お問い合わせ

インタビュー

1500円以上の高時給!単発・短期もOK!俳優・芸人・声優など表現者のための求人サービス「プロモーションキャスト」とは?

メディアに出ている表現者は、世の中のわずかひと握り。売れるまでの下積み時代には、お金も時間もどちらもないというのが現実です。
そんななか、「夢を追いかけ続けられる世界を作りたい」と表現者のための求人サービス「プロモーションキャスト」を立ち上げた株式会社セレブリックスの有泉さんにインタビューしました。
一体、他の求人サービスと何が違うのか? その真相に迫ります。

プロフィール
有泉友加(ありいずみゆか)さん
株式会社セレブリックス プロジェクトマネージャー

23歳の時、舞台俳優として劇団に所属する傍ら、セレブリックスにコンビニの派遣スタッフとして登録。
その後、セレブリックスの内勤業務に誘われ、アルバイトとして人材コーディネーターへ。
社会人はつまらないと思っていたが、セレブリックス生活からビジネスの面白さを学び、正社員の道へ。
人材コーディネーター、営業職を経て、現在はセレブリックスHRカンパニーの採用責任者に。
2023年にプロモーションキャストを立ち上げる。
現在は小学2年生の娘を持つ母親でもある。

<プロモーションキャスト>(別タブで開きます)

表現者のための求人サービス「プロモーションキャスト」とは?

「プロモーションキャスト」のサービスについて教えてください。

「表現者の夢を優先する!支援する!叶える!」をコンセプトにしている登録制求人サービスです。社員数1000名を超える総合人材サービス会社・セレブリックスに登録していただき、表現者一人ひとりにフィットした求人をご紹介しています。表現者に特化した人材プロダクションのようなイメージです。

ー具体的にどんな仕事を紹介しているんですか?

俳優・声優・芸人・歌手・ダンサー・YouTuberなどの表現者が培ってきた“表現力”を活かせる求人を紹介しています。例えば、「接客・販売スタッフ」「食品PR販売」「美容グッズPRスタッフ」「入会案内スタッフ」など。仕事の中にはウェブ動画への出演やナレーションなど、夢に直結できるお仕事もご紹介できるように準備中です。本業を優先したライフスタイルを実現できるよう全力でサポートしますから、アルバイトの掛け持ちでお金と時間に苦しむこともなくなっていくはずです。

自分自身が俳優時代に「あったらいいな」と思えるサービス

ーこのサービスを立ち上げたきっかけを知りたいです!

元俳優の私自身が、お金も時間もなかった当時に「あったらいいな」と思えるサービスを形にしました。元々、幼少期から演じることに興味を持ち、高校時代には演劇部で全国大会を目指していたほど演劇が好きでした。舞台俳優として劇団に所属していましたが、俳優としての収入はごくわずか。興業・商業舞台なら稽古中にお金が出ることもありますが、下積みのほとんどは自主公演でお金が出ることはありません。

さらに、劇団に所属していると公演に向けて稽古や裏方の仕事でかなりの時間が割かれます。そこに、他の公演メンバーとスケジュールを調整しながら自主練したり、急にオーディションが入ったり。時間がないのが当たり前の日々が続いていました。

また、芸能事務所やプロダクションに所属すると、逆にお金がかかるんですよ。入所費にレッスン料とか。生活費だけでもギリギリなのに、本人にいくらやる気があっても、これでは持ちません。追い討ちのように周りからは「いつまで続けるの?」と言われてしまうこともありました。

ー有泉さんご自身はどのように生活費を稼いでいたのですか?

生活費のために居酒屋のアルバイトをしていました。ただ、稽古に合わせて急遽シフトを変えてもらうことも多くて、いつも「申し訳ない」という心苦しさを感じていました…ね。

ーその後、セレブリックスで仕事を始めたのでしょうか?

