お問い合わせ

初めての就職

企業分析は就活の重要なステップ。方法や成功させるコツを解説

#就活 #内定 #就職活動 #企業分析

企業分析とは企業の事業内容や外部環境などを調べ、就活に役立てることです。企業分析は志望動機を明らかにするなど、就活の準備活動として欠かせません。

本記事では、企業分析の必要性や目的、分析前に行うこと、具体的な方法などについて紹介します。

企業分析とは?

勉強する女学生

企業分析とは、企業の外部環境と内部環境を調べ、業績を上げている仕組みや課題、価値観などを把握することです。企業分析は就活を始めるために不可欠であり、目指す方向を明らかにすることができます。

企業分析の必要性と目的を知ることで、具体的にどのようなことをするべきか知ることができるでしょう。ここでは、企業分析について詳しく紹介します。

企業分析の必要性

企業分析は、就活の方向性を定めるために必要です。企業の事業内容や経営理念などを把握せずに就活の方向性を決めることはできません。どこに向かうかわからない状況では、成功にたどり着くことはできないでしょう。

十分な時間をかけて企業分析を行い、目指すべき着地点を定めることが就活を成功させるための必須条件です。

企業分析の目的

企業分析を始める前に、なぜ企業分析を行うのかを把握しておくことが大切です。企業分析の目的を知ることで、企業分析の何に注目して、どのような点を深く掘り下げていくのかがわかります。

的確な分析を行うために、どのような目的をもって行うかをしっかり理解しておきましょう。企業分析の目的を2つ紹介します。

志望動機を明確にする

企業分析を行う目的は、志望動機を明確にすることです。企業側では就活生の志望動機を重視しており、ESでも面接でも、説得力のある志望動機を伝えることが選考に通過するためには重要です。

企業分析をしっかり行うことで、会社のどのような点に魅力を感じ、どのような貢献がしたいのかを明らかにできます。企業側が納得できる志望動機を示せるでしょう。

相性が合うか見極める

企業分析をすることで企業の社風や価値観がわかり、その企業と相性が合うかを確認できます。就活に成功して入社できても、会社との相性が悪ければ十分な活躍ができず、早期退職になる可能性もあるでしょう。

例えば、新しい業務にチャレンジしてスキルを高めたいと考えている場合に、長期的な視点で人材を育成する会社ではモチベーションが保てません。反対に、ゆっくりとスキルを積み重ねたい場合、スピーディーな成長を求める会社に入ってしまっては、ストレスを溜めてしまう可能性が高いでしょう。

したがって、会社と自分の考え方が合っているかを見極めることが大切です。

企業分析の前に行うこと

企業のイメージ

企業分析を行うには、事前準備として行っておきたいことがあります。何も準備せずにいきなり企業分析を始めてしまうと、他の活動に支障が出る可能性もあるからです。

まず、どのような企業で働きたいか条件を設定し、分析を行う企業を絞り込みます。また、分析にばかり時間が取られてしまわないよう、期間を設定することも大切です。企業分析前に行うべきことを見ていきましょう。

分析する企業を絞り込む

まず、自分がどのような企業で働きたいか条件を設定し、分析する企業を絞り込みましょう。企業の数は多く、漠然と気に入った企業の分析をしていては収拾がつかなくなります。十分な分析ができず、中途半端に終わってしまう可能性もあるでしょう。

条件を設定したなかでも特に優先順位の高い企業を厳選し、集中的に分析するようにしてください。

分析期間を決める

分析をする期間も設定しましょう。就活では企業説明会への参加や、ES・履歴書の作成、面接対策など、行うべきことはたくさんあります。他のことに気を取られて企業分析がおろそかにならないよう、スケジュールを決めて行うことが大切です。

