社長に出会って、「うちなら両立できるよ」と言ってもらえたんです。

それでここに入社しようと思いました。しかもその頃、同じ学年で総合格闘技をやっている人の内定がその会社で出ていることも知って。

進路が確定しないまま卒業目前に

総合格闘技をやっている方が入社後もスポーツを続ける前提で内定をもらっていたんですね。ようやくビーチバレーを続けられる会社と出会えたのですが…。

当時の私はスポーツばかりやっていて、PCを触ったこともなかったんですよね。それで社長に、まずタイピングをできるようになりなさいと言われました。3ヶ月くらいタイピングソフトで練習して、タッチタイピングを習得しました。

すると今度は「CMS(ノーコードでホームページを作成することができるシステム)でうちのホームページを作ってみて」と言われてやってみましたが、全く仕事になるようなレベルではなくて、「このままだとうちでは採用できない」と社長に言われてしまいました。採用しても使い道がないってことでした。その時点で4年生の11月だったんですよ。就活ゼミにも通ってたんですが、他の人はどんどん就職が決まるので焦りました。

せっかくビーチバレーを続けながら仕事ができる会社を見つけたのに、そのチャンスを掴むことができないのかと思っていた時に、たまたま自分で作ったTikTokの動画をニンニンドットコムの社長に見せてみたんですよ。音楽に合わせてシーンが切り替わる人物の動画なんですが、それを見せたら「動画作れるんじゃない?」と言われて。

その年の12月頃に、社長があるキャッシュレスアプリの会社の立ち上げメンバーに加わっていて、そこのYouTube動画を作る際にニンニンドットコムが動画の制作を頼まれたんです。それで社長に「編集できる?」と聞かれて、できないと言ったら入社できないと思ったので「できます」と答えました。

動画をPCで編集するなんてやったことがなかったので、仕事をもらってからAdobeのソフトをPCにインストールして、勉強しながら、なんとか1本作り上げました。その動画をキャッシュレスアプリの会社の社長に見せたら、面白いと言ってもらえて。

そこからニンニンドットコムから仕事をもらう形で、そのキャッシュレスアプリの会社の動画の撮影や企画にも参加するようになりました。何本か動画を制作した後に、そのキャッシュレスアプリの会社からインターンの声がかかり、ニンニンドットコムから出向する形で行ったんです。4年生の卒業間際、2月ごろのことでした。

インターンをすることは嬉しかったのですが、志望のニンニンドットコムから内定の話は、その時点でもいただいていなかったので、大学卒業後の進路が決まっていないという不安な時期でもありました。

今の会社に入るために退路を断った

卒業ギリギリまで現在の会社に入れるか分からないというのは辛いですね。不安な中で他の企業の面接も受けていたんでしょうか。

社長に「他の会社は考えられないから就活は辞めました」と宣言して、一年間で成長を見せるために頑張っていました。就職の経緯としては珍しい流れですが、ダメでもネタになるからいいかと思って楽しんでやっていましたね(笑)。社長がキックボクシングをやって大会に出ていたり、社長の働き方に共感して憧れを持ったというのも志望動機の一つです。

ずっとスポーツをやっていたので、それまでちゃんと仕事について考えたことがあまりなかったんです。飲食店でバイトしていたんですが、就職後もそれをやるのは嫌だなと当時は思っていました。その頃は何も知らなかったからなんですが、就職したらバイトではできないことをしたいとその当時なりに考えていました。

当時はあまり色んな仕事のイメージが湧かなかったんですよね。そんな中で企画とかマーケティングをやりたいと思っていました。授業などで企画や発表をする機会があって、自由な発想で仕事することが自分に向いているのではないかと思ったんです。あとは単純にかっこいいなというイメージもありました。

仕事とビーチバレーを両立する生活

学生のうちは世の中にある職種のこともよく知らないですし、仕事の具体的なイメージも湧かないですよね。ところで気になったのが、ビーチバレーって冬などはどうしてるんでしょうか?また、プロテストなどはあるのでしょうか。

冬もビーチでジャージを着て大会に出たりしていますよ。ビーチバレーにはプロの定義やプロテストがないからこそハマったようなところがあります。プロアマの境界が曖昧で、有名な選手たちとも同じ大会で一緒に戦えるところも魅力ですね。

私の場合、大会には2週間に一回くらいのペースで出ています。中にはジャパンツアーなどの大きい大会だけに出る方もいて、それだと年間6回くらいになりますね。大会の規模としてはジャパンツアーの次に大きなサテライトという大会もあるんですが、それも同じくらいの回数です。

