お問い合わせ

転職・副業

メーカーの営業ってどんな仕事?業務内容・向いている人・年収を紹介

#就活 #営業 #転職 #メーカー

メーカーの営業がどのような仕事かご存じでしょうか?基本的にBtoB向けの商材を扱うメーカーの営業マンには、商社などの営業とは異なる点があります。本記事ではメーカーの営業について、業務内容や向いている人や大変な点、平均年収などを解説していきます。

「今の職場が自分に合わないと感じる」 
「人間関係に苦労していてどうも馴染めない」
こんなに悩んでしまうのは、“自分がおかしいからだ”と思っていませんか?
それはあなたが悪いわけでも会社が悪いわけでもありません。
あなたと会社が合わないだけです。もしかしたら業界自体が合わないのかも…。

今の環境を変えたい、抜け出したいという思いから、転職活動をしていてもあなたが「辞めたい」と思う根本的な原因と解決不法が分からないままではまた同じようなことで悩み転職を繰り返してしまうことになるかもしれません。

あなたがストレスなく伸び伸びと働き輝ける職場は必ずあるはず!
あなたの好きなこと、得意なことを活かせる仕事、環境を私たちと一緒に探しませんか?転職によって、今の環境を抜け出すということだけではなくあなたの将来的なキャリアの幅を広げるお手伝いをさせてください。

メーカーの営業職ってどんな仕事?

オフィス街

ひと言に営業職といっても、その種類はさまざまです。今回紹介する「メーカー営業」も、営業職のひとつ。しかし、仕事内容は営業スタイルによって異なります。本章ではメーカー営業における2つの営業スタイルをはじめ、根強い人気の理由や平均年収を解説します。メーカー営業への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ルート営業・新規営業がある

メーカー営業におけるスタイルには、「ルート営業」と「新規営業」の2種類が挙げられます。

ルート営業とは、すでに自社の製品を使っている企業や販売店、メーカーなどを訪問する営業スタイルのことです。顧客の要望をヒアリングし、さらに進んだ商品開発や、アフターケアをおこないます。

一方、新規営業とは新たな顧客を増やすことを目的とした営業スタイルです。いわゆる「飛び込み営業」とも言われる営業スタイルですが、メーカー営業においてはあまり多く見られません。

メーカーの営業が人気な理由は?

メーカー営業は、新卒の就活と転職市場、どちらにおいても人気の高い職種です。他の営業職よりも人気である理由としては、以下2つの理由が挙げられます。

  • 安定性がある
  • ノルマがきつくない

メーカー営業は「ルート営業」のスタイルを採用していることが多いため、企業の売上が安定しています。つまり従業員の給与も、それだけ安定するということです。

売上が安定しているからこそ、従業員に対して厳しいノルマを課す会社が少ないことも、メーカー営業が人気である理由です。

メーカー営業の平均年収は?

メーカー営業の給与は、多くの営業職と同じ様に「基本給+インセンティブ」であることが一般的です。メーカー営業の平均年収は500万円前後とされています(インセンティブは除く)。

もちろん扱う商品や業界によっても、平均年収は異なります。以下は営業職全体の平均年収を業界ごとにまとめたものです。営業職においてどのような業種の平均年収が高いのか知りたい方は、参考にしてください。

業界

営業職の平均年収

MR

約713万円

電子部品メーカー

約525万円

医薬品メーカー

約558万円

総合商社

約449万円

食品/消費財メーカー

約439万円

リース(金融)

約525万円

福祉/介護関連

約356万円


引用元:転職サイトdoda/『平均年収ランキング(165職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】

メーカーの営業には、どんな人が向いている?

ミーティング

これからメーカー営業へ転職しようと考える方にとって、やはり気になるのが「自分に向いているのかどうか」でしょう。自身の強みを活かせる職種でなければ、成果を出すことが難しく、モチベーションを維持できません。では一体、どのような方が「メーカー営業」に向いているのでしょうか。本章で3つの特徴を挙げていきます。

誠実な人

メーカー営業に向いている方の特徴として、まず挙げられるのは「誠実な人」です。ルート営業がメインであるメーカー営業にとって、信頼関係に傷がつくことは、最も避けたいことです。

信頼関係を維持、もしくはさらに深めていくためには、常に誠実で丁寧な対応をするべきでしょう。長期的に取引をしていくため、不誠実な方はメーカー営業には不向きです。

ユーザーの立場で考えられる人

ユーザーの立場にたって考えることができる方も、メーカー営業に向いています。顧客の立場になることはもちろんですが、ここで重要なのは「エンドユーザー」にも配慮した考えができること。

