お問い合わせ

初めての就職

【就活中のネイルはあり?】内定獲得のために注意すべき身だしなみ・服装

#面接 #就活 #ネイル #メイク #身だしなみ #髪型 #内定

就活のとき、ネイルはしたまま行っていいの?メイクは普段どおりでいいの?リクルートスーツを着ていればそれでいいの?など、身だしなみや服装で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで、なぜ身だしなみに注意する必要があるのか、採用担当者がみているポイントや好印象を与えるコツをご紹介していきます。

身だしなみが大事な理由とは?

採用担当者は、たくさんの学生と接する機会が多いので、第一印象はとても大事です。
また、ほとんどの場合、その第一印象は身だしなみや服装で決まります。その後の選考にも影響をあたえることがあるため、第一印象を良くするためにも、身だしなみを整えて、好印象から就活をスタートさせましょう。

採用担当者がみているポイントは?好印象を与えるコツは?

身だしなみで大切なことは、清潔感です。ただリクルートスーツを着ていればいいというわけではなく、スーツは汚れていないか、シャツにしわはないか、寝ぐせはないか、などを確認してください。

また清潔感は見た目だけではありません。相手に不快感を与えるにおいにも注意する必要があります。汗をよくかく人は、制汗剤を利用したり、面接前に汗をハンカチやタオルで拭いておきましょう。

また、あきらかに香水をつけているというにおいよりも、柔軟剤など、自然でやわらかいにおい(香り)のほうが清潔感をあたえることができるでしょう。

服装の注意点

清潔感が大切です。

<スーツ・ブラウス>

しわや汚れがないか、ほつれ糸やしつけ糸がついてないか、チェックは必須です。パンツスーツの場合は、折り目をしっかりつけておきましょう。

<足元・靴>

靴のかかとがすり減ってないか、ストッキングが伝線していないか、きちんと確認しておきましょう。ストッキングは伝線しやすいので、予備をバッグに入れておくと安心です。また靴下はNGです。

ネイルはあり?気を付けることは?

普段ネイルを楽しんでいる人は、就活中もネイルをしたままでいいのか気になりますよね。そもそも、爪なんて採用担当者はみているの?と思うかもしれません。実は書類を渡すときや膝の上に手を置いているときなど、意外と目に付きやすい箇所なのです。

そんな細かいところまでお手入れしなくても、と思っていた人も、逆に細部までケアをしている清潔感のある人だと思ってもらえるチャンスかもしれないので、お手入れをしておきましょう。
派手な色のネイルやつけ爪などはNGです。ジェルネイルやネイルアートも好ましくありません。

ではネイルをしなければそれでいいのかといえば、そういうわけでもありません。長く伸びている爪は、汚れやすく割れやすく、清潔感がありません。
また、ささくれがある人は、保湿などして除去しておきましょう。爪の縦線や横線が目立つ人や表面がでこぼこしている人は、爪磨きなどで磨いて整えておきましょう。

メイク方法は?普段通りでOK?

先ほど紹介したとおり、好印象をあたえるためには、清潔感があること(とる)が大事です。就活では、あまり濃い色などは使わず、ナチュラルなメイクを心掛けましょう。

特に、目元は化粧の度合いであたえる印象がかなり変わるので、強調しすぎないよう注意してください。薄くすればいいというわけではなく、あくまで健康的に見せることも重要です。

いかがでしたか。
今回は、内定を獲得するために注意すべき身だしなみ・服装のご紹介をしました。第一印象は「会って数秒で決まる」と言われるほど大切です。内定獲得への一歩は、身だしなみや服装を整えることから始まるかもしれませんよ。

TAG

Written by

なかやま あさみ

なかやま あさみ

大学卒業後、人材サービス会社の求人広告に営業・制作として8年携わる。
現在、2人の子どもを育てながら求人広告の制作やライターとして活動中。