お問い合わせ

転職・副業

転職時に自己分析は必要!理由と方法、面接に活かすためのコツを紹介

#面接 #就活 #転職

転職をする際には、自己分析をおこない自分について深く知ることが必要です。分析の結果、自分が本当に望んでいる働き方は何なのかが分かることもあるでしょう。

また、自分の新たな可能性について発見できることもあります。自己分析の具体的な手法や、分析して判明した事柄を面接に活かす方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

転職の際に自己分析が必要な2つの理由

2つの理由

「自己分析」は、自分を知るために活用できるひとつの方法です。自分について正確に知ることは常に必要なことですが、転職の際には自分に本当に合う職場を見つけるために、さらに詳しく知ることが望ましいといえるでしょう。

自己分析により、転職の際にぜひとも知っておきたい次の2つの事柄を理解できるようになります。

1.したい仕事と得意とする仕事を知るため

自己分析をすると、自分が本当にしたい仕事は何なのかが分かるようになります。今まで「この仕事をしたい」と思っていた仕事以外にも、挑戦してみたい仕事が見つかるかもしれません。転職先の候補を広げるためにも、自己分析が有用でしょう。

また、したい仕事と得意とする仕事が異なることもあります。今まで営業を担当することが多いため、なんとなく営業を天職のように感じていた方も、自己分析をすることで企画や事業推進のほうが向いていると判断できるかもしれません。

自分の能力を最大限に発揮できる分野に挑戦するためにも、転職前に自己分析をしておきましょう。

2.本当に転職が必要かを知るため

自己分析をした結果、現在の職場や仕事内容が自分に合っていることを再確認できるかもしれません。反対に、転職しようと計画していた職場・仕事内容が自分に合わず、苦労が予想される可能性もあります。

「転職したい!」と衝動的に現在の職場を辞めてしまうと、後悔する結果になることも少なくありません。まずは一度立ち止まって自己分析をすることで、本当に転職が必要か、転職が必要ならばどのような仕事を探せるのか調べてみましょう。

転職相談をご希望の方はこちら

転職に役立つ自己分析の手順

方法

自己分析の手法は様々にありますが、特別なツール不要で簡単に自宅で実施でき、なおかつ転職に役立つ手法を紹介します。

今の仕事をこのまま続けていてもよいのか悩んだときや、これからの働き方について不安や疑問があるときなどに、以下に紹介する手順で自己分析を実施してみてください。自分をより深く知ることができるでしょう。

1.マインドマップで転職の理由を書き出す

マインドマップとは、自分の頭の中を紙に書き出して地図状にしたものです。紙の中央部分に「私」と書き、取り囲むように「仕事」「家族」「趣味」「したいこと・夢」「自覚している性格」「他人から見た自分」などの転職のキーワードとなる言葉を書き、それぞれ〇で囲みます。

次は、各キーワードから思いつく言葉をキーワードから線を引いて書きましょう。例えば「したいこと・夢」として「パン屋さん」や「難しい」という言葉が浮かぶ場合は、文章にするのではなくそのまま記載します。

キーワードによっては、思いつく言葉があまりないかもしれません。数には関係なく、とにかく頭の中に思いつく言葉をキーワードから線を引いてつなげて書きこんでいきましょう。

2.どんな仕事をしたいのかノートに書き出す

マインドマップで頭の中身を言葉として書き出すと、自分がどんな仕事をしたいのか見えてきます。

例えば、マインドマップ上に「貯金」や「学資」「ローン」「支払い」といった金銭的な不安が見え隠れする言葉がたくさん出ている場合は、転職によって収入を上げたいという潜在的な欲求が見えてくるかもしれません。

このようにマインドマップで明らかになった潜在意識や仕事への思い、夢などを整理して、ノートに書き出してみましょう。どのような仕事を本当に望んでいるのかが徐々に明らかになっていきます。

