お問い合わせ

転職・副業

転職の成功は事前の準備が決め手!始める時期や行うべきことを解説

#就職 #転職活動 #転職 #転職支援

転職をしようと決めたら、さっそく準備を始めましょう。転職成功のカギは、事前準備にあります。とはいえ、初めての転職はわからないことも多いでしょう。本記事では、転職を開始する時期や準備の手順、成功するポイントについて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

転職の準備はいつから始める?

話し合う人たち

転職を始めるには、次の職場が決まるまでにどのくらいの日数が必要かを把握しなければなりません。それを逆算し、転職を始める時期を決めましょう。 転職が初めての人は、転職と就活との違いもよく理解する必要があります。転職活動を行うのは在職中か、退職してからかも迷うポイントです。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

転職と就活の違い

転職の経験がない人は、転職と就活の違いから把握しておきましょう。就活は毎年スケジュールが決まっていますが、転職の求人が出る時期は会社ごとの事情で異なり、決まりはありません。

また、就活では大量に募集する会社もあるのに対し、転職の場合は基本的に採用枠が少なく、競争率が高い点が特徴です。 また、就活は学生が持つ強みや資質などが選考の基準になるのに対し、転職ではそれに加え、これまでの経験や積み重ねてきたスキルが判断基準になります。

転職活動に必要な期間

転職活動の大きな流れは、次のようになります。

  1. 自己分析
  2. 情報収集
  3. 書類作成
  4. 求人への応募
  5. 面接 内定、入社

まず、自分の強みや向いている仕事、転職に求めるものなどを明らかにするために自己分析を行います。ここで、これまでの経歴を洗い出す「キャリアの棚卸し」をしておきましょう。 さらに、応募したい業界や企業の情報を収集します。また、履歴書や職務経歴書の作成もここで済ませておきましょう。ここまでの流れを約2週間で行います。

その後、求人への応募と面接に約1カ月見ておいてください。内定を受けて入社までの期間も約1カ月ほどです。 これはひとつの目安で、応募する会社の数や退職する際の事情などで期間は変わります。通常では、3カ月から半年ほどかかると考えておけばよいでしょう。これを逆算し、遅くとも3カ月前には転職の準備を開始するようにしてください。

退職の時期

転職活動を在職中に行うか、退職してからにするかは迷うところでしょう。求人の状況や職場の事情などにも左右されるため、どちらがよいとは一概に言えません。 在職中の転職活動は、「生活費の心配がない」「転職の期間が長引いても焦らずに済む」というメリットがあります。

退職後の活動にも、「時間の余裕があり、集中的に活動できる」「面接日の調整がしやすい」などのメリットがあるため、自分は何を重視するかによって決めるとよいでしょう。

転職相談をご希望の方はこちら

転職活動を成功させる事前準備

パソコンで作業する人

順調な転職活動を行って転職に成功するには、手順に沿って進めることが大切です。まず、転職する理由を明らかにし、自己分析や情報収集を行います。 また、退職後に活動する場合は、必要な資金を確保しておくことも忘れてはいけません。

最終ゴールを設定し、それに向けて綿密なスケジュールを立てましょう。それぞれの内容について紹介します。

転職理由を明らかにする

まず、転職する理由や目的を明らかにして、転職の方向性を定めます。現在の職場への不満ばかりに目を向けるのではなく、これから挑戦したいこと、新しい職場で成し遂げたいことを考えましょう。

「5年後にはこうなっていたい」というビジョンを具体的に描き、それが実現できる職場を探します。ビジョンがたくさんある場合は優先順位をつけ、より重要な条件を満たす転職先を選ぶようにしましょう。

自己分析を行う

自己分析は自己PRの基本になるため、丁寧に行いましょう。これまでの経歴を洗い出し、深堀りしながら自分の強みや長所、向いている仕事などをしっかり見極めます。自己分析では、短所もマイナスととらえないことが大切です。 短所と思える部分も、捉え方によりプラスに考えられることができます。

例えば「融通がきかない」という欠点があっても「ひとつのことにこだわり集中できる」と捉えることで、長所と考えることもできるでしょう。少しでも多くの長所を見つけることで、転職の幅が広がります。

