お問い合わせ

転職・副業

転職用の履歴書のサイズはどれ?おすすめのフォーマットを使おう

#履歴書 #転職 #サイズ #片面

転職は慣れないことですので、わからないことが多くあるでしょう。転職するなら履歴書や職務経歴書などを用意しなければいけませんが、どのサイズにしたらよいのか悩むかもしれません。

市販されている履歴書はA4サイズとB5サイズのいずれかである場合が多いのですが、どちらを選んだらよいかご存じでしょうか。

今回は、転職用の履歴書のサイズについて解説します。自分の経験やスキルをアピールしやすいフォーマットをインターネットで探す方も増えていますが、くれぐれもサイズは間違えないでくださいね。

転職ではビジネスマナーを守れているかどうかも評価対象ですので、しっかりルールを把握しておきましょう。

本記事を読めば、転職しようと考えている方の不安を減らせると思います。

転職用の履歴書のサイズ

履歴書と職務経歴書

転職に関する不安を減らすために、履歴書のサイズについて詳しく解説します。

履歴書のサイズが間違っていた場合には、せっかく一生懸命書いた履歴書を読んでもらえないかもしれません。

ビジネスマナーに厳しい会社も少なくないため、ぜひ確認してください。

A4サイズかB5サイズのいずれか

履歴書のサイズは、A4サイズかB5サイズのいずれかを選んでください。A4サイズは、見開きでA3サイズのものを二つ折りにしています。

一方、B5サイズはA4サイズよりもひとまわり小さいサイズです。見開きでB4サイズのものを二つ折りにしたもので、B4やB判と呼ぶこともあります。

一度は文房具店でA4サイズやB5サイズの履歴書を見かけたこともあるのではないでしょうか。一般的に市販の履歴書の場合、この2つ以外のサイズはほぼ見かけないはずです。

指定がなければどちらでもよい

さて、A4サイズとB5サイズの2つのタイプがあるなら、どちらを選んだらよいか悩む方もいるでしょう。結論としては、指定がされていなければどちらを選んでも問題ありません。

A4サイズとB5サイズのいずれを選んでも、評価に影響を与えることはないでしょう。どちらも一般的な履歴書のサイズとして認識されているので、どちらを選んでも問題ないわけです。

ただし、企業から指定があれば話は違ってきます。指定どおりにしていないと、きちんと確認しない人間だと思われてしまうので気を付けてください。

もし求人票に履歴書のサイズが記載されておらず不安なら、履歴書のサイズについて確認をとったほうがよいでしょう。

どちらかというとA4サイズが主流

A4サイズとB5サイズのいずれを選んでも問題ないのですが、最近ではA4サイズを指定している企業が増えてきています。

市販の履歴書は何枚かセットになって売られていることが多いので、主流であるA4サイズを選んだほうが無難かもしれません。

履歴書サイズを選ぶときのポイント

次に、履歴書のサイズを選ぶときに知っておきたいポイントについて解説します。特に初めての転職でわからないことばかりだという方は、ぜひチェックしてください。

記入したい文章量に合わせる

履歴書は、記入したい文章量に合わせて選ぶのがおすすめです。2つのタイプの大きな違いは、各項目の記入スペースの広さだといえます。

A4サイズのほうがひとまわり大きいため、各項目をしっかり記入できるというメリットがあります。自己PRや志望動機を詳しく書きたい方におすすめです。学歴や職歴が多い方は、A4サイズのほうが記入しやすいかもしれません。

一方、B5サイズは自己PRや志望動機をシンプルにまとめたい方におすすめします。記入スペースが狭い分、文章量が少なくても目立ちにくく、バランスが整っているように見えるでしょう。

職務経歴書や送付状と統一する

また、履歴書と職務経歴書や送付状のサイズをそろえるようにしてください。原則として一緒に提出する書類はサイズを統一させるというビジネスマナーがあるためです。

履歴書と職務経歴書や送付状のサイズがそろっていない場合は、見た目が不格好になるため避けてください。受け手側のメリットとしては、書類のサイズがそろっていると管理しやすいという点が挙げられるでしょう。

