お問い合わせ

転職・副業

今話題のBtoB(btob)事業とは?転職にオススメの業種もご紹介!

#転職 #btob #法人

最近良く聞かれるようになったBtoB(btob)事業(以下BtoBにて統一)。事業規模も大きく転職先のひとつとして考える一方、あまり良く知らない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、BtoB事業について説明した後、転職にオススメの業種をご紹介していきます。

BtoB事業とは


そもそもBtoBとはどのような意味か。端的に言うと、BtoBとはビジネス用語で「Business to Business」の略称であり、法人(Business)間取引のことを指します。

平たく言えば法人企業向けの商品やサービスを提供している会社であり、一般消費者をターゲットとしたビジネスを行っていないため知名度はあまり高くありませんが、法人企業を相手にしている分取引額も大きく、安定的に経営を行っている優良企業が多いのが特徴と言えるでしょう。

また一般消費者をターゲットにした取引のことはBtoC(Business to Consumer)、行政相手の取引のことはBtoG (Business to Government)と略されます。私達が広告で見る会社は一般的にBtoC企業ということができるでしょう。

BtoB事業の例


一般的に、消費者を含まない法人間取引全般を「BtoB」と言います。

そのため、「一般消費者に売却する商品ではなく、法人企業で使用する商品・サービスを購入する」ことがまさにBtoB事業と言えます。もう少し具体的に言うと、「A社が仕事上使用する機械をB社から購入する」ことはまさにBtoBで、そしてB社が法人企業が使用する機械専門の製造会社だとすれば、B社は「BtoB」企業と言うことができるでしょう。

ただ、法人向けの商品と一般消費者をターゲットにした商品どちらも扱っている企業もあるため、そのような企業も「BtoB」企業に違いありません。自分がどのような働き方をしたいか、どのようなキャリアアップをしていきたいかを考えて会社を選んでいきましょう。

会社で使う商品を製造・販売する会社

前述したように、法人企業で使用する機械や商品を製造・販売している会社は代表的な「BtoB」企業と言えます。

有名どころでいうならば、オフィス用品の通販会社「ASKUL」はBtoB企業としても知名度の高い企業といえるでしょう。また家庭用ではなく、業務用の機材や機械を取り扱えるメーカーもBtoB企業と言えます。こちらは一般家庭用の電子機器を製造していることも多いので、馴染み深い会社もあるでしょう。

会社のプライベートブランドを製造する会社(OEM)

またBtoBの発展型に、OEM(Original Equipment Manufacturer)というものがあります。これは販売会社のブランド製品を別会社(メーカー)が製造することで、メーカーはその技術力を提供し、販売会社がそのブランド製品を販売する、という分業スタイルであり、BtoBtoC事業とも呼ばれます。

技術力はあっても宣伝ノウハウが無い企業と、逆にブランド力があってさらに商品を良質なものに開発していきたい、という企業がマッチングしたスタイルであり、自動車をはじめ、宝石や化粧品など、ブランド力が購買に繋がる商品にて主流となってきています。

転職相談をご希望の方はこちら(無料)

BtoB事業に転職するメリット


では、このBtoB事業で働くことでどのようなメリットがあるのでしょうか。下記にお伝えしていきます。

安定企業が多い

前述したように、BtoB事業は法人企業間の取引であり、一般消費者をターゲットにするより遙かに大きな金額が動きます。一般家庭で使用する商品の量と、企業で使用する商品の量が異なるのはもちろんのこと、機械であれば相応の専門性が必要となります。

そのため安定した経営を行っている会社が多く、企業に安定性を求めるタイプの方には向いているでしょう。

競争相手が少ない可能性も

BtoB企業は前述したように法人企業向けの事業ですから、一般消費者向けの広告はあまり打ち出してはおらず、一般消費者をターゲットにした商品を製造している会社より知名度は低いといえます。

知名度が低い分母数も少なく、転職において競争相手が少ない可能性もあります。

違った視点でマーケティングができる

商品を企画する際、いわゆる購買層を想定して企画を行っていきますが、BtoB事業ではターゲット層を「働くひとびと」に固定して企画を行っていくことになります。

そのため、違う視点からマーケティングを行いスキルアップしたい方や、知識や経験を積んでいきたい方にオススメと言えます。

スキルアップに注力できる

BtoB事業ではクリエイティブな事業も多く、BtoBtoCのメーカーで働く際には、特に純粋に技術力が求められることになります。

そのため、自分の今持っている技術力をさらに高めていきたい、専門性を身につけたいと思っている方は、BtoBのメーカーに転職することで、よりスキルアップが狙えることでしょう。

オススメの業種


前述したように、BtoB事業では、クリエイティブ系やものづくりの事業も多く存在します。そのため、転職先としてクリエイティブ職に興味がある、ものづくりを始めてみたい、という方はBtoB事業にやりがいを持ってチャレンジすることができるでしょう。

また、現在そのような職業についており、さらにスキルアップしたい、経験を積んでいきたい、という方も同様です。

もちろん、安定した企業につきたい、というのも立派な転職動機ですので、自分がどのようなことを大事にしながら働いていたいかを考えてください。

今回は上述した3つのタイプに合わせて、オススメの業種をお伝えしていきます。

安定性を求めるならBtoBもBtoC も行っているメーカーへ

前述したように、企業が業務上使用する機械や器具を製造している会社は、概ね一般消費者向けの機材も取り扱っているところが多いです。BtoBもBtoCも兼ね揃えた企業は経営的にも安定性抜群と言えるでしょう。

しかし、一般消費者向けの商品を扱っているということは、知名度も高く、それなりに求職者数も多くなる傾向にあります。しっかりと準備した上で応募しましょう。

技術力を上げたいならBtoB専門の会社へ

自分の技術力をさらに磨きたい場合、BtoB専門の会社に行くことで、さらにスキルアップをねらうことができます。広告代理店やデザイン会社などはその最たる例で、クライアントから依頼を受け、その依頼に合わせて自分のスキルを発揮できるため、まさにスキルアップに適した会社といえるでしょう。

幅広い経験を積みたいならBtoBtoCの会社も

前述したように、販売会社のプライベートブランドを手がけるメーカーに所属することで、一般消費者へのマーケティングを学びながら技術も磨くことができます。

化粧品や宝石、洋服など、ブランド力が購買に関わる会社が多いのも特徴であるため、よりターゲット層のことを考え、調査する必要も出てきます。一般消費者から企業まで、商品開発に幅広く携わってみたい方にはオススメです。

一方、BtoBtoCのメーカーというのはブランドの裏方として、あまり表には出てこない存在です。縁の下の力持ちとしての役割にやりがいを見いだせる方は向いていますが、友人や両親に誇れるような知名度が欲しい方には不足に感じることもあるでしょう。

まとめ

今回はBtoB事業について説明した後、転職にオススメの業種をご紹介してきました。

さまざまな業種があり、混乱することもあるかもしれませんが、まず大事なのはあなたがどのようなキャリアを描きたいかということ。ぜひ自己分析をしっかりとした上で、今回お伝えしたことを活かしていただけたらと思います。

転職相談をご希望の方はこちら(無料)

TAG

Written by

古橋直樹

古橋直樹

関西大学を卒業後、大手人材会社で営業・新卒採用の人事を経て、求人検索エンジン会社で大阪支社の立ち上げを経験。2021年に起業し、現在は、20代~30代前半を中心にキャリアアドバイザーとして転職を支援。