発見した強みは、できるだけ掘り下げて独自の特徴を出しましょう。例えば「決断力がある」だけではよくある言葉ですが、「選択を迫られたときに迷わず的確な判断ができる」とすれば、他と差別化されて印象に残りやすくなります。

情報を集める

転職理由や自己分析の結果により、応募する企業の絞り込みができます。自分の希望に合う求人を見つけるため、求人情報は条件を広くしてできるだけ多く集めましょう。ここで絞り込みすぎると、必要な情報を見逃す可能性があるからです。 最初は、気になる求人を徹底的にピックアップしておいてください。

ある程度候補が揃ったら、転職理由や自分の強みなどと照らし合わせて絞り込んでみましょう。 さらに、志望する業界の動向や企業の情報もしっかり集めます。業界が成長過程にあれば、企業の採用も活性化しているなどの判断材料になるでしょう。また、企業研究では経営理念や事業内容を把握し、自分の強みでどのような貢献ができるかを見極めます。

資金を用意する

転職活動には資金も必要です。転職活動自体に必要なものは、資料代や交通費、スーツ代などで約10万円です。退職してから活動する場合は、転職先が決まるまでの生活費も考えなければなりません。 活動が長引くことも想定し、十分な資金を用意しておく必要があるでしょう。

雇用保険も自己都合による退職の場合は、3カ月の給付制限期間があるため注意が必要です。

ゴールを設定してスケジュールを立てる

「転職活動に必要な期間」の項目で説明した内容を参考に、ゴールを設定して大まかなスケジュールを立てましょう。 自己分析や書類作成、求人探しに1〜2カ月、応募から選考、面接に1〜2カ月、退職準備に1カ月ほどと、後から変更できるように余裕を持ってスケジューリングします。

期間が長引けば転職へのモチベーションも下がるため、長くても半年以内に決めるように計画を立てましょう。

転職の準備に成功するポイント

デスク上のノートとスマホ

転職の準備を円滑に行うには、ポイントがあります。求人を探すときは、より多くの情報をチェックできる求人情報サイトがおすすめです。多くの企業を比較できるため、自分に合う会社を見つけやすくなります。

さらに選択の幅を広げたい場合には、転職フェアを利用するのもよいでしょう。転職が初めてで要領よく進める自信がないという方は、転職エージェントの利用するのも方法のひとつです。

求人情報サイトでチェックする

ネットの求人情報サイトでは、詳細な条件を入力して希望に合った求人を探せます。希望条件に合う会社が少ない場合は、優先順位の低い条件を外して検索してみましょう。いろいろ検索してみて、より優先順位の高い条件に合致する転職先を見つけてください。

また、希望に合う会社がない場合には条件を登録しておくことで、該当する求人が掲載されたときにメールで通知される機能もあります。自分に合う求人を逃すこともないでしょう。

転職フェアや転職エージェントを利用する

転職フェアに参加するという方法もあります。転職希望者を対象にした企業説明会です。採用担当者と直接話せるため、求人情報ではわからない会社の雰囲気なども確認できます。疑問や不安に思うことをなんでも質問し、企業への理解を深めることができるでしょう。

また「転職活動自体が不慣れ」「在職中の活動で情報収集の時間が取れない」という方は、転職エージェントに登録するのもよいでしょう。転職エージェントとは、転職の相談や求人探し、面接対策など幅広いサポートを行う人材紹介サービスです。転職のプロであるアドバイザーが、転職の理由や強みなどをもとに最適な求人を見つけます。

アドバイザーは企業の担当者と連絡をとりあっているため、企業情報では探せない最新の情報も得られるでしょう。慣れない転職活動を一人で行うよりも、スムーズに準備を進めることが可能です。

転職に成功するため、準備は周到に行おう

オフィスの風景

転職に成功するには、事前準備が大切です。しっかりとスケジュールを組み、自己分析から順序立てて進めましょう。転職が初めての場合は、不安が大きいものです。そのような方には、当サイトの「お仕事相談会」がおすすめです。 無料でプロに転職の相談ができ、オンラインでのリモート相談もできます。転職を考えている方は、気軽に相談してみましょう。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。