私は一番大きなジャパンツアーという大会には一度しか出ていなくて、今のところサテライトを主戦場としているんです。基本的に土日は練習、平日は仕事のスケジュールを自分で調整して、その間に練習を差し込んでいくような生活です。

都内勤務なので、練習は都内にいくつかある人工ビーチでやったりしています。練習が終わるなり会社に行くので、あまりゆっくりする時間はないんですが、自分なりに調整できるスタイルが自分に合っていると思います。ストレスなく両立できていますね。

どちらかというと会社が優先で、ビーチバレーを合間にしている感じです。大体ですが、会社7:ビーチバレー3くらいでしょうか。大会や遠征のある時期などもあり、時期によってまちまちではあるんですが。仕事はPCさえあればできるので、ビーチバレーの遠征先に持って行って夜に作業したりすることもあります。

この春からディレクター職に就任

あくまで会社での仕事を優先しつつ、うまく調整しながら両立されているんですね。仕事についてはどのような業務をされているのかお聞きしました。

これまでは主に制作をやっていましたが、2ヶ月ほど前からクリエイティブディレクターになりました。人に動いてもらう方がメインになったんですが、自分にはディレクションは向いている気がします。

今も自分で制作することもあります。取引先のジャンルは幅広くて、教育関係やEC、美容系、金融まで多岐に渡っています。会社としてはEC運営やサイト制作など幅広くやっていますが、私は動画制作をメインにしつつ、時にはサイト制作もしているという感じです。

支援してくれている会社に貢献したい

仕事もビーチバレーも楽しんでいる片桐さんのこれからの目標をお話しいただきました。

まずビーチバレーに関しては、一番大きな大会であるジャパンツアーで戦えるように技術を上げていきたいです。でも仕事の比重を軽くすることは考えていなくて、スキルアップもしていきたいと考えています。

ビーチバレーをいくつまでやるかは考えていないのですが、最高齢で45歳の方がジャパンツアーで戦っているんですよ。実はビーチバレーは若さや体力で勝てるスポーツではなくて、年齢が高い人の方が経験で勝てたりするんです。

私も経験を積んでいくことで、昨日より今日の方ができるようになっていたらいいなと思っています。年齢を重ねても続けている人はビーチバレーをメインとしてやっていますが、私は仕事も大事にしながら長く続けたいです。両輪でどちらも結果を出していきたい。私の目指していることは前例があまりないですが、ロールモデルがいない中で実現したいです。

スポーツと仕事を並行して取り組む、いわゆるデュアルキャリアを目指している訳ではなくて。スポンサーをつけるとかもせず、あくまでれっきとした会社員として頑張りたいんです。例えば私の筋肉を見て「何かスポーツしてるんですか?」と聞かれて、そこからスポーツ事業の仕事につながったことがあるんです。ビーチバレーをしていることによって会社に貢献できるということが今持っている理想です。

現在、社内に私のような働き方の人は他にいないんです。遠征の費用も会社が支援してくれていて、成績に関係なく応援してもらえているので、ビーチバレーを頑張ることでも恩返ししていけたらと思います。

既存のやり方に囚われないで欲しい

最後に、卒業後もスポーツを続けていくか悩んでいる学生の方に向けてメッセージをいただきました。

私はアスリート就職できなかったので、それができる人と同じ土俵で戦わないように意識しました。例えば自分がアイドルになりたいとするじゃないですか。でもジャニーズ事務所に入ってもデビューできないかもしれないし、もっとイケメンもいて、その人たちと戦ったら負けるかもしれない。

でも例えば、田舎でお年寄りに向けて活動したら受けるかもしれない。純烈みたいに。そういう意味で純烈ってすごいと思うんですよね。王道ではなく、他のやり方を見つけたからこそだと思うんです。

私はアスリート就職できなかったら就職は諦めてアルバイトをするという王道は選びませんでした。だからこそ今のような生活が実現できています。既存の考え方や戦い方に囚われず、やり方を変えてみること。スポーツと仕事を両方頑張りたい人にはそれを伝えたいです。

●片桐菜摘さんSNSアカウント
Twitter:@kk_nico_kn0824
Instagram:natumikan0824

TAG

Written by

トヨダヒロミ

トヨダヒロミ

大阪府出身。雑誌や広告を制作する編集プロダクションに約7年勤務したのち、フリーライターに。インフルエンサーなどの新しい肩書きや働き方に関心を寄せている。

ハレダスでは
無料で就職・転職の相談
を承っています

しごと相談する LINEで相談する