なお、転職の場合、履歴書と一緒に渡す職務経歴書はA4サイズで作成するのが一般的です。職務経歴書は文章量が多いため、A4サイズで書くほうが好まれています。

さらにいうと、応募書類を郵送する場合に利用するクリアファイルもA4サイズが一般的です。このようにいくつかの点を考慮すると、履歴書はA4サイズを選んだほうが好都合だといえるでしょう。

転職用の封筒のサイズ

面接

続いて、転職用の封筒のサイズについて解説します。郵送で履歴書を渡す際に必要なものですので、しっかりチェックしてください。

角形A4号か角形2号のいずれか

履歴書はA4サイズであってもB5サイズであっても、もともと二つ折りになっています。基本的にはさらに折り目を付けるのは好ましくないとされている点に気を付けてください。

そのため、転職用の封筒は、角形A4号(角A4)か角形2号(角2)を選ぶとよいでしょう。角形A4号は縦312ミリ横228ミリで、角形2号は縦332ミリ横240ミリの大きさです。

封筒の色は、主流の白色を選ぶのが無難でしょう。茶色は事務用でかつ社内便で使われることが多いという印象を持つ採用担当者も少なからずいるためです。

転職用の履歴書の表面には「履歴書在中」と朱書きしましょう。朱書きすることで文字が見えやすく、紛失されるリスクを減らします。

企業の中には毎日多くの郵便物が届くところも少なくありません。郵便物は開封しないと中身を確認できませんが、封筒に「履歴書在中」と書いておくことで優先的に対応してくれることもあるでしょう。

ただし、白色の封筒は中に入っている書類が透けて見えやすいので、厚さが十分にある封筒を選んでください。履歴書は大切な個人情報ですので、しっかり守りましょう。

まだ選考途中であれば内定をもらえるか定かではありませんが、第一志望の会社で面接官からよい反応がある場合は、頭の片隅に置いておいたほうがよいです。また、できるだけ現職の有給休暇を消化したい方も多いと思いますので、選考前や選考途中で入社希望日を聞いておいてください。

履歴書を折って入れる長形封筒はNG

履歴書を折って長形封筒に入れて郵送する方もまれにいますが、これはよくありません。たしかに長形封筒はよく見かけるものですが、履歴書を入れるものとしてはふさわしくないので気を付けてください。

JIS規格の履歴書フォーマットがおすすめ

面接官

企業によっては、履歴書をPDFにしてメールに添付して送ってほしいと指示されることもあります。市販の紙の履歴書に手書きしてそれをPDF化する方法もありますが、何社もの企業を受ける場合は、パソコンで作成したほうが都合がよいかもしれません。

手書き必須と指定されていない限りは、パソコンで作成しても問題ないため、ネットでJIS規格の履歴書フォーマットを探してみてもよいでしょう。

パソコン用だけでなく手書き用もある

JIS規格の履歴書フォーマットはWordやExcelでも入手できるため、ファイルをダウンロードしてパソコン入力してもよいですし、そのままプリントアウトして手書きで記入してもよいでしょう。

JIS規格の履歴書フォーマットは、学歴や職歴、自己PRなどをバランスよく書け、ほとんどの企業で認められているためおすすめです。志望動機やスキルを強調したフォーマットを使用してもよいですが、一からすべて自作するのはおすすめできません。手間もかかってしまいます。

提出するときはPDFに変換する

履歴書を提出するときは、印刷が容易で、第三者による改変や文字化けの心配がないPDFに変換してください。WordやExcelの標準機能で、1分もかからずにPDFに変換できます。

手書きで履歴書に記入した場合もPDF化できますので、メールに添付してほしいと指示があった場合でも対応可能です。

転職用の履歴書のサイズはきちんと選ぼう

履歴書

履歴書のサイズを間違えていると、ビジネスマナーがきちんと守れない人間だと判断されてしまう可能性があります。

近年の主流はA4サイズですので、特別な指定がない限りはA4サイズの履歴書を使用して問題ありません。

転職は応募書類選考から始まるので、つまずかないように気を付けてください。

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。