お問い合わせ

転職・副業

転職フェアはこう活かせ!活用ポイントをご紹介!

#転職活動 #転職 #フェア #合同企業説明会

一般的に会社説明会となるとその会社に直接伺う必要がありますが、合同企業説明会や転職フェアでは、複数の企業の説明会を同時に受けることができます。転職をはじめよう、と思っている方にはピッタリのイベントといえるでしょう。

そこで今回は、転職フェアのタイプや活用ポイントをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

転職フェアとは


転職フェアとは、ある団体が主催し、複数の企業が参加する合同企業説明会のことです。

主催する団体によって参加する企業の特色も変わるほか、新卒採用向けの就職フェアとは違い、参加対象者が限定されたフェアも数多く開催されています。

どんな団体が主催しているの?

新卒採用向けの就職フェアは、大学や大手求人会社が主催するものが良く見受けられますが、転職フェアはハローワークや都道府県などの公的機関、また新聞社や特定の業界に特化した求人会社など、幅広い団体が主催しているのが特徴です。

転職フェアの活用ポイント


当然のことながら、転職フェアに行くということは、転職活動の一環ということができます。

そして、転職活動とは「自分とマッチングする会社を見つけること(企業研究)」であり、「自分がどのような会社であれば力を発揮できるか理解すること(自己分析)」がきちんとできることで成功します。

退職中はともかく在職中であれば、仕事の合間を縫って転職フェアに行くのですから、どのような成果が得たいのかはっきりさせていくことをオススメします。

自分の知らない情報を得たい

転職フェアは大手求人会社が開催するものもあれば、公的機関や特定の業界に特化した求人会社が開催するものもあります。

そのため「この業界にチャレンジしてみたい」という方は、業界特化型の転職フェアに行くことでさまざまな情報を得ることができるでしょう。

また都道府県が開催している説明会は、概ね地元企業が集まる転職フェアとなります。この土地でずっと暮らしていたい、というような地元志向タイプの方にはオススメのフェアですので、ぜひ自分がどのような働き方をしたいか考えた上で転職フェアを選ぶとより転職活動の糧となるでしょう。

効率的に情報を収集したい

前述したように、転職フェアとは複数の企業が同じ時間、同じ場所に集うイベントです。

本来であれば個々の会社に訪問し話を伺うところを、一度で話を聞けるわけですから、実に効率的と言えるでしょう。

特に業界特化型の場合、複数の企業から情報を収集することで企業の比較もすぐにできます。同業種からの転職を早めに決めたい方にもオススメの方法です。

働く人の生の声が聞きたい

会社のホームページや採用情報だけでは、会社の社風や人間関係といった部分は見えてきません。そのため実際そこで働いている人の生の声が聞ける機会はとても貴重といえます。そして質問したい内容をきちんと練っておけば、実に実りのある転職活動になるでしょう。

もし働きたい企業が転職フェアにブースを出している場合は、その企業ねらいで転職フェアに参加し質問をする、というのも立派な転職フェアの活用方法です。

アドバイスがもらいたい

とりあえず転職をはじめてみたけど、何から始めて良いかわからないし、アドバイスがもらいたい、という方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、大手転職サイトやハローワークが実施する転職フェアへの参加をオススメします。これらのフェアでは実際キャリアアドバイザーが常駐していることが多く、転職の悩みを受け付けています。

自己分析や企業分析など、新卒採用の時にやったけど、社会人経験を経てどのようなアピールが効果的かわからない方や、自分の経歴やスキルをどのように履歴書に書けばいいのか分からない人などは、ぜひ大手転職サイトやハローワークが実施する転職フェアを活用しましょう。

転職にはコツがある!
あなたの魅力が活かせる仕事。

転職の相談をする(無料)

あなたへのオススメフェアはこれ!


それでは、ここからはタイプ別にオススメのフェアをご紹介していきます。ぜひ自分はどのようなタイプか振り返った上で、参考にしてみてください。

スピーディーに転職したいなら大手転職サイトやハローワークのフェアに

ひとまず今働いている会社を辞めて、新しい場所で働きたい、と思っている方は大手転職サイトのフェアやハローワークのフェアをオススメします。

大手転職サイトのフェアであれば業種問わずさまざまな会社が集っているため新たな気づきが得やすいほか、一気に情報を集めやすいため、在職中の場合は特に活用できるでしょう。

またスピーディーに転職したい方は、特に転職理由はない、でも転職したい、と自己分析や企業分析がきちんと言語化できていない方も多いでしょう。

大手転職サイトのフェアであればキャリアアドバイザーも常駐しているので、ぜひフェアでさまざまな情報をあつめた後に、キャリアアドバイザーに相談して職務経歴書の書き方を相談する、というのもスピーディーに転職がかなう一つの手段といえるでしょう。

またハローワークのフェアであれば、就職相談会はもちろんのこと、特定の企業との個別面談会も設定されています。テンポよく転職を決めたい、という方にはピッタリでしょう。

同業種に転職したいなら業種特化型のフェアに

業界は変えたくないがとりあえず今の会社から転職したい、という方は業種特化型のフェアをオススメします。とはいえ業種特化型の転職フェアも限られており、特に福祉やIT系は良く行われているので、その業界に勤められている方はフェアへの参加をオススメします。

前述したように、在職中では特に時間が限られているので複数の会社の情報を一気に集められるのは大きなメリットと言えます。さらに、同業種からの転職となれば、やはり気になるのは社風や人間関係など。直接人事部やそこで働いている人の生の声を聞けるチャンスも多いので、ぜひ参加してみてください。

異動したくないなら新聞社&都道府県主催のフェアに

転職はしたいけれどできれば住んでいるところは変えたくない、という方は地方の新聞社や都道府県主催の就職フェアをオススメします。

参加する企業はさまざまな業種ですが、およそ地元の中小企業が多いためほぼ異動などはありません。家族や住まいの関係上遠距離の異動は難しい、という方にはオススメのフェアといえるでしょう。

自分の欲しい情報が無かった場合

この業界の情報がもっと欲しいけど、転職フェアに参加していない、というパターンもあるでしょう。その場合は転職エージェントなどを利用することで、その業界がどのような人材を欲しているか、またどのような傾向なのか情報を得ることもできます。

特に料金が取られることもないので、もしその業界の情報がもっと欲しい場合は気軽に利用してみましょう。

また転職フェアで情報を集めてもピンと来なかった場合は、そもそも自分の中で転職理由がきちんと定まっていない可能性があります。そのため「自分は会社で働く上で何を大事にしたいのか」その上で「今の会社でそれは大事にできない」と判断できるかどうか、きちんと言語化に努めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、転職フェアのタイプや活用ポイント、タイプ別のオススメフェアをご紹介してきました。

ぜひ今回お伝えしたことを活かして、実りある転職活動にしていただけたらと思います。

転職の相談をする(無料)

TAG

Written by

古橋直樹

古橋直樹

関西大学を卒業後、大手人材会社で営業・新卒採用の人事を経て、求人検索エンジン会社で大阪支社の立ち上げを経験。2021年に起業し、現在は、20代~30代前半を中心にキャリアアドバイザーとして転職を支援。