実際に取引をしている企業や工場だけでなく、その企業から生まれたサービスを使う人や工場の製品を使う人の立場から提案できる方は、メーカー営業に向いています。

人と話すのが好きな人

人とのコミュニケーションは、メーカー営業の基本です。そのため、人と話すことが好きな方もまた、メーカー営業に向いています。もちろん自身が話すばかりではなく、相手の話を聞くことも重要です。

顧客が抱える課題や本音を聞き出し、解決に向けた提案ができることは、メーカー営業にとって必須のスキルといえるでしょう。

転職の相談をする(無料)

メーカーの営業に転職するメリットとデメリット

メリットとデメリット

メーカー営業は「安定している」「ノルマが厳しくない」といった理由から人気であると前述しました。メーカー営業に転職することは、その他にもメリットがあります。しかし、メリットとともに考慮しなければならないのが、デメリットです。良い面と悪い面、どちらも理解したうえで、メーカー営業への転職を検討するとよいでしょう。

転職するメリット

メーカー営業に転職することのメリットは、以下3つです。

  • 仕事の規模が大きい
  • 社会的信用度が高い
  • 福利厚生や研修制度が手厚い

メーカー営業はBtoBの職業です。そのためひとつの仕事の規模が大きく、責任重大であると同時にやりがいもあります。また有名企業の多い業界であるため、社会的信用も高いでしょう。企業によって差がありますが、福利厚生や研修制度が手厚いことも、メーカー営業へ転職するメリットです。

転職するデメリット

メーカー営業への転職には、以下のようなデメリットもあります。

  • 年功序列である
  • 業務の幅が狭い
  • 会議などが多い

メーカー営業には古い体質をもつ企業が多く、年功序列であったり、会議や稟議が多かったりといったデメリットがあります。また担当業務が細かく分かれているため、個人ができることに限りがあります。幅広い業務にチャレンジしたいという方にとっては、不満に感じてしまうかもしれません。

メーカー営業の大変な点は?

オフィスビル

ルート営業をメインとしているため、厳しいノルマがない、給料が安定するといった嬉しい要素もあります。しかし同時に、ルート営業ならではの大変な点も考慮しなければなりません。もちろん、どのような職業であっても「大変なこと」は存在します。本章ではメーカー営業に転職する前の心構えとして、以下3点を挙げて紹介します。

事務作業が多い

ルート営業の場合、1人が多くの企業(またはメーカー)を担当するケースが多く見られます。そのため、見積書や伝票の作成といった事務作業が多くなるでしょう。

しかし、デスクワークにばかり集中していると、顧客とのコミュニケーションが減ってしまいます。両者のバランスを保ちながら日々の業務をこなさなければならない点は、メーカー営業のきついところです。

自分で顧客を選べない

ルート営業では長年付き合いのある顧客を、引き継ぐ形で担当します。そのため、顧客を自分で選ぶことはできません。ときには顧客の性格が自分とは合わないことがあっても、売上を維持するため定期的に訪問しなければならないでしょう。新規営業のように、新たなクライアントを探すことで、売上を維持するといった手段がないことは、メーカー営業の大変な点でしょう。

信頼関係を築くために気を使う

企業間で長年の付き合いがあるからこそ、従業員の給与なども安定します。しかし、これは付き合いを維持するための努力があってこそ。ときに信頼関係というのは些細なことで崩れてしまうものです。メーカー営業は、信頼関係に傷がつかないよう、常に細心の注意を払わなければならなりません。また、前任者と比較されるといった、プレッシャーに耐えなければならないこともメーカー営業の大変なところです。

「入社した当初は高い目標をもって仕事に取り組んでいたけれど、
「頑張っても全く評価されないし」
「成果も出せず自分に向いているかも自信がない…」
石の上にも3年…すぐに辞めるのは良くないし、次にやりたいことも分からないのでとりあえず続けようとモチベーションの低いまま仕事を続けていませんか?

本当にそのままでいいの?
この先の長い人生、せっかくなら、あなたが楽しく輝ける環境を探しませんか?
あなたの長所や意外な特技が生かせる仕事に出会えるチャンスかもしれません。

20代の7割の人が業界を変え転職して働いてたりします。
せっかく転職するなら視野を広げて他の業界も見てみませんか?
「スキルも知識もないし不安…」という方こそご相談してください!
プロが業界ならではの特徴やあなたにあった業界を責任もってご紹介します!

良い点・悪い点を理解して、メーカー営業に転職しよう

ビジネスマン

メーカー営業について、業務内容や平均年収、向いている人の特徴などを解説しました。ルート営業がメインであるからこそ、安定した収入や比較的軽いノルマであるといったメリットがあります。その反面で年功序列であることや、関係性の維持に気を遣うなどといったきつい点もあるでしょう。良い面と悪い面、どちらも考慮したうえで転職を検討してください。 

転職の相談をする(無料)

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。