そうですね。23歳のときにアルバイトを探していて、セレブリックスの求人サービスに登録しました。そこで、たまたまセレブリックスの内勤業務のひとつとして、アルバイトで人材コーディネーター業務を始めたんですよ。

そしたら、思っていた以上に楽しくて(笑)。「表現で人を楽しませること」と仕事に共通点を感じ、思い切って正社員として働くことを決断しました。例えば、商談で相手の本音を探ったり、反応に応じて柔軟に対応したりするときは、俳優時代の役者経験が活きており、ビジネスと演劇は似ていることを痛感しましたね。

だから、特に「営業」や「販促」の仕事と俳優はマッチすると今でも思っています。

お金と時間の両立。表現者ファーストの求人サービスを目指して

ー表現者の方々にとって「プロモーションキャスト」に登録するメリットはどのような点が挙げられますか?

厳選した求人紹介ですね。「本業を優先できる融通の効くシフト」「単発・短期勤務OKの働き方」「表現力を活かした1500円以上の高時給求人」など、他のアルバイトではなく、プロモーションキャストを利用したから出会える求人を豊富に揃えています。

それに、勤務日数に応じて宣材写真撮影・ボイスサンプル録音など表現者として必要なPR素材の費用を当社で負担することもあります。

ー時給1500円以上!? かなり魅力的ですね…。

やっぱり、みんなお金と時間に悩むのではなく、もっと本業の表現について悩みたいと思うんです。だから、本業を最優先にしたライフスタイルが実現できるように、求人の紹介はもちろん、そこで働き出してからも当社が全力でサポートします。

ーちなみに、アルバイト以外の求人もあるんですか?

ありますよ。今の時代、リモートや時短勤務などの制度を活かせば、正社員として働きながら、表現者としての夢を追いかける選択肢もありますから。正社員雇用の場合は、安定した収入に加えて、休暇・手当などの福利厚生も得られるのがメリットですね。私のように、将来そのまま正社員として働き続けることもできるので、心の健康を保ちながら夢を追い続けるためのリスクヘッジにもなります。

このような表現者のセカンドキャリア支援は私が1番大切にしていることです。

表現者のスキルはビジネスの現場でも通用する

ー表現者はどんな仕事で活躍していますか?

商品やサービスの認知を広げる推奨販売、英会話教材などの入会案内スタッフ、新商品のプロモーションなどです。表現者が得意な“目を引いて足を止める”スキルが活きています。スーパーの店内放送を任された声優志望の方は、「自分のスキルが仕事で活かせるなんて」と喜んでくれていましたね。

ー確かに、つい足を止めて見入ってしまいそうです。

やはり表現者の強みは「声」の使い分け。声の大きさ・高さ・速さ・声色・間など、シチュエーションに合わせた声の使い方が絶妙で上手い。

あとは「演技力」があるのでアドリブもお手のもの。例えば、舞台では各公演ごとにお客さんの温度に合わせて演技することが当たり前。だから、ビジネスの現場でも、その場の空気を読みながら、どんなキャラクターでコミュニケーションを取れば良いのか、感覚的に理解している人が多いですね。

あとは、自身の役を研究するクセがついているので、商品やサービスへの探究心もあり、「理解度が高いですね」とクライアントから信頼の声が挙がることも多々あります。

「夢を追いかける人を支援している今が、私の青春です」

ー最後に今後の目標についてお聞かせください。

本気で表現者を目指している方に、本気で向き合い続けたいですね。実は、ほんの少し私自身が俳優への未練もありまして…。だからこそ、夢を追いかけている皆さんには全力で夢を叶えて欲しいと思っています。そんな方々をキャリアから支えられるこの仕事が、今の私にとっての青春です。

私のポリシーとして、どんな相手にも本音で語ってもらうために、自分も正直でいることを心掛けています。私と関わるなかで「楽しかった!」と思ってもらいたくて。この気持ちは俳優時代から今も変わらないですね。

だからこの記事を読んでくださっている皆さんも、まずはお気軽にご相談にいらしてください。あなたにフィットする求人紹介はもちろん、今まで考えもつかなかった“新しい夢の追いかけ方”を一緒に探していきましょう!

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。

ハレダスでは
無料で就職・転職の相談
を承っています

しごと相談する LINEで相談する