他の活動が始まる前に企業を絞り込み、集中して企業分析を済ませるのが理想的でしょう。

就活相談をご希望の方はこちら

企業分析の具体的な4つの方法

パソコンをする女性

企業分析を行うには、手順に沿って効率的に進めることが大切です。具体的には、次の4つを順に行いましょう。

  • 企業の基本情報を調べる
  • 企業が属する市場とそこでの立ち位置を把握する
  • 社風や経営戦略を確認する
  • 競合他社との違いを分析する

これらの項目を、Webサイトや会社説明会、書籍などで調べます。それぞれの項目について、詳しく見ていきましょう。

1.基本情報を把握する

まずは、企業の事業内容や所在地、資本金、従業員数などの基本情報を把握します。どのような商品やサービスを開発・製造・販売し、どのような関係者が関わり、業界ではどのようなポジションなのかを調べましょう。

企業が属する市場についても調べます。市場を知ることで、企業の経営戦略が理解できるからです。企業の提供する商品やサービスが、市場において十分に需要を満たしているかなども確認しておきましょう。

2.市場での立ち位置を確認する

企業が市場でどのような立ち位置にあるかを確認します。市場には競合する商品やサービスを展開している企業がたくさんあり、そのなかでどのような位置にいるのかを調べることで企業の現状や強み、課題などを把握できます。

イメージではない、データに基づく正確な情報を把握することが大切です。立ち位置の分析により、企業の将来性もわかるでしょう。

3.経営理念や社風を調べる

次に、企業の経営理念や社風を調べましょう。これまでの歴史で作り上げてきた社風、経営理念を知ることで、自分と企業との相性がわかります。どのように事業を進めてきたかを知れば、企業の方向性や人材育成の方針も確認できるでしょう。

急速な事業展開を行なっている場合、新しいことにチャレンジして早い成長ができると考えられます。ゆっくりと事業を進めている企業であれば、安定志向で長期的な成長が期待されることでしょう。

4.競合との違いを確認する

また、競合他社との違いを分析し、企業の独自性を見つけることも大切です。面接では競合する他社ではなく、どうしてその企業なのかを聞かれることも多いでしょう。

具体的な数値を調べ、他社と比較して特性を把握することで違いが明らかになり、志望動機を明確にすることができます。他社ではなく、その会社に入りたいということを、熱意をもって伝えることができるでしょう。

企業分析を成功させるポイント

ノートに書いている人

企業分析を成功させるためには、さまざまなツールを活用することが大切です。公式サイトや会社説明会でも情報は得られますが、一方的な視点にとどまる可能性があります。幅広い媒体から情報を集め、より客観的な企業分析を行いましょう。

また、効率的に分析するにはフレームワークを使うのもおすすめです。ここでは、企業分析を成功させるポイントを紹介します。

ツールやフレームワークを活用する

企業分析を行う場合には、まず企業のホームページで基本情報を確認するほか、IR情報(上場企業の場合)やプレスリリースなどもチェックしましょう。

IR情報では財務状況などがわかり、業績や今後力を入れていく事業など、企業全体の動向を把握できます。プレスリリースは、最新情報が発信されている場所です。新しい商品・サービスの情報などがチェックできます。

集めた情報を分析する際は、フレームワークを使うのが効率的です。企業分析の役立つフレームワークには、次のようなものがあります。

  • SWOT分析
  • 3C分析

SWOT分析とは企業を取り巻く内部環境(強み、弱み)、外部環境(機会、脅威)を分析する手法です。強みと弱みを整理して経営環境を分析し、企業の将来性を確認できます。

3C分析は会社の環境や顧客、競合他社について分析するもので、競合他社や市場についても把握できる点がメリットです。

弱みや経営課題も把握しておく

企業分析では企業の良い部分だけに焦点を当てがちですが、どの企業にも弱みや経営課題があります。強みと合わせて分析しておくことが大切です。面接で志望動機を質問されたとき、自社の弱みについて聞かれる可能性もあるでしょう。

企業がどのような弱みや課題を持ち、それに対しどのような対策を立てているかの分析も忘れずに行ってください。

十分な企業分析で内定を勝ち取ろう

笑顔の女性

就活に成功するためには、十分な企業分析が不可欠です。まずは分析する企業を絞り込み、他の活動に影響しないようなスケジュールを組みましょう。記事に内容も参考に、的確な企業分析で内定を勝ち取ってください。

ハレダスでは就活の支援を行なっており、企業分析の相談にも対応しています。「何から始めていいかわからない」という方は、お気軽にご相談ください。

就活相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。