3.仕事における自分の性格を分析する

次はマインドマップに表示された自分の性格に関する言葉を集めて、分析してみましょう。

自分が意識している性格として「人と話すのが好き」「じっと座っているのが苦手」「体を動かしたい」などがあるのならば、足を使って働く営業職や接客をする販売業、窓口業務なども転職先の候補に考えられます。

他人から「明るい」「行動力がある」「リーダーシップがある」と評価されることが多い場合にも、活動的に人と接する営業職を検討できるかもしれません。

また、新しく創業した会社のチームリーダーとしての仕事なども適している可能性があります。分析した性格をもとに、自分に合う仕事を考えていきましょう。

4.今までのキャリアを棚卸しする

自分を構成している要素は、頭の中の言葉だけではありません。今までのキャリアから得られた経験やスキルも、自分を構成している大切な要素です。

紙に今までの仕事を書き出し、その時々に得てきた経験・スキルを書き出してみましょう。漏れがないように、年度別に書き出すのもおすすめです。

学生時代のアルバイトから得られた経験なども含めれば、意外に多くの経験をして、幅広いスキルを習得していることが分かるでしょう。

5.関心のある分野と理由を書き出す

紙に関心のある分野について書いてみましょう。特に思いつく分野がない場合は、マインドマップで出てきた言葉がヒントになるかもしれません。

また、分野を書き出したら、なぜ関心を持つのかその理由について書いてみましょう。例えば「介護」に関心がある方は、祖父母と暮らした記憶に基づいているのかもしれません。

関心のある分野の理由を探ることで、自分が本当に興味を持つ分野を知ることができます。

6.自分のアピールポイントを分析する

1~5の分析結果から、自分がどのような経験やスキルを持ち、どのような評価を得ているのかと考えられるのかが具体的に分かってくるでしょう。これらの結果から、自分のアピールポイントをあぶり出していきます。

また、アピールポイントだけでなく、アピールできる理由やそれに関連する経験についても分析しておきましょう。

面接に自己分析を活用する方法

面接

自己分析した結果は、転職の際の面接に活用できます。面接では、転職希望者がどのような人間であるのかを知るために、面接官がありとあらゆる角度から質問をしてくるでしょう。

しかし、自己分析をして、自分自身を深く理解できていればスムーズに答えられます。ここからは、面接における具体的な活用法について見ていきましょう。

短所をポジティブに捉えて説明する

面接において、自分の短所と長所について尋ねられることは少なくありません。長所はスムーズにいえる方も、短所となると「良くない性格だと思われてしまうのでは?」と不安になり、うまく表現できない方もいるでしょう。

そこで、自己分析により自分の短所やその理由を深く把握しているならば、短所をポジティブに表現できるようになります。

例えば、自己分析により「楽なほうに流されてしまう」という短所が見つかった場合、そのまま面接官に伝えるだけでは「仕事をさぼる可能性があるのかな?」と不安要素として受け取られてしまうかもしれません。

しかし、楽なほうに流されてしまうのは、合理的な性格によるものということが分かっているならばどうでしょうか。

「私は基本的には怠け者です。そのため、少しでも無駄を省くために工夫をし、常に『もっと楽な方法はないか』と合理的な方法を模索しています。」と表現し、短所はあるけれども長所にもなると説明できるでしょう。

スキルや経験を具体的に話す

自己分析をすることで、今までの経験をより具体的に思い出すことができます。面接でも「この分野においては経験があります」と単純に伝えるのではなく、実際に経験した内容やその際に得られたスキルを含め、より具体的に話せるようになるでしょう。

具体的な実例を交えて話すことで、言葉の説得力が増し、面接官の心を動かせる可能性が高まります。

自己分析で自分を知って転職に活かそう

OK

転職前に自己分析をすることで、自分に本当に合う仕事が見つけやすくなります。また、面接において様々な角度からの質問に対してスムーズに答えられるようになる点も、自己分析のメリットです。

ぜひ時間をとって自己分析を実施し、自分という人間や自分の得意とする事柄をより深く知ることから転職活動を始めていきましょう。

ハレダスでは転職に関するご相談を承っております。お仕事相談会も開催しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。