お問い合わせ

転職・副業

仕事を辞めたい方必見!転職が辛い時期の4つの乗り越え方を解説

#就職活動 #うつ #転職

転職していると不採用通知ばかりが届いて精神的に辛いということもあるはずです。

転職はそう簡単に決まるものではありません。「今回はいけたと思ったんだけどな…」「転職活動にかかる費用負担が大きすぎる」といった思いが頭をよぎります。

転職は辛くて当然と捉えたうえで、自分を追い込みすぎないようにうまく乗り越えるのが望ましいのではないでしょうか。

そこで、今回は転職が辛い時期の乗り越え方を解説します。転職が辛くて辞めたい理由を明らかにし、そのうえでうまく乗り越えられるコツを意識してください。

転職が辛くて心が折れそうな方におすすめの内容です。転職が辛すぎて挫折する前に確認しておきましょう。

転職が辛い時期とは?


まず、転職が辛い時期について解説します。転職は基本的にひとりでおこなうものです。

「自分だけがこんなに辛いめにあっている…」と感じてしまうこともあるでしょうが、他の方も同じように孤独と戦っているのかもしれません。

不採用通知ばかりが届いて先が見えないとき

もっとも辛いのが、不採用通知ばかりが届いて先が見えないときです。

「まぁ、1か月くらいで転職先が決まるだろう」と見込んでいても、書類選考もなかなか通らないような状況が続けば、気分が落ち込んでも仕方ありません。

思うように進まない状況が続くと「私は社会にとって要らない存在では?」と思うまで自分を追い込んでしまう方もいます。

転職でお金と時間が奪われたとき

転職はお金と時間がかかるものです。とくに退職した後に転職し始めた場合、貯金を取り崩すことになります。じりじりと減っていく貯金額を見ると、不安がどんどん大きくなっていくでしょう。

そのため、在職中に転職したほうがよいと思われるかもしれませんが、貴重な休日を応募書類作成や面接のために使うので厳しい部分もあると思います。

転職期間中の一時的なものとはいえ、お金も時間も奪われるのは辛いところでしょう。

同僚に隠れてこそこそ転職活動するとき

転職の辛さは、あまり堂々とおこなえないところにあります。在職中に転職を進める場合、上司や同僚にばれないようにこそこそ行動しなければいけません。

「本日はクライアントとの会食があるため、定時で上がります」と伝えて、本当は面接に向かう方もいるほどです。

転職していることを伝えられるかどうかは、職場の雰囲気や人間関係によっても違ってきます。ときには「在職中に転職し始めた」とはとても言えないケースもあるのです。

労働者にはどのような職場で働くか選ぶ権利があるので、転職自体は悪いことではありません。

しかし、こそこそ隠れなければいけない自分を客観的にみて、辛い状況だと思う方もいるでしょう。

転職が辛くて辞めたい理由


次に、転職が辛くて辞めたくなる理由について解説します。辛い状況を楽しむのは至難の業です。

しかし、他の方も同じような辛さを感じていると理解しておくことで、孤独感を減らせるでしょう。「みんなも苦労しているんだな…。私も頑張ろう!」と思えるかどうかが大切です。

落ち込んでモチベーションを維持できない

まず、不採用通知ばかりが届いて落ち込むと、転職に対するモチベーションを維持することが大変でしょう。

特に面接官の反応がよく「これは内定をもらったかもしれない」と期待していたのにもかからわず、結果がともなわなかったときは辛いものです。

面接官に笑顔で対応されたり経験やスキルを褒められたりしたら、誰でも期待してしまうものでしょう。

不採用通知が届いたら、もちろんどこが悪かったのか考えるべきです。しかし、転職の場合は双方の相性の問題も深く関わってくるため、不採用通知が届いた原因を明らかにするのは非常に難しいでしょう。

