お問い合わせ

転職・副業

ネットワークエンジニアとは?他のエンジニアとの違いやなり方も解説

#資格 #転職 #エンジニア #ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとはネットワークの構築や運用を行うエンジニアのことです。具体的にどのような仕事内容なのか、また、どのような資格が必要とされているのか見ていきましょう。なり方や年収についても紹介するので、転職をご検討の方はぜひ参考にしてください。

「今の職場が自分に合わないと感じる」 
「人間関係に苦労していてどうも馴染めない」
こんなに悩んでしまうのは、“自分がおかしいからだ”と思っていませんか?
それはあなたが悪いわけでも会社が悪いわけでもありません。
あなたと会社が合わないだけです。もしかしたら業界自体が合わないのかも…。

今の環境を変えたい、抜け出したいという思いから、転職活動をしていてもあなたが「辞めたい」と思う根本的な原因と解決不法が分からないままではまた同じようなことで悩み転職を繰り返してしまうことになるかもしれません。

あなたがストレスなく伸び伸びと働き輝ける職場は必ずあるはず!
あなたの好きなこと、得意なことを活かせる仕事、環境を私たちと一緒に探しませんか?転職によって、今の環境を抜け出すということだけではなくあなたの将来的なキャリアの幅を広げるお手伝いをさせてください。

ネットワークエンジニアとは?わかりやすく解説

仕事のイメージ

ネットワークエンジニアとは、コンピュータネットワークの設計や構築、運用、保守を担当するエンジニアです。ユーザーが快適にインターネットやコンピュータを利用するための環境を整えます。

企業や学校、家庭などさまざまな場所でコンピュータネットワークは不可欠です。トラブルが起こると仕事や日常生活に支障が出るので、ネットワークエンジニアが迅速に駆けつけ、トラブルの原因をつきとめ、使いやすい環境を構築します。

年収は450万円ほど

ネットワークエンジニアの年収は450万円ほどです。年収500万円未満が全体の約2/3を占めます。

IT関連の技術職全体の平均年収は400万円前半なので、ネットワークエンジニアは平均~やや高めと考えられるでしょう。より高年収を目指すのであれば、エンジニアの素養を活かした営業職「セールスエンジニア」なども検討できます。

システムエンジニア(SE)との違い

システムエンジニア(SE)とは、コンピュータ上のシステムを設計、構築、テストする仕事です。ネットワークエンジニアのようにネットワークシステムを作るのではなく、コンピュータシステムそのものを作るという点が異なります。

なお、システムエンジニアの年収も平均450万円ほどです。システムエンジニアからネットワークエンジニアに転職、ネットワークエンジニアからシステムエンジニアに転職するケースも多く、比較的近い仕事といえます。

サーバーエンジニアとの違い

サーバーエンジニアとは、サーバーを設計、構築する仕事です。コンピュータネットワークはサーバーを繋げることで完成するため、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアは関係の深い職種といえるでしょう。

サーバーエンジニアの年収は平均470万円ほどです。システムエンジニアやネットワークエンジニアと比べると少し高いので、給料アップの選択肢として検討することもできるでしょう。

保有していると望ましい資格

ネットワークエンジニアになるためには、特別な資格は必要ありません。しかし、ネットワークエンジニアとして働くためにはネットワーク関連、IT関連の深い知識が必要になります。次の資格取得を目指すことで、ネットワークやITに関して体系的に知識を習得できるでしょう。また、転職時にも評価されることがあるので、ぜひ資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

  • シスコ技術者認定CCNA
  • 基本情報技術者試験

それぞれの資格について詳しく解説します。

シスコ技術者認定CCNA

シスコ技術者認定CCNAとは、アメリカのネットワーク機器メーカーのシスコシステムズが主催する認定試験です。ネットワークに関する知識だけでなく、シスコの製品の扱い方なども問われます。

なお、シスコの技術者認定試験にはいくつか種類がありますが、そのなかでCCNAは基礎的な知識が問われる試験です。ネットワークエンジニアとして基礎的なスキルや知識を示すためにも、取得しておきたい資格といえるでしょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは、ITに関する基本的な知識とスキルを問う国家試験です。システムの設計や開発、構築、保守に必要な能力についても問われるので、ネットワークエンジニアを目指すならぜひ取得しておきたい試験といえるでしょう。

基本情報技術者試験は年に2回実施されます。ネットワークエンジニアだけでなく、Webエンジニアやアプリケーションエンジニアなどのさまざまな種類のエンジニアに人気の資格なので、将来的に別のエンジニアとして働きたい方にもおすすめといえるでしょう。

ネットワークエンジニアの仕事内容

データのイメージ

ネットワークエンジニアの仕事内容は、主に次の2つです。

  • ネットワークの設計・構築
  • ネットワークの運用・管理

それぞれ具体的にどのような仕事を含むのか、詳しく解説します。

ネットワークの設計・構築

ネットワークエンジニアは、クライアントの依頼を受けてコンピュータネットワークの設計と構築を実施します。クライアントがどのようなネットワークを期待しているのかを丁寧に聞き取り、設計に反映させていくこともネットワークエンジニアの仕事です。

