お問い合わせ

転職・副業

異業種への転職はできる!成功させるコツや転職しやすい仕事を解説!

#内定 #転職 #異業種 #転職成功

念入りに自己分析や企業分析をしたつもりでも、入社した会社に合わなくて辞めたいと思っている方は多くいます。たまたまその会社に合わなかっただけならまだよいですが、そもそも業界や業種が自分に合わずに苦しむ方も少なくありません。

そんなときに頭をよぎるのが、異業種転職でしょう。しかし「異業種転職は難しいかもしれない」「もう若くないから異業種転職はできないだろう」という考えを持つ方もしばしば見受けられます。

そこで、今回は異業種へ転職できる年齢や成功させるコツ、転職しやすい業界・業種について解説します。今の仕事がどうしても嫌で、違う分野にチャレンジしたい方におすすめの内容です。

異業種への転職は何歳までならできる?

異業種への転職でもっとも気になるポイントの1つが年齢でしょう。「一般的に転職は20代のうちにしておいたほうがよい」という話を聞くことも多いと思います。

とりわけ、年齢を重ねてしまうと、未経験で異業種への転職は難しいと自己判断し、チャレンジする前に諦めてしまう方も少なくありません。

果たして、本当に異業種への転職は20代までの方に限られたことなのでしょうか。そのあたりを詳しく解説します。

どの世代でも無理ではない

結論からいうと、異業種への転職はどの世代でも実現可能です。なぜなら、転職で大切なのは年齢よりもスキルや知識という、成果主義の傾向が強まっているためです。

会社は、何歳までの人材が欲しいというより「こういったスキルや知識を持った人材を欲しい」と思い描き、求人を出しています。自社に貢献してくれる人材なら、20代であっても30代であっても求められます。

反対に、現在の職場は40代が多く、ジェネレーションギャップがよくない方向に働くことを懸念して、若手人材を敬遠する企業もあるほど。

また、近年は終身雇用制度が崩壊し、年功序列の会社も減少傾向にあります。そのため、能力に応じて評価される成果主義が浸透してきているのです。

年齢だけを理由にして採用をも見送る会社は減少傾向にあります。たとえ、30代以降でも異業種への転職を諦める必要はありません。

20代までが多い

ただし、現状としては異業種への転職を決意している方は、20代に多い傾向があります。まだ未婚で自由が利きやすかったり「転職は20代のうちにしておけ」という考え方が認知されていたりするからでしょう。

よって、20代のほうが、思い切ってキャリアチェンジに踏み切りやすいのです。

転職成功のためにアピールしたいこと

後悔しない人生を送るためには、異業種へ転職したいと思ったら、そのときにチャレンジしてみることが大切です。もし、うまくいかなければ、それはそのときに考えればよいこと。

とはいえ、転職での失敗を恐れる気持ちが強い方もいるでしょう。そこで、転職を成功させるためにアピールしたいことを解説します。世代別で解説するので、自分の場合はどう行動したらよいか理解してください。

20代:ポータブルスキル

20代で異業種へ転職するなら、課題解決能力やコミュニケーション能力などのポータブルスキルをアピールするとよいでしょう。どの業界・業種でも通用し必要とされるスキルですので、高く評価してもらえます。

20代だと、まだまだ社会人としての実績が少ないのは事実です。そのため、今までの経験だけではなく「その経験を活かしてこれからどのように活躍できるか」を伝えましょう。

未経験者であっても、ポテンシャルが高く評価されて、採用されることはよくあります。

30代:実績や専門性

30代になると、社会人としての経験も増えてくるので、過去の実績や専門的なスキルや知識もアピールしていきたいところ。異業種への転職の場合、今までに培ったスキルや知識をそのまま活かしにくいこともあるでしょう。

しかしながら、たとえば今まで接客をやってきてこれから営業に就きたいと希望したとき、お客様との対話スキルは十二分に活かせます。

「まずは相手の話を聞いて」「話題を広げて」「自社の製品をアピールする」といった接客の流れは共通しているからです。

業種が異なるため、求められるスキルや知識が全然違うと思っても、今までの経験がまったく無駄になるわけではありません。

40代:マネジメント経験

40代での異業種への転職なら、マネジメント経験が高く評価されることが多いです。異なる業界・業種であっても、リーダーとしてチームを引っ張ってプロジェクトを成功に導いた実績は魅力的に映ります。

会社によっては、社員がアルバイトの教育を行うこともあります。どのように関わって指導していけばよいか理解しているのは大きいです。

異業種転職の志望動機や退職理由

異業種へ転職する際に気を付けたいのが、志望動機や退職理由の伝え方です。

「なぜ未経験の業界・業種を志望しているのか?」「さまざまな会社があるなかでなぜ自社を選んだのか?」という点は、どうしても気になるところですので、丁寧に応えられるように準備しておきましょう。

チャレンジする理由を具体的に説明する

まず、未経験の業界・業種にチャレンジする理由を具体的に説明しましょう。そもそも会社に興味を持った理由や、その会社でしか経験できないことなどについて熱意を持って語れるとよいです。

会社とマッチしていることを強調する

また、自己分析や企業分析を踏まえて、自分と会社のマッチング度が高いことを強調しましょう。自分の希望や都合を伝えるだけでは、採用には至りません。

「自分と会社には〇〇といった共通点があり、〇〇という長所を活かすことによって、貢献できる」と論理的に伝えてください。

退職理由はポジティブに話す

転職の場合、必ずと言ってもよいほどに退職理由を聞かれます。「上司と馬が合わなかった」「残業が多かった」「ストレスが大きかった」など理由はさまざま考えられますが、ありのままを伝える必要はありません。

自己都合にしても会社都合にしても、ネガティブな表現は避けてください。退職理由はあくまでもポジティブに伝えるのが大切です。

転職しやすい業界や職種

最後に、転職しやすい業界や業種について解説します。なかには「とにかく今の仕事が嫌で仕方ない」と切実な方もいるでしょう。

そういった方は、チャレンジしやすい業界・業種について知っておくと、新しい道を切り拓くきっかけになるかもしれません。

商社や流通など

少し意外に思われるかもしれませんが、商社や流通は異業種からの転職が多いです。商社や流通では、営業や事務などの受け入れも積極的に行っています。

とくに多いのは、メーカーからの転職です。働くなかで今の仕事に違和感が出てきたら、検討してみてもよいでしょう。

営業や人事など

職種でいうと、営業や人事などは異業種からの転職が多い傾向があります。たとえば営業の場合、商品を販売するうえで必要な知識は後から身に付けることも可能です。

また、接客業経験者ならコミュニケーション能力や交渉力などを、専門職なら専門的な知識を活かして営業として活躍する姿もイメージできます。

異業種への転職は20代までがおすすめ!

異業種への転職は、どの世代でも実現可能です。しかし、転職したいと思っているのにもかかわらず、あれこれ理由をつけて、転職を先延ばしにするのはおすすめできません。

年齢が若いほうがスムーズに受け入れてくれる会社もあるのは事実ですので、どの世代でも異業種への転職はできると理解しつつも、なるべく早いうちに行動へと移すのが大切です。

新卒入社した会社に合わない場合、勤続3年まで、勤続5年まで、と待つ必要もありません。

いっそのこと、結婚や子育て前の自由が効きやすい20代のうちに転職したほうが明るい人生を送れるかもしれません。

転職相談をご希望の方はこちら

TAG

Written by

ハレダス編集部

こんな細かいところまで読んでくれてありがとう! この記事に出会った皆さまの未来が、少しでも「晴れだす」ように願いを込めて、今後もたくさんの記事を配信してまいります。