そのため、ときには「よくわからないけれども、縁がなかったんだな」と割り切ることも大切です。

忙しくて情報収集や応募書類作成などが大変

情報収集や応募書類作成などが大変で、転職を辞めたくなることもあります。

とくに完璧主義の方が理想と現実とのギャップで苦しむことが多くあり「本当は1社ずつ自己PRを変えたいのにそんな時間がない」と焦りが生じることもあるでしょう。

また、仕事が忙しくてばたばたしているうちに、応募しようとしていた会社の募集が終わってしまっていたというケースもよくある話です。何かと並行して慣れない転職活動をおこなうのは、肉体的にも精神的にもタフさが求められるでしょう。

かといって、転職先が決まる前に仕事を辞めてしまうと、貯金を取り崩す生活になります。時間をとるか、お金をとるか、非常に悩ましいところでしょう。

現職との調整が難しい

現職との調整の難しさが原因で、転職を辞めようとする方も少なくありません。

仕事で嫌なことがあり「こんな職場なんて辞めてやる!」といった勢いで転職エージェントに登録したものの、自己分析や応募書類作成、面談日の調整など、対応しなければいけないことの多さに驚く方もいます。

とくに、普段はスーツ着用が必須ではない会社に勤めているなら、面接のためにスーツを着ていくとかなり怪しまれるでしょう。

駅の近くのコインロッカーにスーツを預けておき、トイレで着替えて面接に行く方もいます。

ふと我に返ると「転職ってけっこうしんどいな…」という感想を持っても不思議ではありません。堂々と立ち振る舞えないのは精神的に辛いものです。

転職が辛い時期の乗り越え方


さて、転職が辛い時期をどう乗り越えたらよいのでしょうか。

よくないのは自分を責めすぎて自信を失い、負のスパイラルに陥ってしまうことです。そうならないための4つのコツを紹介します。

ときにはゆっくり休む時間をとる

どうしても転職に疲れてしまったら、転職と少し距離をとってゆっくり休む時間を設けましょう。

仕事でパソコンに向き合い、帰宅後も求人票をチェックしてばかりいると、疲れないわけがありません。たまにはパソコンやスマホに触れない時間をあえて作るべきです。

転職活動は内定をもらってもそれを受諾するかどうか最終判断するのは自分自身になります。よって、転職を終わらせるタイミングは、自分で見つけなければいけません。

人によっては長丁場になることもあります。いつまでに終わると決まっていないからこそ、ときには休息も取りつつゆったり構えておきましょう。

転職エージェントや家族などに相談する

一人で深刻に考え込んでしまいやすい方は、転職エージェントや家族などに転職の相談をするのもよいでしょう。とくに転職エージェントは転職のプロですので、堅実的なアドバイスをくれるはずです。

転職サイトの利用のみで転職エージェントに登録していない方もいますが、すぐに登録することをおすすめします。無料で利用できる転職エージェントを使わない手はないので、有効活用しましょう。

転職がうまくいくように資格をとる

転職がうまくいかない原因が経験やスキルにあるなら、そこを補うように資格取得を目指してもよいでしょう。新しく取得した資格を活かし、転職が成功するかもしれません。

ポジティブ思考を意識する

ポジティブ思考はとても重要です。転職した後の未来を前向きに想像してみるのもよいでしょう。

現職の嫌な上司と顔を合わせなくてよいことに気付けると、転職のモチベーションを維持できるかもしれません。転職が無事終わったらやりたいことをリストアップするのもおすすめです。前向きになることを意識して、転職活動に取り組んでください。

転職が辛い時期はゆっくり休もう

転職が辛いときはがむしゃらに頑張るよりひと息つくことをおすすめします。

転職にひと区切りをつけられるのは自分自身だけです。内定をもらうこと自体がゴールになってしまうと、後悔する転職になるかもしれません。

転職先のほうが自分に合っていないということも起こりうるのが転職の怖いところです。判断を見誤るくらいなら、休息を取りつつゆっくり前に進んでいきましょう。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。