また、すでにコンピュータネットワークの設計書ができている案件も少なくありません。その場合は、ネットワークエンジニアはコンピュータネットワークの構築だけを受け持つことになります。

設計書に問題があるときは的確に指摘し、スムーズに稼働するネットワークを構築することもネットワークエンジニアの大切な仕事内容です。そのためにも、ネットワークエンジニアには、ネットワーク関連の幅広い知識や最新のパーツなどの正確な知識が求められます。 

ネットワークの運用・管理

ネットワークを構築した後も、ネットワークエンジニアの仕事は続きます。クライアントがトラブルなくネットワークを利用できているか確認するだけでなく、万が一、トラブルが起こったりスムーズに使えなくなったりしたときは迅速に対応するのもネットワークエンジニアの仕事です。

なお、横に広がりのあるネットワークの特性上、トラブル対応も単に対象となるシステムだけに対応すれば良いわけではありません。そのため、ネットワークエンジニアには自作したシステムについて深く理解しているのはもちろんのこと、ネットワーク全体を俯瞰して調整する高度な知識とスキルが求められます。

転職相談をご希望の方はこちら(無料)

ネットワークエンジニアに求められるスキル

転職のイメージ

ネットワークエンジニアには、次の2つの知識とスキルが求められます。

  • ネットワークに関する知識とスキル
  • セキュリティに関する知識とスキル

それぞれどのような知識、スキルを含むのか、具体的に見ていきましょう。

ネットワークに関する知識とスキル

ネットワークエンジニアとして働くためには、少なくともコンピュータネットワークに関する深い知識とスキルが必要です。例えばIPやWAN、LANについて正確かつ最新の知識を持ち、クライアントのニーズに合うようにネットワークを設計、構築していきます。

また、ネットワークの構築に必要な機器についても正確に把握しておくことが必要です。ルータやブリッジ、DMZ、VLANの設定も、シチュエーションとクライアントのニーズに合わせて適切に行います。ネットワーク機器は常に新しいものが開発されているので、積極的に勉強し、最新の知識を身に付けておくこともネットワークエンジニアに求められているといえるでしょう。

セキュリティに関する知識とスキル

ネットワークでつなぐことでインターネットやコンピュータを便利に利用できるようになりますが、世界が広がる分、ウィルスや悪意のあるアクセスに晒される危険性が高まります。ネットワークエンジニアにはセキュリティに関する知識と、トラブル回避のための実践的なスキルも求められるでしょう。

ネットワーク上に起こるトラブルは、日々複雑化しています。ネットワークエンジニアは常に最新の知識を入手し、構築したコンピュータネットワークが危険に晒されることがないよう保守することも必要です。そのためにも、セキュリティ関連の知識を積極的に身に付けること、最新の知識と対応策を継続的に学び続けることが求められます。

「入社した当初は高い目標をもって仕事に取り組んでいたけれど、
「頑張っても全く評価されないし」
「成果も出せず自分に向いているかも自信がない…」
石の上にも3年…すぐに辞めるのは良くないし、次にやりたいことも分からないのでとりあえず続けようとモチベーションの低いまま仕事を続けていませんか?

本当にそのままでいいの?
この先の長い人生、せっかくなら、あなたが楽しく輝ける環境を探しませんか?
あなたの長所や意外な特技が生かせる仕事に出会えるチャンスかもしれません。

20代の7割の人が業界を変え転職して働いてたりします。
せっかく転職するなら視野を広げて他の業界も見てみませんか?
「スキルも知識もないし不安…」という方こそご相談してください!
プロが業界ならではの特徴やあなたにあった業界を責任もってご紹介します!

ネットワークエンジニアを目指してみよう

転職活動のイメージ

コンピュータネットワークの設計から構築、運用、保守を担当するネットワークエンジニアの仕事は、ネットワークやITに関する高度な知識が求められる職業といえます。また、会社や官公庁だけでなく、学校や家庭など幅広い場所でネットワークの導入・運用が必要とされているため、将来性の高い仕事ともいえるでしょう。

ネットワークエンジニアの仕事を目指している方は、ぜひハレダスの転職相談チョイスにご相談ください。転職相談チョイスでは経験豊富なキャリアアドバイザーが、転職を希望するすべての方に向けてご自身に合う仕事の見つけ方、職場の見つけ方まで丁寧にアドバイスを実施しています。

ネットワークエンジニアの仕事に興味はあるけれども、本当に自分に向いているのかわからない方、また、エンジニア関連の仕事そのものが自分に合っているのか自信がない方も、ぜひお声がけください。相談料は無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

ハレダスの就職相談『CHOICE!』ページへ

TAG

Written by

古橋直樹

古橋直樹

関西大学を卒業後、大手人材会社で営業・新卒採用の人事を経て、求人検索エンジン会社で大阪支社の立ち上げを経験。2021年に起業し、現在は、20代~30代前半を中心にキャリアアドバイザーとして転職を支援。