お問い合わせ

転職・副業

転職回数に関する疑問を解決!繰り返す人の特徴や長く働ける会社を探す方法とは

#就職活動 #転職活動 #転職

自分と相性の良い会社に出会うために、転職を選ぶのはよくあることです。しかし、転職回数が多くなるほど、「市場価値が下がってしまうのでは?」と思う人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、転職回数に関する疑問を解決しながら、転職を繰り返す人の特徴や、長く働ける会社を見つける方法を併せて紹介していきます。

転職回数にまつわる疑問

2回目や3回目の転職を考える人にとって、一般的な転職回数はどのくらいなのか、何回からが多いのかなど、転職回数に関する疑問は多く生じてきます。ここではそんな転職回数にまつわる疑問について、詳しくお伝えします。

一般的な転職回数は?

昔は最初に勤めた企業で定年まで働くのが一般的でしたが、近年では転職も慣例的になっています。とは言っても、一般的な転職回数は1回〜2回です。
ある転職サイトの調査によると、20代での平均転職回数は0.9回、30代の平均転職回数は1.7回という結果が出ています。この結果をもとにすると、30代の大半の人が転職を経験していることになります。

転職は何回までならOK?

転職回数の許容範囲は、業界や企業の風土、個人の経歴や実績によっても異なるため、一概には定義できません。しかし、一般的な転職回数から考えると、20代で3回、30代で5回以上の場合は多いと感じるでしょう。

転職を繰り返すと市場価値は低くなる?

転職回数が多いことで市場価値が低くなることはありません。
注意してほしいのは、これまでの就業期間の長さや仕事内容です。それぞれの企業で就業期間が長く、経験も積んでいる場合には、「ステップアップするための転職なのかな?」とプラスに受け取ってもらえることでしょう。しかし、どの企業でも就業期間が短い場合は「腰を据えて仕事に取り組むのが苦手なのかな?」と受け取られてしまう恐れもあるのです。

転職を繰り返す人の特徴・心理

転職を繰り返す人には共通する特徴や心理があります。ここではその特徴や心理について紹介していきますので、自分に当てはまっているものがあるか、チェックしてみてください。


1.心配性な性格である

組織の状況、自分の職場での立場に不安を抱え、転職する人も少なくありません。
不安は、メンタル面だけでなく、行動にまで悪影響を与えてしまいます。
「この会社は自分に合っていないのではないか」「ずっとこの会社にいて将来大丈夫なのかな」など、考えれば考えるほど、仕事のパフォーマンスは落ち、業務へのやる気も損なわれていくのです。あまりにも心配性な人は、どんな会社に入っても同じ悩みをループすることになるので、転職を繰り返してしまう場合が多いでしょう。

2.飽きっぽい性格である

飽きっぽい性格の人は、業務を一通り覚えたら満足して飽きてしまいます。新しい刺激や面白さを求めて転職先を探すにも、その回数が増えるほど条件や評価のハードルも上がってしまうもの。「自分は向上心があるから転職を繰り返している」と思っている人の中にも実は、“飽き”からくる転職のパターンも多いのです。

このような方は、幼少期の頃から、習い事が続かなかったり、部活を何度も変えていたりする同様の傾向が見られたかもしれません。 自分の子ども時代にこういった傾向がなかったか、一度振り返ってみてください。

3.計画性に欠ける

計画性がないのも転職を繰り返してしまう人の特徴です。「とにかく今の会社を辞めたいから転職する」「給料が上がるから転職する」など転職先の情報や自分の特性をしっかり見極めないまま転職してしまうと、転職した後にギャップが生じます。そのギャップから辞めたいと感じる確率も高くなってしまうのです。

4.人間関係が上手く築けない

コミュニケーションが上手く取れない、雰囲気になかなか馴染めないというのも、転職を繰り返す原因のひとつです。 どの会社に転職しても人間関係の悩みで辞めてしまっている場合には、自分にも問題がないか一度思い返してみましょう。無意識のうちに素っ気ない態度をとっていないか、壁をつくっていないかなど、思い当たることはありませんか?

もしかすると、上司や同僚も自分からコミュニケーションをとるのが苦手な人かもしれません。相手の行動を待つだけでなく、自ら積極的に挨拶したり、会話したりするようにしてみてください。

5.会社への理想が高い

収入、休日、人間関係など、会社への理想をあげるとキリがありません。その求める条件が高すぎると、理想とする会社となかなか出会えず、結果的に転職を繰り返すことになります。もし、会社への理想を追い求めるあまり転職を繰り返しているのであれば、「自分の理想がすべて叶う会社はほとんどない」ということを念頭に置きながら、譲れない条件と妥協できる条件を分けてみてください。

そうしていく中で、働く軸が見つかるかもしれませんし、長く働きたいと思える企業とも出会える可能性も高まるでしょう。

長く働ける会社を見つけるポイント

最後に、長く働ける会社を見つけるにはどんなポイントがあるのかを紹介します。

《ポイント1》徹底的に自分と向き合ってみる

計画性がない人や勢いで仕事を辞めてしまう人は、一度立ち止まって自分と向き合ってみてください。自分が何を求めて転職するのか、将来はどうしていきたいのか、あらためて考えてみましょう。

自己分析は仕事選びにおいても重要なポイントです。「自分の気持ちを理解している」と思っていても、キャリアや経歴の見直しをしてみることで、新しい自分の価値観や思いと出会える場合もあります。何度も転職を繰り返さないためには、まずは自分自身への理解を深めるのが大切です。

《ポイント2》親しい人に相談してみる

これまで自分の思いだけで転職先を選び、失敗してきているのなら、友人や両親など自分をよく知る人に相談してみるのがおすすめです。自分の性格や趣味を理解してくれている第三者なら、客観的な視点も踏まえてあなたに合う業界や会社をアドバイスしてくれるのではないでしょうか。

転職の相談をすることによって、「知り合いの会社が求人かけてるよ!」、「この会社応募してみたら?」などダイレクトに転職に繋がる情報をもらえるかもしれません。あなたの性格を理解した第三者が進める会社であれば、イチから探すよりも相性がマッチする可能性も高いでしょう。

《ポイント3》企業情報を集める

自分の働く軸や会社に求める条件、性格などが洗い出せたら、応募したい企業の情報を集めていきましょう。
事前に情報を集めることで、妥協できない条件や仕事内容とのギャップが少なくできます。自分にとって心地よく働ける企業であるかを知ることは、長く働くためにも重要です。
もし、何か叶えたい望みを持って前職を辞めている場合なら、その叶えたい夢を実現できる企業であれば、他の要素に多少不満があっても、勤め続けられる場合もあります。


まとめ

今回は、転職回数に関する疑問や転職を繰り返す人の特徴を紹介してきました。
必要以上に転職を繰り返さないためにも、仕事の軸をはっきりとさせ、企業の情報を整理するなど、一度立ち止まってしっかりと考える必要があります。上述した長く働けるポイントも取り入れながら、あなたとマッチする会社を見つけてくださいね。

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。